重さ2・6キロ、教室の天井石こうボード落下…男児の左手首に当たる

大阪市教育委員会は24日、市立瓜破小学校(平野区)の教室で天井の石こうボード1枚が落下したと発表した。
ボードは男児1人の左手首辺りに当たったが、けがは確認されていないという。
市教委によると、24日午前8時20分頃、5年生の教室で、高さ約3メートルの天井から石こうボード(縦45センチ、横90センチ、厚さ約1センチ、重さ約2・6キロ)が落下した。当時、登校してきた児童十数人がいたという。昨年3月、この教室で雨漏りがあり、ボードが水分を含んで劣化したことが原因とみられるという。市教委は天井に同種のボードを使い、雨漏りがあった学校に落下防止の対応を呼びかける。