日本船は約3時間後に沈没 3人の捜索続く 来島海峡は海の難所

27日午後11時55分ごろ、愛媛県今治市沖の来島(くるしま)海峡で日本の大型貨物船と外国のケミカル船の衝突事故があり、貨物船が転覆して沈没し、乗組員12人のうち船長ら3人が行方不明になった。貨物船は総トン数がケミカル船より4倍以上大きく、内航船としては大型。今治海上保安部(今治市)の巡視艇やヘリなどが捜索を続けている。
【写真】マストが後方に折れ、船首が損壊したケミカル船
今治海保によると、衝突直後、海上保安庁来島海峡海上交通センターから「外国船と日本船が接触した」と、第6管区海上保安本部(広島市)に通報があった。沈没した貨物船は独立行政法人「鉄道建設・運輸施設整備支援機構」(横浜市)などが所有し、プリンス海運(神戸市)が運航する「白虎」(1万1454トン)。ケミカル船はマーシャル諸島船籍の「ウルサン パイオニア」(2696トン)。白虎は衝突の約2時間50分後に沈没した。
行方不明となっているのは船長の佐藤保さん(66)▽1等機関士の小川有樹さん(27)▽2等機関士の上畠隆寛さん(22)――の計3人。ほかの乗組員9人は救助されたが2人は骨折などの重軽傷を負った。
今治海保によると、貨物船は27日午後4時半ごろ、自動車部品を積んで神戸港を出港。28日午前5時半に福岡県の苅田港に入港予定だった。一方、ケミカル船は25日に中国を出港、28日午後2時に大阪港に入港予定だった。ケミカル船の乗組員は韓国籍8人とミャンマー国籍5人の計13人で全員が無事だった。油の流出は確認されていない。
プリンス海運のホームページなどによると、白虎は最大で乗用車809台やトレーラーの荷台部分113本を積載できる大型貨物船(全長約170メートル、全幅26メートル)。「RORO船」と呼ばれ、コンテナ船とは違い、乗用車やトレーラーが自走して船内に入ることができ、車両や荷台ごと運ぶのが特徴。船体内は駐車スペースとなるデッキが数層重なった構造となっている。 今治海保は業務上過失往来危険などの容疑も視野に衝突の経緯を調べている。 白虎は日産自動車の子会社「日産自動車九州」(福岡県苅田町)の工場で使う自動車部品を運んでいた。同社は国内外向けの4車種を年間計53万台生産。広報担当者は「私どもに関係する部品を運んでおり、詳細は確認中だが現時点で生産への影響はない」としている。【山中宏之、松倉展人、吉川雄策】現場の来島海峡は「海の難所」 愛媛県今治市とその沖の大島を隔てる「来島海峡」は、1日に約500隻の船が行き交う瀬戸内海のメインストリートだが、潮流が刻々と変化する「海の難所」としても知られる。 同海峡は鳴門海峡、関門海峡と並んで「日本三大急潮流」と呼ばれ、速い時には約10ノット(時速約18キロ)にもなる急流だ。狭い部分は約400メートルしかない。 また、一定の大きさの船には、潮の流れによって航路が変わる世界的にも珍しい航法が義務づけられている。潮が北に流れる「北流」なら通常と同じ右側航行。南流の場合は左側航行になる。 今治海上保安部によると、事故当時は南流だったとみられ、約40分後に北流に変わっていた。 一方、この日は満月の翌日で潮位差が大きい「大潮」の時期。海保の試算によると、事故の約3時間前は潮流が10ノットで「1年に数回しかない速さ」にあたり、事故当時も比較的、潮流が速かった可能性がある。海保は当時の気象や海の状況などについても調べている。【山中宏之、松倉展人、遠藤龍】
今治海保は業務上過失往来危険などの容疑も視野に衝突の経緯を調べている。 白虎は日産自動車の子会社「日産自動車九州」(福岡県苅田町)の工場で使う自動車部品を運んでいた。同社は国内外向けの4車種を年間計53万台生産。広報担当者は「私どもに関係する部品を運んでおり、詳細は確認中だが現時点で生産への影響はない」としている。【山中宏之、松倉展人、吉川雄策】現場の来島海峡は「海の難所」 愛媛県今治市とその沖の大島を隔てる「来島海峡」は、1日に約500隻の船が行き交う瀬戸内海のメインストリートだが、潮流が刻々と変化する「海の難所」としても知られる。 同海峡は鳴門海峡、関門海峡と並んで「日本三大急潮流」と呼ばれ、速い時には約10ノット(時速約18キロ)にもなる急流だ。狭い部分は約400メートルしかない。 また、一定の大きさの船には、潮の流れによって航路が変わる世界的にも珍しい航法が義務づけられている。潮が北に流れる「北流」なら通常と同じ右側航行。南流の場合は左側航行になる。 今治海上保安部によると、事故当時は南流だったとみられ、約40分後に北流に変わっていた。 一方、この日は満月の翌日で潮位差が大きい「大潮」の時期。海保の試算によると、事故の約3時間前は潮流が10ノットで「1年に数回しかない速さ」にあたり、事故当時も比較的、潮流が速かった可能性がある。海保は当時の気象や海の状況などについても調べている。【山中宏之、松倉展人、遠藤龍】
白虎は日産自動車の子会社「日産自動車九州」(福岡県苅田町)の工場で使う自動車部品を運んでいた。同社は国内外向けの4車種を年間計53万台生産。広報担当者は「私どもに関係する部品を運んでおり、詳細は確認中だが現時点で生産への影響はない」としている。【山中宏之、松倉展人、吉川雄策】現場の来島海峡は「海の難所」 愛媛県今治市とその沖の大島を隔てる「来島海峡」は、1日に約500隻の船が行き交う瀬戸内海のメインストリートだが、潮流が刻々と変化する「海の難所」としても知られる。 同海峡は鳴門海峡、関門海峡と並んで「日本三大急潮流」と呼ばれ、速い時には約10ノット(時速約18キロ)にもなる急流だ。狭い部分は約400メートルしかない。 また、一定の大きさの船には、潮の流れによって航路が変わる世界的にも珍しい航法が義務づけられている。潮が北に流れる「北流」なら通常と同じ右側航行。南流の場合は左側航行になる。 今治海上保安部によると、事故当時は南流だったとみられ、約40分後に北流に変わっていた。 一方、この日は満月の翌日で潮位差が大きい「大潮」の時期。海保の試算によると、事故の約3時間前は潮流が10ノットで「1年に数回しかない速さ」にあたり、事故当時も比較的、潮流が速かった可能性がある。海保は当時の気象や海の状況などについても調べている。【山中宏之、松倉展人、遠藤龍】
現場の来島海峡は「海の難所」 愛媛県今治市とその沖の大島を隔てる「来島海峡」は、1日に約500隻の船が行き交う瀬戸内海のメインストリートだが、潮流が刻々と変化する「海の難所」としても知られる。 同海峡は鳴門海峡、関門海峡と並んで「日本三大急潮流」と呼ばれ、速い時には約10ノット(時速約18キロ)にもなる急流だ。狭い部分は約400メートルしかない。 また、一定の大きさの船には、潮の流れによって航路が変わる世界的にも珍しい航法が義務づけられている。潮が北に流れる「北流」なら通常と同じ右側航行。南流の場合は左側航行になる。 今治海上保安部によると、事故当時は南流だったとみられ、約40分後に北流に変わっていた。 一方、この日は満月の翌日で潮位差が大きい「大潮」の時期。海保の試算によると、事故の約3時間前は潮流が10ノットで「1年に数回しかない速さ」にあたり、事故当時も比較的、潮流が速かった可能性がある。海保は当時の気象や海の状況などについても調べている。【山中宏之、松倉展人、遠藤龍】
愛媛県今治市とその沖の大島を隔てる「来島海峡」は、1日に約500隻の船が行き交う瀬戸内海のメインストリートだが、潮流が刻々と変化する「海の難所」としても知られる。 同海峡は鳴門海峡、関門海峡と並んで「日本三大急潮流」と呼ばれ、速い時には約10ノット(時速約18キロ)にもなる急流だ。狭い部分は約400メートルしかない。 また、一定の大きさの船には、潮の流れによって航路が変わる世界的にも珍しい航法が義務づけられている。潮が北に流れる「北流」なら通常と同じ右側航行。南流の場合は左側航行になる。 今治海上保安部によると、事故当時は南流だったとみられ、約40分後に北流に変わっていた。 一方、この日は満月の翌日で潮位差が大きい「大潮」の時期。海保の試算によると、事故の約3時間前は潮流が10ノットで「1年に数回しかない速さ」にあたり、事故当時も比較的、潮流が速かった可能性がある。海保は当時の気象や海の状況などについても調べている。【山中宏之、松倉展人、遠藤龍】
同海峡は鳴門海峡、関門海峡と並んで「日本三大急潮流」と呼ばれ、速い時には約10ノット(時速約18キロ)にもなる急流だ。狭い部分は約400メートルしかない。 また、一定の大きさの船には、潮の流れによって航路が変わる世界的にも珍しい航法が義務づけられている。潮が北に流れる「北流」なら通常と同じ右側航行。南流の場合は左側航行になる。 今治海上保安部によると、事故当時は南流だったとみられ、約40分後に北流に変わっていた。 一方、この日は満月の翌日で潮位差が大きい「大潮」の時期。海保の試算によると、事故の約3時間前は潮流が10ノットで「1年に数回しかない速さ」にあたり、事故当時も比較的、潮流が速かった可能性がある。海保は当時の気象や海の状況などについても調べている。【山中宏之、松倉展人、遠藤龍】
また、一定の大きさの船には、潮の流れによって航路が変わる世界的にも珍しい航法が義務づけられている。潮が北に流れる「北流」なら通常と同じ右側航行。南流の場合は左側航行になる。 今治海上保安部によると、事故当時は南流だったとみられ、約40分後に北流に変わっていた。 一方、この日は満月の翌日で潮位差が大きい「大潮」の時期。海保の試算によると、事故の約3時間前は潮流が10ノットで「1年に数回しかない速さ」にあたり、事故当時も比較的、潮流が速かった可能性がある。海保は当時の気象や海の状況などについても調べている。【山中宏之、松倉展人、遠藤龍】
今治海上保安部によると、事故当時は南流だったとみられ、約40分後に北流に変わっていた。 一方、この日は満月の翌日で潮位差が大きい「大潮」の時期。海保の試算によると、事故の約3時間前は潮流が10ノットで「1年に数回しかない速さ」にあたり、事故当時も比較的、潮流が速かった可能性がある。海保は当時の気象や海の状況などについても調べている。【山中宏之、松倉展人、遠藤龍】
一方、この日は満月の翌日で潮位差が大きい「大潮」の時期。海保の試算によると、事故の約3時間前は潮流が10ノットで「1年に数回しかない速さ」にあたり、事故当時も比較的、潮流が速かった可能性がある。海保は当時の気象や海の状況などについても調べている。【山中宏之、松倉展人、遠藤龍】