楽天・三木谷浩史会長、ベトナムで新たな変異型が発見との報道に「五輪強行するリスクは大きすぎる」

楽天グループの三木谷浩史会長兼社長が30日、自身のツイッターを更新した。
三木谷氏は「インド型と英国型のハイブリッド変異株、ベトナムで発見」と英語で題したネット記事をアップした。記事は、ベトナムのグエン・タン・ロン保健相がインドとイギリスのCOVID―19の変異体が空気によって急速に広がるコロナウイルスの新しい変異体を検出したことを伝えている。
この記事を受け三木谷氏は「インド型と英国型のハイブリッドがベトナムで見つかったという記事」とした上で「五輪強行するリスクは大きすぎる。選手、関係者、報道陣全てにワクチンをマストにするなら話はわかるが」とツイートしていた。