熊本 手足縛られた遺体 4km離れた路上で車発見

24日、熊本市の住宅で、元町議会議員の男性が遺体で発見され、男性が使っていた軽トラックが、住宅からおよそ4km離れた路上で発見されていたことがわかった。
警察によると、熊本市南区城南町の住宅で24日、元町議会議員の中村尊徳さん(74)が、手足をひものようなもので縛られた状態で死亡しているのが発見された。
その後の取材で、住宅からおよそ4km離れた宇土市の路上で、中村さんが所有する軽トラックが、カギがついたままの状態で発見されたことが新たにわかった。
警察は遺体を司法解剖し、死因を調べ、中村さんが事件に巻き込まれた疑いが強いとみて調べている。