東京五輪再延期「難しい」=選手考慮、今夏開催を強調―小池都知事

東京都の小池百合子知事は28日の定例記者会見で、東京五輪・パラリンピックの再延期について、「基本的には難しいと思う」と述べた。
参加選手への影響を考慮し、今夏開催に向け「しっかりと安全安心を守っていく大会にすることがベースだ」と強調。新型コロナウイルスの感染防止対策を徹底する考えを改めて示した。
小池氏は「選手は4年に1度、そこ(五輪)に体調を合わせる。(昨年から)1年延期したことで、モチベーションや体力維持などあらゆることを設定しなければならなかった」と指摘。再延期をすれば、選手に大きな影響を及ぼすと訴えた。
一方、小池氏が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」は同日、大会開催に関して「再延期も含むあらゆる選択肢を視野に入れるべきだ」との談話を発表。これに対し、小池氏は会見で「安全安心な大会(を目指す)ということに全く(認識の)ずれはない。思いは同じだ」と述べた。