わいせつ画像、女子生徒に毎日送信 中学教諭を懲戒免職

担任をしていた女子生徒にわいせつな画像やメッセージを何度も送ったとして、埼玉県教育局は27日、北部地区の公立中学校の男性教諭(37)を懲戒免職にしたと発表した。
送信は数千件にのぼり、教諭は「生徒を笑わせたいと思った」と話しているという。
教育局によると、教諭は昨年9月から今年1月までほぼ毎日、担任をしていた3年生の女子生徒に対して無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使って、女性が下着を見せるなどしている画像やメッセージを送ったという。生徒が別の教諭に相談して発覚した。
当初は勉強を教えるという名目でやりとりが始まったが、すぐにこうしたメッセージが送られるようになったといい、生徒は相談後、卒業まで不登校になったという。(贄川俊)