コロナ下で若者の孤独感につけ込むカルトの誘い

新型コロナウイルス下で自粛生活が長引くなか、孤独感を抱える若者の心につけ込もうと、カルトが会員制交流サイト(SNS)上で勧誘に動いている。
素性を隠して相手に近づき、思想を探りながら共感を引き出せるとあり、SNSはカルトにとって都合のいいツールだ。オンラインでの授業が続き、孤立しがちな大学生が狙われやすくなっており、専門家は「カルトの危険性を改めて周知していく必要がある」と警鐘を鳴らしている。
送り主は大学の先輩
《良かったら、サークルのアンケートに協力してもらっていいですか?》
昨年7月、東京都内の大学に通う大学2年の男子学生(19)は、ツイッターでこんなメッセージを受け取った。まだ入学してまもなく、新型コロナの影響で授業がすべてオンラインで行われていたころ。送り主は同じ大学の先輩らしく、所属学科も表記されていた。「身元も明らかになっていたので、怪しいとは思わなかった」
アンケートには、関心のある社会問題は何か▽サークルのホームページにどんな印象を持ったか▽困っていることや先輩に聞きたいことはないか-といった設問が並んでいた。答えると、サークルの説明会に誘われた。男子学生はなんとなく億劫(おっくう)に感じて参加しなかったが、後に別の人がこのアンケートに対する注意喚起を促すツイートをしているのを見て、カルトが関連しているとみられるサークルと分かった。「コロナ下になってから、SNS上で一から人間関係を作ることに抵抗がなくなった。暇だったら説明会に参加していたかもしれない」と振り返る。ボランティア募集を装い日本脱カルト協会代表理事の西田公昭・立正大教授(社会心理学)は「コロナ下で人に会えないという寂しさや息が詰まる思いを皆抱えており、カルトにつけこまれやすくなっている」と指摘する。そんななか、若年層の信者獲得を目指すカルトにとって、格好のターゲットになっているのが大学の新入生だ。対面で新しい人間関係を築くのが困難な状況に置かれている上、SNSを使えばプロフィルやリンクから所属大学を簡単に割り出せる。さらに「いいね」などの機能で共感を示し、興味や関心のある分野を探りながら相手に近づくことができるからだ。公安調査庁によると、オウム真理教の後継団体「アレフ」も近年、SNSやビデオ通信システムなど非対面での勧誘活動を活発化。まずは素性を隠した上で、イベントやボランティアへの参加募集を装って接触している。同団体は昨年、約60人の新規入会者を獲得したとみられるが、うち7割近くが34歳以下の若者だったという。オンラインでの勧誘は誰からも目撃されないため、人知れずカルトに入会してしまう恐れがある。軽い気持ちでも一度入会すれば抜けるのが難しく、これまでの対人関係が崩壊したり多額の金銭を搾取されたりするケースも少なくない。こうした状況を踏まえ、各大学はホームページなどで注意を喚起。日本脱カルト協会も保護者向けにカルトの危険性や注意点などをまとめたパンフレットを今年2月に作成し、配布している。西田教授は「まずはカルトに対する予備知識を持ってもらうことが重要。保護者の意識も高めて、ささいな変化に気づいてもらって子供たちを守ってほしい」と強調。その上で「トラブルの多いオンラインセミナーなどを社会的に監視する手立ても必要だ」と話している。(江森梓)
男子学生はなんとなく億劫(おっくう)に感じて参加しなかったが、後に別の人がこのアンケートに対する注意喚起を促すツイートをしているのを見て、カルトが関連しているとみられるサークルと分かった。「コロナ下になってから、SNS上で一から人間関係を作ることに抵抗がなくなった。暇だったら説明会に参加していたかもしれない」と振り返る。ボランティア募集を装い日本脱カルト協会代表理事の西田公昭・立正大教授(社会心理学)は「コロナ下で人に会えないという寂しさや息が詰まる思いを皆抱えており、カルトにつけこまれやすくなっている」と指摘する。そんななか、若年層の信者獲得を目指すカルトにとって、格好のターゲットになっているのが大学の新入生だ。対面で新しい人間関係を築くのが困難な状況に置かれている上、SNSを使えばプロフィルやリンクから所属大学を簡単に割り出せる。さらに「いいね」などの機能で共感を示し、興味や関心のある分野を探りながら相手に近づくことができるからだ。公安調査庁によると、オウム真理教の後継団体「アレフ」も近年、SNSやビデオ通信システムなど非対面での勧誘活動を活発化。まずは素性を隠した上で、イベントやボランティアへの参加募集を装って接触している。同団体は昨年、約60人の新規入会者を獲得したとみられるが、うち7割近くが34歳以下の若者だったという。オンラインでの勧誘は誰からも目撃されないため、人知れずカルトに入会してしまう恐れがある。軽い気持ちでも一度入会すれば抜けるのが難しく、これまでの対人関係が崩壊したり多額の金銭を搾取されたりするケースも少なくない。こうした状況を踏まえ、各大学はホームページなどで注意を喚起。日本脱カルト協会も保護者向けにカルトの危険性や注意点などをまとめたパンフレットを今年2月に作成し、配布している。西田教授は「まずはカルトに対する予備知識を持ってもらうことが重要。保護者の意識も高めて、ささいな変化に気づいてもらって子供たちを守ってほしい」と強調。その上で「トラブルの多いオンラインセミナーなどを社会的に監視する手立ても必要だ」と話している。(江森梓)
ボランティア募集を装い日本脱カルト協会代表理事の西田公昭・立正大教授(社会心理学)は「コロナ下で人に会えないという寂しさや息が詰まる思いを皆抱えており、カルトにつけこまれやすくなっている」と指摘する。そんななか、若年層の信者獲得を目指すカルトにとって、格好のターゲットになっているのが大学の新入生だ。対面で新しい人間関係を築くのが困難な状況に置かれている上、SNSを使えばプロフィルやリンクから所属大学を簡単に割り出せる。さらに「いいね」などの機能で共感を示し、興味や関心のある分野を探りながら相手に近づくことができるからだ。公安調査庁によると、オウム真理教の後継団体「アレフ」も近年、SNSやビデオ通信システムなど非対面での勧誘活動を活発化。まずは素性を隠した上で、イベントやボランティアへの参加募集を装って接触している。同団体は昨年、約60人の新規入会者を獲得したとみられるが、うち7割近くが34歳以下の若者だったという。オンラインでの勧誘は誰からも目撃されないため、人知れずカルトに入会してしまう恐れがある。軽い気持ちでも一度入会すれば抜けるのが難しく、これまでの対人関係が崩壊したり多額の金銭を搾取されたりするケースも少なくない。こうした状況を踏まえ、各大学はホームページなどで注意を喚起。日本脱カルト協会も保護者向けにカルトの危険性や注意点などをまとめたパンフレットを今年2月に作成し、配布している。西田教授は「まずはカルトに対する予備知識を持ってもらうことが重要。保護者の意識も高めて、ささいな変化に気づいてもらって子供たちを守ってほしい」と強調。その上で「トラブルの多いオンラインセミナーなどを社会的に監視する手立ても必要だ」と話している。(江森梓)
日本脱カルト協会代表理事の西田公昭・立正大教授(社会心理学)は「コロナ下で人に会えないという寂しさや息が詰まる思いを皆抱えており、カルトにつけこまれやすくなっている」と指摘する。そんななか、若年層の信者獲得を目指すカルトにとって、格好のターゲットになっているのが大学の新入生だ。対面で新しい人間関係を築くのが困難な状況に置かれている上、SNSを使えばプロフィルやリンクから所属大学を簡単に割り出せる。さらに「いいね」などの機能で共感を示し、興味や関心のある分野を探りながら相手に近づくことができるからだ。公安調査庁によると、オウム真理教の後継団体「アレフ」も近年、SNSやビデオ通信システムなど非対面での勧誘活動を活発化。まずは素性を隠した上で、イベントやボランティアへの参加募集を装って接触している。同団体は昨年、約60人の新規入会者を獲得したとみられるが、うち7割近くが34歳以下の若者だったという。オンラインでの勧誘は誰からも目撃されないため、人知れずカルトに入会してしまう恐れがある。軽い気持ちでも一度入会すれば抜けるのが難しく、これまでの対人関係が崩壊したり多額の金銭を搾取されたりするケースも少なくない。こうした状況を踏まえ、各大学はホームページなどで注意を喚起。日本脱カルト協会も保護者向けにカルトの危険性や注意点などをまとめたパンフレットを今年2月に作成し、配布している。西田教授は「まずはカルトに対する予備知識を持ってもらうことが重要。保護者の意識も高めて、ささいな変化に気づいてもらって子供たちを守ってほしい」と強調。その上で「トラブルの多いオンラインセミナーなどを社会的に監視する手立ても必要だ」と話している。(江森梓)
対面で新しい人間関係を築くのが困難な状況に置かれている上、SNSを使えばプロフィルやリンクから所属大学を簡単に割り出せる。さらに「いいね」などの機能で共感を示し、興味や関心のある分野を探りながら相手に近づくことができるからだ。公安調査庁によると、オウム真理教の後継団体「アレフ」も近年、SNSやビデオ通信システムなど非対面での勧誘活動を活発化。まずは素性を隠した上で、イベントやボランティアへの参加募集を装って接触している。同団体は昨年、約60人の新規入会者を獲得したとみられるが、うち7割近くが34歳以下の若者だったという。オンラインでの勧誘は誰からも目撃されないため、人知れずカルトに入会してしまう恐れがある。軽い気持ちでも一度入会すれば抜けるのが難しく、これまでの対人関係が崩壊したり多額の金銭を搾取されたりするケースも少なくない。こうした状況を踏まえ、各大学はホームページなどで注意を喚起。日本脱カルト協会も保護者向けにカルトの危険性や注意点などをまとめたパンフレットを今年2月に作成し、配布している。西田教授は「まずはカルトに対する予備知識を持ってもらうことが重要。保護者の意識も高めて、ささいな変化に気づいてもらって子供たちを守ってほしい」と強調。その上で「トラブルの多いオンラインセミナーなどを社会的に監視する手立ても必要だ」と話している。(江森梓)
公安調査庁によると、オウム真理教の後継団体「アレフ」も近年、SNSやビデオ通信システムなど非対面での勧誘活動を活発化。まずは素性を隠した上で、イベントやボランティアへの参加募集を装って接触している。同団体は昨年、約60人の新規入会者を獲得したとみられるが、うち7割近くが34歳以下の若者だったという。オンラインでの勧誘は誰からも目撃されないため、人知れずカルトに入会してしまう恐れがある。軽い気持ちでも一度入会すれば抜けるのが難しく、これまでの対人関係が崩壊したり多額の金銭を搾取されたりするケースも少なくない。こうした状況を踏まえ、各大学はホームページなどで注意を喚起。日本脱カルト協会も保護者向けにカルトの危険性や注意点などをまとめたパンフレットを今年2月に作成し、配布している。西田教授は「まずはカルトに対する予備知識を持ってもらうことが重要。保護者の意識も高めて、ささいな変化に気づいてもらって子供たちを守ってほしい」と強調。その上で「トラブルの多いオンラインセミナーなどを社会的に監視する手立ても必要だ」と話している。(江森梓)
オンラインでの勧誘は誰からも目撃されないため、人知れずカルトに入会してしまう恐れがある。軽い気持ちでも一度入会すれば抜けるのが難しく、これまでの対人関係が崩壊したり多額の金銭を搾取されたりするケースも少なくない。こうした状況を踏まえ、各大学はホームページなどで注意を喚起。日本脱カルト協会も保護者向けにカルトの危険性や注意点などをまとめたパンフレットを今年2月に作成し、配布している。西田教授は「まずはカルトに対する予備知識を持ってもらうことが重要。保護者の意識も高めて、ささいな変化に気づいてもらって子供たちを守ってほしい」と強調。その上で「トラブルの多いオンラインセミナーなどを社会的に監視する手立ても必要だ」と話している。(江森梓)
こうした状況を踏まえ、各大学はホームページなどで注意を喚起。日本脱カルト協会も保護者向けにカルトの危険性や注意点などをまとめたパンフレットを今年2月に作成し、配布している。西田教授は「まずはカルトに対する予備知識を持ってもらうことが重要。保護者の意識も高めて、ささいな変化に気づいてもらって子供たちを守ってほしい」と強調。その上で「トラブルの多いオンラインセミナーなどを社会的に監視する手立ても必要だ」と話している。(江森梓)
西田教授は「まずはカルトに対する予備知識を持ってもらうことが重要。保護者の意識も高めて、ささいな変化に気づいてもらって子供たちを守ってほしい」と強調。その上で「トラブルの多いオンラインセミナーなどを社会的に監視する手立ても必要だ」と話している。(江森梓)