国内最高齢のアメリカバイソン死ぬ 静岡・日本平動物園

静岡市立日本平動物園で人気者だったアメリカバイソンの「モモ」(メス)が26日、老衰のため死んだ。
国内最高齢の28歳だった。
モモは1993年5月に群馬サファリパーク(群馬県富岡市)で生まれ、95年に同園へ。一緒に暮らしていた2頭が2013年と15年に死んでからは、1頭で過ごしていた。少し気の強い性格だったモモ。最近は日なたぼっこをして昼寝をするのが日課だった。
15日ごろから食欲がなくなり、立てないように。28歳の誕生日から4日後の26日午後4時半ごろ、飼育員らが見守るなか息を引き取った。同園によると、アメリカバイソンの平均寿命は15~20歳という。献花所が約2週間設置される。(玉木祥子)