職場の修羅場エピソード「古株のパートと若手社員が怒鳴り合いの喧嘩」「社長令嬢からセクハラ扱いされて……」

職場内での修羅場は、その臨場感が外部には伝わりにくい。世のビジネスパーソンは、そんな状況をどう語るのだろうか。
大阪府に住む30代男性(事務・管理職/年収250万円)の「注文商品の発送でやらかしたテレコ。別の商品の納品書を入れてしまい修羅場と化した」という投稿を皮切りに、
「スーパーの惣菜部門でパートしていた時のこと。新しく赴任してきた、モラハラ気味の若い男性社員のせいで、職場は毎日がピリピリ状態でした。そんな彼はある日、バックヤードで古株のパートと怒鳴り合いの喧嘩に。お客さんも覗き込む状況で、店長も仲裁に入りましたが、結局のところお互いに折れませんでしたね」(大阪府/40代女性/専業主婦)
「元勤務先の社長令嬢とは、おやつを一緒に食べる程度の間柄だった。それなのに、少し間違って触れてしまっただけで『セクハラされた』と退職に追い込まれた。事務所の全員も嘘をついており、あの時は酷な時期だった」(東京都/60代男性/Web関係/年収100万円未満)
といった声も寄せられている。大阪府の40代男性(ITエンジニア/年収700万円)も「当時を思い返すと、日々が修羅場のようなものでした」と語る。(文:鹿賀大資)
元凶は、以前の勤務先にいた代表取締役。自身の意見が通らないとぐずり始める、いわゆる傲慢なタイプのワンマン社長だ。「いきなり『早急にUSBが使えるようにしろ!』とブチ切れ出した社長。そのUSBが、自身の旧バージョンのWindowsに対応していないことに憤慨していました。でも相手は、マイクロソフト社。そんな要望が通らないのはもちろん、そもそもバージョンを自分で更新しろって話です。仕方がないので、文章にして提出したら『できない理由を探すな。仕事とは、どーやったら出来るかを考えるものだ』と……」ちなみに男性が文章で提出する前は、「うちは金を出している客だ、何でできないのか」と駄々をこねていたそうだ。それとは別に、ある修理業者への依頼を巡る一件でも、元社長に辟易させられたという。挙句の果てに「君たちの交渉力の問題」「その業者は一回も面識のない、ただの行き当たりばったりの修理屋さんです。社長は、何の根拠もなしに『出張修理に応じないのはおかしい』と言い出しました。そもそも、その業者は出張サービスをしていません。社内の誰かが社長に『メーカーに出張修理に行かせます』と進言したものだから、余計に一点張りでした」ここでも男性たちが再び「メーカーが会社方針として出張はしていませんから」と説得を試みたものの、元社長は断固として引き下がらなかったという。しかもメーカー側ではなく、男性たちに対して「君たちの交渉力の問題」と責任転嫁をしてきたそうだ。「埒が明かない」とは、まさにことのである。男性が「修羅場の毎日だった」と振り返るのも無理もない。※キャリコネニュースでは引き続き職場で起こった修羅場のほか職場で起きた窃盗事件や共働き・片働きの不満などのアンケートを募集しています。
「いきなり『早急にUSBが使えるようにしろ!』とブチ切れ出した社長。そのUSBが、自身の旧バージョンのWindowsに対応していないことに憤慨していました。でも相手は、マイクロソフト社。そんな要望が通らないのはもちろん、そもそもバージョンを自分で更新しろって話です。仕方がないので、文章にして提出したら『できない理由を探すな。仕事とは、どーやったら出来るかを考えるものだ』と……」
ちなみに男性が文章で提出する前は、「うちは金を出している客だ、何でできないのか」と駄々をこねていたそうだ。それとは別に、ある修理業者への依頼を巡る一件でも、元社長に辟易させられたという。挙句の果てに「君たちの交渉力の問題」「その業者は一回も面識のない、ただの行き当たりばったりの修理屋さんです。社長は、何の根拠もなしに『出張修理に応じないのはおかしい』と言い出しました。そもそも、その業者は出張サービスをしていません。社内の誰かが社長に『メーカーに出張修理に行かせます』と進言したものだから、余計に一点張りでした」ここでも男性たちが再び「メーカーが会社方針として出張はしていませんから」と説得を試みたものの、元社長は断固として引き下がらなかったという。しかもメーカー側ではなく、男性たちに対して「君たちの交渉力の問題」と責任転嫁をしてきたそうだ。「埒が明かない」とは、まさにことのである。男性が「修羅場の毎日だった」と振り返るのも無理もない。※キャリコネニュースでは引き続き職場で起こった修羅場のほか職場で起きた窃盗事件や共働き・片働きの不満などのアンケートを募集しています。
「その業者は一回も面識のない、ただの行き当たりばったりの修理屋さんです。社長は、何の根拠もなしに『出張修理に応じないのはおかしい』と言い出しました。そもそも、その業者は出張サービスをしていません。社内の誰かが社長に『メーカーに出張修理に行かせます』と進言したものだから、余計に一点張りでした」
ここでも男性たちが再び「メーカーが会社方針として出張はしていませんから」と説得を試みたものの、元社長は断固として引き下がらなかったという。しかもメーカー側ではなく、男性たちに対して「君たちの交渉力の問題」と責任転嫁をしてきたそうだ。「埒が明かない」とは、まさにことのである。男性が「修羅場の毎日だった」と振り返るのも無理もない。※キャリコネニュースでは引き続き職場で起こった修羅場のほか職場で起きた窃盗事件や共働き・片働きの不満などのアンケートを募集しています。
しかもメーカー側ではなく、男性たちに対して「君たちの交渉力の問題」と責任転嫁をしてきたそうだ。「埒が明かない」とは、まさにことのである。男性が「修羅場の毎日だった」と振り返るのも無理もない。※キャリコネニュースでは引き続き職場で起こった修羅場のほか職場で起きた窃盗事件や共働き・片働きの不満などのアンケートを募集しています。
※キャリコネニュースでは引き続き職場で起こった修羅場のほか職場で起きた窃盗事件や共働き・片働きの不満などのアンケートを募集しています。