東京都、感染者数公表を午後4時45分に変更 速報やめ確定報に

東京都は24日、これまで午後3時に発表していた新型コロナウイルスの新規感染者数の速報値の公表を取りやめ、死者数や検査件数などと併せて午後4時45分に公表すると発表した。都は理由について、業務量の増加で逼迫(ひっぱく)している職員の負担を軽減し、全体的な情報を伝えるためとしている。
多くの命が奪われた大阪の「異常さ」
これまで都は午後3時に新規感染者数と重症者数、午後7時ごろに死者数や区市町村別の感染者数などを別々に公表していたが、今後は一本化して「確定報」として発表する。
新規感染者の情報の公表は遅れるが、小池百合子知事は報道陣に「職員の数も限られており、業務内容も含めて調整した。若干時間はずれるが、これまでバラバラで出ていた数字をまとめて伝えることで、全体を把握して報道できる体制にしたい」と話した。【古関俊樹】