お好み焼き店「我慢して買う」 タマゴ価格が高騰 過去5年で最も高く…原因は鳥インフル【岡山発】

毎日の料理に欠かせない「タマゴ」の価格が高騰している。高騰の背景にあるのは、2020年秋から全国で相次いだ鳥インフルエンザだった。
毎日の食卓に欠かせないタマゴ。卵焼きに目玉焼き…タマゴは価格の変動が少ない「物価の優等生」と言われているが…
記者:こちらのスーパーのタマゴの値段は、高値だった年末に比べ、Mサイズで20円ほど高いということです
買い物客:ちょっと前より高くなっているみたい。特売の日の値段も上がっている
買い物客:我慢しないと。仕方がない
値上がりの原因は、2020年11月以降に多発した鳥インフルエンザだ。
全国で、約1000万羽のニワトリが殺処分され、タマゴを産むニワトリが減り、需要に供給が追いつかない状況となっている。卸売価格の相場は、過去5年間で最も高い水準で、この店でも本来なら1パック230円を超えるところを、なんとかこの値段で踏ん張っているという。
グランドマート・岡本和恵取締役:特に2021年は、“おうち需要”が高まり、家でお菓子作りをする人が多く、ゴールデンウィークも上がって、その後に下がるかなと思ったが、2021年はさらに上がっている状況
岡山市のお好み焼きの店「童」では、全てのメニューにタマゴが必要で、スーパーなどで仕入れている。お好み焼き 童・山本美代子さん:絶対必要だから、少々高くなっても買う。我慢するお好み焼き 童・山本美代子さん:タマゴが上がっているからといって、(メニューの)値段上げたりはしない岡山県養鶏協会などによると、値段が落ち着くには数カ月かかるという。我慢の日々は、しばらく続きそうだ。(岡山放送)
お好み焼き 童・山本美代子さん:絶対必要だから、少々高くなっても買う。我慢するお好み焼き 童・山本美代子さん:タマゴが上がっているからといって、(メニューの)値段上げたりはしない岡山県養鶏協会などによると、値段が落ち着くには数カ月かかるという。我慢の日々は、しばらく続きそうだ。(岡山放送)
お好み焼き 童・山本美代子さん:タマゴが上がっているからといって、(メニューの)値段上げたりはしない岡山県養鶏協会などによると、値段が落ち着くには数カ月かかるという。我慢の日々は、しばらく続きそうだ。(岡山放送)
岡山県養鶏協会などによると、値段が落ち着くには数カ月かかるという。我慢の日々は、しばらく続きそうだ。(岡山放送)
我慢の日々は、しばらく続きそうだ。(岡山放送)
(岡山放送)