小5児童、5分間走でグラウンドに倒れ死亡…マスク着用か

大阪府高槻市立小で今年2月、5年生の児童が体育の授業中に倒れ、搬送先で死亡していたことがわかった。
児童は授業中にマスクを着けていた可能性があるという。市教委は「死亡との因果関係は不明」としているが、市立小中学校に改めて児童の体調管理を徹底するよう注意喚起した。
市教委によると、児童は2月18日午前、体育の5分間走中にグラウンドで倒れ、担任の教員に保健室に運ばれた後、搬送先の病院で死亡した。同校では、体育の授業中にマスクを着けるかどうかは児童に任せており、この児童は保健室に運ばれた際、マスクをあごにかけていたという。
スポーツ庁は昨年5月、全国の教委に体育の授業ではマスクの着用は不要との通知を出した。一方、「児童が着用を希望する場合は否定するものではない」としていた。
市教委は「対応は適切だったと考えている」としている。