また交番で……性行為 同僚誘った女性警官を減給 兵庫

勤務中に同僚の警察官を誘い、交番で性行為をしたなどとして、兵庫県警は28日、同県西宮市内の交番に勤務していた20代の女性巡査部長を減給3カ月の懲戒処分にした。
相手の男性警察官2人についても内規に基づいて処分した。県警関係者への取材でわかった。
女性巡査部長は2019年秋、同じ署の勤務でその日は休みだった20代の男性巡査長に「差し入れに来て」などとLINEで誘い、夕方ごろ交番内で性行為をしたという。その時間帯は女性だけが交番で勤務していた。2人は不倫関係だった。
女性は巡査長と別れた後、同じ署の30代の男性巡査部長と互いに不倫関係に。昨年3月ごろ、互いに当直勤務だった日の夜に署内でキスをしたという。女性が勤務していた交番は女性用の仮眠室がなく、夜間は警察署で休憩することになっていた。
内部からの通報で発覚した。県警の調査に対し、女性は「けじめがつけられなかった」、男性巡査長は「うかれていた」、巡査部長は「気持ちを確かめたかった」と説明しているという。女性と巡査長は依願退職した。
県警では昨年3月にも、夜の交番で性行為をしたとして尼崎東署の警察官の男女を「信用失墜行為」として処分した。