親子3人乗り自転車突き飛ばす 殺人未遂容疑で男送検

親子3人が乗った自転車を車道側に突き飛ばして殺害しようとしたとして、大阪府警寝屋川署は30日、傷害容疑で現行犯逮捕した無職、渡辺賢太郎容疑者(29)=大阪府寝屋川市三井南町=について、容疑を殺人未遂に切り替えて送検した。
「横にいた自転車にぶつかっただけ。わざと押したわけではない」などと容疑を否認している。
送検容疑は28日午後4時55分ごろ、同市日新町の歩道を6歳と1歳の子供を乗せて走っていた女性(36)の自転車を車道側に突き飛ばし、殺害しようとしたとしている。
同署によると、近くの交番に通行人から「女性が突き飛ばされた」と通報があり、駆け付けた警察官が傷害の疑いで渡辺容疑者を現行犯逮捕。現場が交通量の多い幹線道路だったことなどから、容疑を殺人未遂に切り替えた。親子3人は腕や脚に軽傷を負うなどしたが、命に別条はない。