“路上飲み”若者の1割が経験 渋谷や京都・鴨川でも多発…その後に放置される散乱したゴミ

飲食店の営業時間制限や、酒類提供中止によって増える「路上飲み」や「公園飲み」。若者の約1割が経験していることがわかりました。めざまし8は、「路上飲み」になっている現場を取材しました。
京都市内を流れる鴨川では、空き缶など大量のゴミ放置が問題となっています。国内有数の観光地であり、市民の憩いの場でもある鴨川ですが、“路上飲み”の現場となっているようです。京都府は緊急事態宣言が出され、飲食店には休業やアルコール提供の自粛が要請されています。こうした状況から、外でお酒を飲む人たちが急増。鴨川の河川敷で飲み会を開き、放置したとみられるゴミが問題になっているのです。いま、市民団体「鴨川を美しくする会」と京都府が協力し、声かけやゴミの収集を行っています。
鴨川を美しくする会 事務局長 杉江貞昭さん:鴨川っていう場所は基本的にはね、共有財産なんや。はっきり言うたら、皆の庭みたいな物やねん。自分の庭に、どんどんどんどんゴミほかす(捨てる)か?食べっぱなしのアレを。それもおかしいでしょ。鴨川で食べるのはいいと、そのゴミはこっちに持ち帰ってくださいと
鴨川沿いで食べたりしたとしても、「ゴミは持ち帰って」と強く呼びかけています。
一方、屋外での飲食の問題は東京でも起きていました。コロナ禍の「路上飲み」…渋谷でも多発きのう、夜の街を取材すると、“路上飲み”とゴミの問題は東京でも起きていることがわかりました。渋谷の路上では、昨夜も多くの人たちが路上飲みを行っていました。路上飲みを終えると、空き瓶や空き缶などを放置したまま、その場を立ち去ってしまう人たちが多く見られました。特に目立つのはビールなどの缶。放置された缶の中には、まだ開けられていないものもあります。各地で相次ぐ「路上飲み」とゴミの放置。東京都が10代から30代を対象に、インターネットでアンケートを行ったところ、今年に入ってから「路上飲み・公園飲み」をしたことがある人は10.5%で、10人に1人以上という結果に。気温が高く過ごしやすくなってきたとはいえ、感染リスクもあり、安易に“路上飲み”で酔っ払ってしまうことは周囲の迷惑にもなりそうです。(「めざまし8」5月25日放送)
きのう、夜の街を取材すると、“路上飲み”とゴミの問題は東京でも起きていることがわかりました。渋谷の路上では、昨夜も多くの人たちが路上飲みを行っていました。路上飲みを終えると、空き瓶や空き缶などを放置したまま、その場を立ち去ってしまう人たちが多く見られました。特に目立つのはビールなどの缶。放置された缶の中には、まだ開けられていないものもあります。各地で相次ぐ「路上飲み」とゴミの放置。東京都が10代から30代を対象に、インターネットでアンケートを行ったところ、今年に入ってから「路上飲み・公園飲み」をしたことがある人は10.5%で、10人に1人以上という結果に。気温が高く過ごしやすくなってきたとはいえ、感染リスクもあり、安易に“路上飲み”で酔っ払ってしまうことは周囲の迷惑にもなりそうです。(「めざまし8」5月25日放送)
東京都が10代から30代を対象に、インターネットでアンケートを行ったところ、今年に入ってから「路上飲み・公園飲み」をしたことがある人は10.5%で、10人に1人以上という結果に。気温が高く過ごしやすくなってきたとはいえ、感染リスクもあり、安易に“路上飲み”で酔っ払ってしまうことは周囲の迷惑にもなりそうです。(「めざまし8」5月25日放送)
(「めざまし8」5月25日放送)