神戸でワクチン二重接種か 70代女性、「健康に異常なし」

新型コロナウイルスワクチンの集団接種で、神戸市は30日、70代女性1人に二重に接種した可能性があることを明らかにした。女性の健康に異常はないという。
「ワクチン頼みは危険」専門家が警鐘
市健康局によると、同市灘区の接種会場で29日午後1時半ごろ、医師が女性に接種した際、ワクチンの薬液を注入する手応えがなかったため、空気を注射したと判断。女性に事情を説明し、改めて接種した。薬剤師が廃棄済みの注射器を調べたところ、全てに薬液の痕跡があり、ワクチン原液の小瓶(バイアル)も通常より残量が多いものはなかった。このため、最初の接種で使った注射器にも薬液が充(じゅうてん)されていた可能性が高いという。
ワクチン入りの注射器1本も紛失
また、灘区会場では29日午前、ワクチンを充した注射器144本のうち1本が紛失した。市は「盗難の可能性もある」として、兵庫県警灘署に通報した。市担当者は「管理体制を強化し、再発防止に努める」としている。【村田愛】