東京でゲリラ豪雨、栃木では雷や雹も 21時頃まで注意

2021/05/30 14:50 ウェザーニュース
昼過ぎになって、東京でも大粒の雨が降り出しました。また、一旦晴れ間が広がった栃木県では新たに雨雲が発生し、雷や雹をもたらしています。北関東は18時頃にかけて、南関東は21時頃にかけて、天気の急変に注意が必要です。
気圧の谷が通過して、関東では大気の状態が不安定になっています。栃木県では、午前中に宇都宮などで雨を降らせた雨雲は離れたものの、山で新たに雨雲が発生・発達し、再び雨のエリアが広がってきました。雷が発生しており、さくら市や那須烏山市周辺では雹も降っています。雨雲には動きがありますが、栃木県や茨城県ではこの後18時頃にかけて雨雲が発達しやすい状態が続きます。雷や雹に加え、突風にも警戒が必要です。
東京・多摩地方でも雨雲が発生し、上空の西風に乗って東京都心に流れ込んできました。活発な雨雲も含まれていて、大粒の雨や強い雨を降らせています。南関東は21時頃にかけて、不安定な状態が続きます。一旦雨雲が遠ざかっても、新たに雨雲が発生する可能性がありますので油断は禁物です。
写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)