強盗殺人容疑で再逮捕へ、寺で殺害か 神戸トランク遺体

神戸市北区の畑で今月5日、横転した乗用車のトランクからコンビニ店長森下浩さん(62)=同区=の遺体が見つかった事件で、兵庫県警は、死体遺棄容疑で逮捕した同店員の男(27)について、森下さんへの強盗殺人容疑で逮捕状を取った。
死体遺棄事件の勾留期限となる27日にも再逮捕する。捜査関係者への取材でわかった。
捜査1課によると、森下さんの車が道路脇の畑に転落しているのが5日に見つかり、県警が車のトランクから遺体を見つけた。司法解剖で死因は窒息死と判明した。県警は現場にいた男を6日に死体遺棄容疑で逮捕したが、刑事責任能力の有無を慎重に調べるとして実名を公表していない。
また事件直前、車が見つかった畑から数百メートル北にある寺の駐車場に、男と森下さんがいたとみられることも捜査関係者への取材で分かった。県警は、寺の敷地内で森下さんが殺害された可能性があるとみている。
男は逮捕前の任意の聴取に「もう1人関わっている」と説明したが、そうした人物は確認されていないという。
森下さんの遺族代理人の弁護士によると、男は事件の1週間ほど前にコンビニ店で働き始めたという。