入管施設で「6人部屋に17人監禁」 大阪の元収容者ら損賠提訴

大阪出入国在留管理局(大阪市住之江区)に収容された17人が3年前、6人部屋に24時間以上にわたり不当に監禁されたとして、うち4人が国に計約300万円の賠償を求める訴えを大阪地裁に起こした。提訴は20日付。
入国者の我慢で成り立つ 日本の水際対策
訴えたのは、ナイジェリアやパキスタン、ペルー国籍の男性4人。在留資格を失うなどして収容され、いずれも2020年5月までに仮放免になった。
訴状によると、17人は18年6月17日午前11時半ごろ、広さ20平方メートルほどの定員6人の部屋で、施設の医療体制の不備について話し合っていた。各部屋を自由に行き来できる時間を過ぎたとして、職員から自室へ戻るよう指示された。「もう少し待って」と頼んだが、そのまま施錠された。
翌18日朝には最大震度6弱を観測した大阪北部地震が発生。しかし、正午過ぎまで解錠されず、電気を止められてエアコンは動かない状態だった。飲料水を求めても拒否されたという。
原告側代理人の仲尾育哉弁護士は「長時間閉じ込める必要性がなく、制裁や懲罰目的の不当な対応だ」と主張。大阪入管は「訴状が届いていないのでコメントできない」としている。【松本紫帆】