小室圭さん、就職先が明かされぬ謎 眞子さまと佳代さんとNY暮らしも?

5月23日、米フォーダム大学ロースクールの卒業式が、オンラインで行われた。秋篠宮家長女の眞子さまの婚約内定者・小室圭さんは今年で同校のJDコース(博士課程)を修了したが、卒業式には出席しなかった。
【写真7枚】樹脂の椅子に座り覗き込む姿勢、教授とフォーダム大でランチする小室圭さん。他、タイトなローブモンタント姿の眞子さまと佳子さまの斜め横からショット、パールネックレス姿の眞子さまなど
約3年通った学び舎に別れを告げた小室さんだが、眞子さまとの結婚はいまだ進展しないままだ。結婚のハードルは2つあった。母・佳代さんと元婚約者との「金銭問題の解決」と「経済基盤の安定」だ。前者については“解決金”を払う意志を表明し、問題解決に向かっているが、「経済基盤の安定」については先行き不透明だ。
小室さんは7月にニューヨーク州の司法試験が控えている。しかし、小室さんの代理人は、これまで「弁護士資格の取得を目指すと言っていますが、弁護士になるとは言っていません。彼はいま、ライフプランを作っている」「彼自身の人生の視野を広げている最中」と強調してきた。
その一方で、皇室関係者からは、小室さんが国際機関へ就職するのではないかという見方が浮上している。ニューヨークには、国連をはじめ世界自然保護基金(WWF)や国際連合児童基金(ユニセフ)、国際通貨基金(IMF)など、“クリーンなイメージ”の国際機関の本部が集まっている。皇室ジャーナリストはいう。
「小室さんがそもそも留学先にニューヨークを選んだのは、皇室のコネクションが強い国際機関の本部が集中しているからだ、とみる宮内庁関係者は少なからずいました」眞子さまと佳代さんとNYで3人暮らし しかし、そうした“皇室利用”とみられる行動は、少なからず批判も浴びてきた。留学の際には、授業料を全額免除する奨学金を受けた小室さんだが、この奨学金に関しては“なぜ弁護士資格も持っていない小室さんが、特別扱いされるのか”との声が上がった。さらに、就職先においてもそうした特別待遇をされることがあれば、強烈な批判は免れないだろう。「小室さんが“就職先を見つけた”と公表できれば、経済基盤の安定を示すことができる半面、“特別待遇”と見られれば国民の祝福からは遠ざかるのも事実。そうしたジレンマによって、小室さんは自分から発表できず、就職先をひた隠しにしているのではないでしょうか」(別の皇室ジャーナリスト) そのことは、小室家の“ブレーン”となりつつある眞子さまも、深く理解されているはずだ。ふたりが描く青写真のため、いまはじっと沈黙を貫いているのかもしれない。「アメリカでなら穏やかな暮らしができる、と眞子さまも小室さんも考えているのかもしれません。結婚一時金に頼りながらセキュリティー万全の高級マンションに住み、最愛の母・佳代さんと眞子さまと一緒に暮らす。それが小室さんの描く理想の未来ではないでしょうか」(皇室関係者) 佳代さんの元婚約者の代理人は、本誌・女性セブンの取材に対し「(解決金の提案以降は)いまだに小室さん側からは、何も連絡をもらっていない」と答えた。しかし、その陰で静かに、だが着々と、未来図への準備は進んでいる。※女性セブン2021年6月10日号
しかし、そうした“皇室利用”とみられる行動は、少なからず批判も浴びてきた。留学の際には、授業料を全額免除する奨学金を受けた小室さんだが、この奨学金に関しては“なぜ弁護士資格も持っていない小室さんが、特別扱いされるのか”との声が上がった。さらに、就職先においてもそうした特別待遇をされることがあれば、強烈な批判は免れないだろう。「小室さんが“就職先を見つけた”と公表できれば、経済基盤の安定を示すことができる半面、“特別待遇”と見られれば国民の祝福からは遠ざかるのも事実。そうしたジレンマによって、小室さんは自分から発表できず、就職先をひた隠しにしているのではないでしょうか」(別の皇室ジャーナリスト) そのことは、小室家の“ブレーン”となりつつある眞子さまも、深く理解されているはずだ。ふたりが描く青写真のため、いまはじっと沈黙を貫いているのかもしれない。「アメリカでなら穏やかな暮らしができる、と眞子さまも小室さんも考えているのかもしれません。結婚一時金に頼りながらセキュリティー万全の高級マンションに住み、最愛の母・佳代さんと眞子さまと一緒に暮らす。それが小室さんの描く理想の未来ではないでしょうか」(皇室関係者) 佳代さんの元婚約者の代理人は、本誌・女性セブンの取材に対し「(解決金の提案以降は)いまだに小室さん側からは、何も連絡をもらっていない」と答えた。しかし、その陰で静かに、だが着々と、未来図への準備は進んでいる。※女性セブン2021年6月10日号
「小室さんが“就職先を見つけた”と公表できれば、経済基盤の安定を示すことができる半面、“特別待遇”と見られれば国民の祝福からは遠ざかるのも事実。そうしたジレンマによって、小室さんは自分から発表できず、就職先をひた隠しにしているのではないでしょうか」(別の皇室ジャーナリスト) そのことは、小室家の“ブレーン”となりつつある眞子さまも、深く理解されているはずだ。ふたりが描く青写真のため、いまはじっと沈黙を貫いているのかもしれない。「アメリカでなら穏やかな暮らしができる、と眞子さまも小室さんも考えているのかもしれません。結婚一時金に頼りながらセキュリティー万全の高級マンションに住み、最愛の母・佳代さんと眞子さまと一緒に暮らす。それが小室さんの描く理想の未来ではないでしょうか」(皇室関係者) 佳代さんの元婚約者の代理人は、本誌・女性セブンの取材に対し「(解決金の提案以降は)いまだに小室さん側からは、何も連絡をもらっていない」と答えた。しかし、その陰で静かに、だが着々と、未来図への準備は進んでいる。※女性セブン2021年6月10日号
そのことは、小室家の“ブレーン”となりつつある眞子さまも、深く理解されているはずだ。ふたりが描く青写真のため、いまはじっと沈黙を貫いているのかもしれない。「アメリカでなら穏やかな暮らしができる、と眞子さまも小室さんも考えているのかもしれません。結婚一時金に頼りながらセキュリティー万全の高級マンションに住み、最愛の母・佳代さんと眞子さまと一緒に暮らす。それが小室さんの描く理想の未来ではないでしょうか」(皇室関係者) 佳代さんの元婚約者の代理人は、本誌・女性セブンの取材に対し「(解決金の提案以降は)いまだに小室さん側からは、何も連絡をもらっていない」と答えた。しかし、その陰で静かに、だが着々と、未来図への準備は進んでいる。※女性セブン2021年6月10日号
「アメリカでなら穏やかな暮らしができる、と眞子さまも小室さんも考えているのかもしれません。結婚一時金に頼りながらセキュリティー万全の高級マンションに住み、最愛の母・佳代さんと眞子さまと一緒に暮らす。それが小室さんの描く理想の未来ではないでしょうか」(皇室関係者) 佳代さんの元婚約者の代理人は、本誌・女性セブンの取材に対し「(解決金の提案以降は)いまだに小室さん側からは、何も連絡をもらっていない」と答えた。しかし、その陰で静かに、だが着々と、未来図への準備は進んでいる。※女性セブン2021年6月10日号
佳代さんの元婚約者の代理人は、本誌・女性セブンの取材に対し「(解決金の提案以降は)いまだに小室さん側からは、何も連絡をもらっていない」と答えた。しかし、その陰で静かに、だが着々と、未来図への準備は進んでいる。※女性セブン2021年6月10日号
※女性セブン2021年6月10日号