高齢男性保護で感謝状 お手柄の犬におもちゃ 埼玉・寄居

行方が分からなくなっていた高齢男性を発見、保護したとして、埼玉県警寄居署は寄居町の自営業、斉藤三重子さん(59)に感謝状を、飼い犬のトイプードル「ぶんた」におもちゃを贈った。
国道の真ん中に泣いている2歳児が 母娘のとっさの行動に感謝状
同署によると、4月17日午前8時すぎ、寄居町三ケ山でぶんたの散歩中だった斉藤さんは、雨の中傘を差さず、靴も履かずに歩いていた町内の90代男性を見かけた。「大丈夫ですか」と声を掛けると、男性が道に迷ったという説明をしたため110番し、雨にぬれた男性をタオルで拭くなどしながら警察が来るまで付き添った。
斉藤さんは、ぶんたと一緒に同署を訪れ、川辺守署長から感謝状を受け取った。「普段雨の日は散歩に行かないが、その日に限ってぶんたが散歩に行きたいそぶりだった。ぶんたがおじいさんと巡り合わせてくれた」。川辺署長は「不審な点に気づき、勇気をもって声を掛けていただいた」と感謝した。【成澤隼人】