愛媛・今治沖で日本の貨物船が沈没 3人行方不明 外国船と衝突

27日午後11時55分ごろ、愛媛県今治市沖の来島(くるしま)海峡で「外国船と日本船が接触した」と、第6管区海上保安本部(広島市)に通報があった。今治海上保安部(今治市)によると、日本の貨物船「白虎」(1万1454トン)がマーシャル諸島船籍のケミカル船「ウルサン パイオニア」(2696トン)と衝突し、転覆。28日午前2時45分ごろに沈没した。
【写真】マストが後方に折れ、船首が損壊したケミカル船
海保は、貨物船の日本人乗組員12人のうち、9人を救助。船長の佐藤保さん(66)▽1等機関士の小川有樹さん(27)▽2等機関士の上畠隆寛さん(22)――の計3人が行方不明となっており、海保の巡視艇やヘリなどが捜索している。
今治海保によると、貨物船は27日午後4時半ごろ、自動車部品を積んで神戸港を出港。28日午前5時半に福岡県の苅田港に入港予定だった。一方、ケミカル船は25日に中国を出港、28日午後2時に大阪港に入港予定だった。ケミカル船の乗組員13人のうち8人は韓国籍、5人はミャンマー国籍で、全員が無事という。油の流出は確認されていない。
今治海保は業務上過失往来危険などの容疑を視野に衝突の経緯を調べている。【山中宏之、遠藤龍、松倉展人】