東京都の集団接種 築地で2回目接種できない可能性

東京都が警視庁と東京消防庁の職員へのワクチン接種の会場としている築地市場の跡地がオリンピックの直前には使えなくなり、同じ場所で2回目の接種を受けられない人が多数出ることが分かりました。
東京都は来月から築地市場の跡地を活用し、警視庁と東京消防庁の職員に新型コロナワクチンの集団接種を始める予定です。
しかし、この場所は東京オリンピック・パラリンピックの期間中は選手や関係者を運ぶ車の基地になります。
都の担当者によりますと、大会の準備が本格化する前に場所を空けねばならず、接種の会場として使えるのは来月末までの見通しだということです。
ワクチンは1回目の接種の後、3週間から4週間後に2回目の接種をするため、築地で1回目の接種を受けた人のうち、同じ場所で2回目を受けられない人が数多く出るということです。