前倒し、高齢者以外にも…ワクチン「加速」

新型コロナウイルスワクチンの接種をめぐり、各所で準備が加速しています。東京の大規模接種センターは予定を早め、都外の高齢者へも対象を拡大。都内では、高齢者以外の予約を6月にも受け付ける区も。横浜では常温のワクチンを接種するミスがありました。
■接種の様子 「動画」で海外の妻へ
東京・大手町にある大規模接種センターに、スマホを構えながら熱く男性(74)の姿がありました。「ビデオで、私の嫁さんがタイ人なんで、嫁さんに見せてあげる」と言います。
男性の妻は今、タイで生活しています。男性はコロナの影響で1年以上も会えていないため、動画でワクチン接種を報告するといいます。
男性は「ワクチン打てば100%平気、ではないかもしれないけど、多少は安心ですね。(妻に)会いたいねえ」と話しました。
一方、東京の大規模接種センターの予約は、予定を前倒しすることで、28日から新たに埼玉・千葉・神奈川在住の高齢者らにも対象を拡大します。防衛省によりますと、5月31日~6月6日分の予約では、残っていた約1万4500件の枠が50分で埋まったということです。
■来月から「高齢者以外」予約開始も高齢者以外へのワクチン接種も加速させる動きがあります。東京・中野区では、16~64歳の基礎疾患がない人らについて、6月28日から予約を開始します。枠が取れれば、即日接種も可能といいます。30代の区民は、「中野区に対して、好感が持てました」と笑顔を見せました。墨田区では、16~64歳を対象に、6月1日にワクチン接種券を発送します。早い人は6月中に予約や接種が始まり、30代以下(16~39歳)も7月20日から打てる予定です。■常温で…119人が接種 抗体検査へ一方でトラブルも起きています。横浜市は28日の会見で、「常温となった状態のワクチンを接種していたことが判明しました」と明らかにしました。市内の集団接種会場で、ワクチンを保管する冷蔵庫のプラグと延長コードが抜け、電源が切れたため、高齢者119人に誤って打ったといいます。常温の場合、十分な抗体が作られない可能性があり、市は対象者全員について抗体検査を行い、必要に応じて再度接種するということです。。(5月28日『news zero』より)
高齢者以外へのワクチン接種も加速させる動きがあります。東京・中野区では、16~64歳の基礎疾患がない人らについて、6月28日から予約を開始します。枠が取れれば、即日接種も可能といいます。30代の区民は、「中野区に対して、好感が持てました」と笑顔を見せました。墨田区では、16~64歳を対象に、6月1日にワクチン接種券を発送します。早い人は6月中に予約や接種が始まり、30代以下(16~39歳)も7月20日から打てる予定です。■常温で…119人が接種 抗体検査へ一方でトラブルも起きています。横浜市は28日の会見で、「常温となった状態のワクチンを接種していたことが判明しました」と明らかにしました。市内の集団接種会場で、ワクチンを保管する冷蔵庫のプラグと延長コードが抜け、電源が切れたため、高齢者119人に誤って打ったといいます。常温の場合、十分な抗体が作られない可能性があり、市は対象者全員について抗体検査を行い、必要に応じて再度接種するということです。。(5月28日『news zero』より)
東京・中野区では、16~64歳の基礎疾患がない人らについて、6月28日から予約を開始します。枠が取れれば、即日接種も可能といいます。30代の区民は、「中野区に対して、好感が持てました」と笑顔を見せました。墨田区では、16~64歳を対象に、6月1日にワクチン接種券を発送します。早い人は6月中に予約や接種が始まり、30代以下(16~39歳)も7月20日から打てる予定です。■常温で…119人が接種 抗体検査へ一方でトラブルも起きています。横浜市は28日の会見で、「常温となった状態のワクチンを接種していたことが判明しました」と明らかにしました。市内の集団接種会場で、ワクチンを保管する冷蔵庫のプラグと延長コードが抜け、電源が切れたため、高齢者119人に誤って打ったといいます。常温の場合、十分な抗体が作られない可能性があり、市は対象者全員について抗体検査を行い、必要に応じて再度接種するということです。。(5月28日『news zero』より)
墨田区では、16~64歳を対象に、6月1日にワクチン接種券を発送します。早い人は6月中に予約や接種が始まり、30代以下(16~39歳)も7月20日から打てる予定です。■常温で…119人が接種 抗体検査へ一方でトラブルも起きています。横浜市は28日の会見で、「常温となった状態のワクチンを接種していたことが判明しました」と明らかにしました。市内の集団接種会場で、ワクチンを保管する冷蔵庫のプラグと延長コードが抜け、電源が切れたため、高齢者119人に誤って打ったといいます。常温の場合、十分な抗体が作られない可能性があり、市は対象者全員について抗体検査を行い、必要に応じて再度接種するということです。。(5月28日『news zero』より)
■常温で…119人が接種 抗体検査へ一方でトラブルも起きています。横浜市は28日の会見で、「常温となった状態のワクチンを接種していたことが判明しました」と明らかにしました。市内の集団接種会場で、ワクチンを保管する冷蔵庫のプラグと延長コードが抜け、電源が切れたため、高齢者119人に誤って打ったといいます。常温の場合、十分な抗体が作られない可能性があり、市は対象者全員について抗体検査を行い、必要に応じて再度接種するということです。。(5月28日『news zero』より)
一方でトラブルも起きています。横浜市は28日の会見で、「常温となった状態のワクチンを接種していたことが判明しました」と明らかにしました。市内の集団接種会場で、ワクチンを保管する冷蔵庫のプラグと延長コードが抜け、電源が切れたため、高齢者119人に誤って打ったといいます。常温の場合、十分な抗体が作られない可能性があり、市は対象者全員について抗体検査を行い、必要に応じて再度接種するということです。。(5月28日『news zero』より)
横浜市は28日の会見で、「常温となった状態のワクチンを接種していたことが判明しました」と明らかにしました。市内の集団接種会場で、ワクチンを保管する冷蔵庫のプラグと延長コードが抜け、電源が切れたため、高齢者119人に誤って打ったといいます。常温の場合、十分な抗体が作られない可能性があり、市は対象者全員について抗体検査を行い、必要に応じて再度接種するということです。。(5月28日『news zero』より)
市内の集団接種会場で、ワクチンを保管する冷蔵庫のプラグと延長コードが抜け、電源が切れたため、高齢者119人に誤って打ったといいます。常温の場合、十分な抗体が作られない可能性があり、市は対象者全員について抗体検査を行い、必要に応じて再度接種するということです。。(5月28日『news zero』より)
常温の場合、十分な抗体が作られない可能性があり、市は対象者全員について抗体検査を行い、必要に応じて再度接種するということです。。(5月28日『news zero』より)