高須院長「救いの手を差しのべる」 署名偽造事件で家宅捜索の秘書、逮捕の事務局長に

19日にリコール団体の事務局長・田中孝博容疑者(59)ら4人が逮捕され、24日には高須院長の女性秘書が代表を務める会社が家宅捜索された。25日に番組の取材を受けた高須院長は「(署名に)名前を書いたら違反だけど、母印を押しても違反ではないと田中に言われて、みんなやってたそうです。『君なんかクビだよ』って言ったけど、あらゆる救いの手を差しべるつもりですよ」と、秘書を守ると語った。
また、アルバイトを使って大量の署名を偽造した疑いのある田中容疑者についても「何か悪いことがあったら全部僕の責任だって言ってるから、僕は自分のことについては逃げ隠れしませんので。孤立無援で秘書や(田中)事務局長が絶望してるとしたら、僕は温かく保護してあげようと思ってます」と、リコール団体の会長として手を差し出す思いを示した。
高須院長の秘書の会社の家宅捜索について、弁護士の横粂勝仁氏は「地方自治法の署名偽造のところは、署名本体の偽造を罰しているが、指印部分は対象じゃないというのが有力な見方で、警察・検察はその部分で立件は難しいと判断していると聞こえてきますし、とはいえ、署名本体の偽造を手伝う、認識していてバレないように指印を押していたとなれば、本体の方をほう助したことになる可能性もあるので慎重に捜査している。その一環としての家宅捜索なのかなという感じです」と解説した。