野菜サラダ普及はここから 日本の食卓を変えた1964年の東京五輪

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、開催自体に疑問の声も多い東京五輪2020。あまりうれしくない形で歴史に残る大会となりそうだが、1964年に行われた前回の東京五輪は、日本の高度経済成長を後押しした重要な大会だった。そして、1964年を境に、様々な分野に変革が起きていたという。1964年前後の「食」と「ファッション」を振り返る。
【写真】1964年の五輪開催中、「ニッポンのサラダはステキ」とPRした日清オイリオグループの新聞広告。なぜか「故郷(フランス)の友人にも食べさせてあげたい」と語る外国人モデルが登場
冷凍食品は、選手村で提供する食事用に採用された“業務用”から、身近なものとなっていった。
「1963年8月の試食会では、冷凍と生鮮素材で作り、どちらかわからないようにして食べてもらって、後で種明かしをしました。佐藤栄作五輪担当相からは、『どちらもおいしいよ』と、高評価をいただいたそうです」(ニチレイフーズ・広報)
これも2~3年前から議論を重ね、輸送の効率化や集中管理の方法、規格などを細かく話し合い、ノウハウを深めていった成果といえよう。
その後、1963年にダイエー三宮店(兵庫県)に冷凍食品売り場が登場するなど、家庭にも徐々に広がっていった。
野菜サラダについては、東京五輪開催期間中の日清サラダ油の広告が注目された。当時の日本では野菜栽培の肥料に人糞尿が使われ、野菜を生で食すのに抵抗があったからだ。 ところが、欧米では生野菜のサラダを食べると知ると、化学肥料や農薬での衛生的な栽培へ徐々に転換し始め、五輪以降、化学肥料によるレタスやトマトなどの生産も増え、生野菜が食べられるようになっていったのだ。若者たちがおしゃれに目覚めて、街へ出た 1964年9月12日には、銀座のみゆき通りにたむろしていた若者が、一斉取り締まりで補導され、ニュースになった。テレビプロデューサーのテリー伊藤さん(71才・当時14才)はこう話す。「実は、ぼくもみゆき族でした。ベージュのコットンパンツかバミューダパンツをはき、上はボタンダウンシャツ、靴はコインローファーで、短めのパンツの下に白の靴下をのぞかせる。VANのロゴ入り“ズダ袋”を小脇に抱えて新宿でも渋谷でも池袋でもなく、銀座のみゆき通りに集まり、ただ歩く。何も悪いことはしていないけど、いま路上飲みをしている若者のように、お店の人からしたら、異質な存在だったのかもしれないね」 男性のみゆき族は、当時大学生を中心とした若者に定着したアイビールックをやや崩したスタイルだったという。 これに対して、女性のみゆき族はロングスカートにぺちゃんこ靴、肩でセーターを結ぶのが典型的スタイルだった。生活史研究家で作家の阿古真理さんが解説する。「ミニスカートブームは1967年当時、“ミニの女王”と呼ばれたツイッギーの来日で旋風が起こるので、もう少し後。1964年頃はまだ女性の既製服が少なく、地味で上品な服をスタイルブックや主婦雑誌の付録の型紙で、自前で作るのが主流でした」 戦後の洋裁ブームの流れで、ミシンのある家が多かったのも、この時代ならではだ。取材・文/北武司※女性セブン2021年6月10日号
ところが、欧米では生野菜のサラダを食べると知ると、化学肥料や農薬での衛生的な栽培へ徐々に転換し始め、五輪以降、化学肥料によるレタスやトマトなどの生産も増え、生野菜が食べられるようになっていったのだ。若者たちがおしゃれに目覚めて、街へ出た 1964年9月12日には、銀座のみゆき通りにたむろしていた若者が、一斉取り締まりで補導され、ニュースになった。テレビプロデューサーのテリー伊藤さん(71才・当時14才)はこう話す。「実は、ぼくもみゆき族でした。ベージュのコットンパンツかバミューダパンツをはき、上はボタンダウンシャツ、靴はコインローファーで、短めのパンツの下に白の靴下をのぞかせる。VANのロゴ入り“ズダ袋”を小脇に抱えて新宿でも渋谷でも池袋でもなく、銀座のみゆき通りに集まり、ただ歩く。何も悪いことはしていないけど、いま路上飲みをしている若者のように、お店の人からしたら、異質な存在だったのかもしれないね」 男性のみゆき族は、当時大学生を中心とした若者に定着したアイビールックをやや崩したスタイルだったという。 これに対して、女性のみゆき族はロングスカートにぺちゃんこ靴、肩でセーターを結ぶのが典型的スタイルだった。生活史研究家で作家の阿古真理さんが解説する。「ミニスカートブームは1967年当時、“ミニの女王”と呼ばれたツイッギーの来日で旋風が起こるので、もう少し後。1964年頃はまだ女性の既製服が少なく、地味で上品な服をスタイルブックや主婦雑誌の付録の型紙で、自前で作るのが主流でした」 戦後の洋裁ブームの流れで、ミシンのある家が多かったのも、この時代ならではだ。取材・文/北武司※女性セブン2021年6月10日号
1964年9月12日には、銀座のみゆき通りにたむろしていた若者が、一斉取り締まりで補導され、ニュースになった。テレビプロデューサーのテリー伊藤さん(71才・当時14才)はこう話す。「実は、ぼくもみゆき族でした。ベージュのコットンパンツかバミューダパンツをはき、上はボタンダウンシャツ、靴はコインローファーで、短めのパンツの下に白の靴下をのぞかせる。VANのロゴ入り“ズダ袋”を小脇に抱えて新宿でも渋谷でも池袋でもなく、銀座のみゆき通りに集まり、ただ歩く。何も悪いことはしていないけど、いま路上飲みをしている若者のように、お店の人からしたら、異質な存在だったのかもしれないね」 男性のみゆき族は、当時大学生を中心とした若者に定着したアイビールックをやや崩したスタイルだったという。 これに対して、女性のみゆき族はロングスカートにぺちゃんこ靴、肩でセーターを結ぶのが典型的スタイルだった。生活史研究家で作家の阿古真理さんが解説する。「ミニスカートブームは1967年当時、“ミニの女王”と呼ばれたツイッギーの来日で旋風が起こるので、もう少し後。1964年頃はまだ女性の既製服が少なく、地味で上品な服をスタイルブックや主婦雑誌の付録の型紙で、自前で作るのが主流でした」 戦後の洋裁ブームの流れで、ミシンのある家が多かったのも、この時代ならではだ。取材・文/北武司※女性セブン2021年6月10日号
「実は、ぼくもみゆき族でした。ベージュのコットンパンツかバミューダパンツをはき、上はボタンダウンシャツ、靴はコインローファーで、短めのパンツの下に白の靴下をのぞかせる。VANのロゴ入り“ズダ袋”を小脇に抱えて新宿でも渋谷でも池袋でもなく、銀座のみゆき通りに集まり、ただ歩く。何も悪いことはしていないけど、いま路上飲みをしている若者のように、お店の人からしたら、異質な存在だったのかもしれないね」 男性のみゆき族は、当時大学生を中心とした若者に定着したアイビールックをやや崩したスタイルだったという。 これに対して、女性のみゆき族はロングスカートにぺちゃんこ靴、肩でセーターを結ぶのが典型的スタイルだった。生活史研究家で作家の阿古真理さんが解説する。「ミニスカートブームは1967年当時、“ミニの女王”と呼ばれたツイッギーの来日で旋風が起こるので、もう少し後。1964年頃はまだ女性の既製服が少なく、地味で上品な服をスタイルブックや主婦雑誌の付録の型紙で、自前で作るのが主流でした」 戦後の洋裁ブームの流れで、ミシンのある家が多かったのも、この時代ならではだ。取材・文/北武司※女性セブン2021年6月10日号
男性のみゆき族は、当時大学生を中心とした若者に定着したアイビールックをやや崩したスタイルだったという。 これに対して、女性のみゆき族はロングスカートにぺちゃんこ靴、肩でセーターを結ぶのが典型的スタイルだった。生活史研究家で作家の阿古真理さんが解説する。「ミニスカートブームは1967年当時、“ミニの女王”と呼ばれたツイッギーの来日で旋風が起こるので、もう少し後。1964年頃はまだ女性の既製服が少なく、地味で上品な服をスタイルブックや主婦雑誌の付録の型紙で、自前で作るのが主流でした」 戦後の洋裁ブームの流れで、ミシンのある家が多かったのも、この時代ならではだ。取材・文/北武司※女性セブン2021年6月10日号
これに対して、女性のみゆき族はロングスカートにぺちゃんこ靴、肩でセーターを結ぶのが典型的スタイルだった。生活史研究家で作家の阿古真理さんが解説する。「ミニスカートブームは1967年当時、“ミニの女王”と呼ばれたツイッギーの来日で旋風が起こるので、もう少し後。1964年頃はまだ女性の既製服が少なく、地味で上品な服をスタイルブックや主婦雑誌の付録の型紙で、自前で作るのが主流でした」 戦後の洋裁ブームの流れで、ミシンのある家が多かったのも、この時代ならではだ。取材・文/北武司※女性セブン2021年6月10日号
「ミニスカートブームは1967年当時、“ミニの女王”と呼ばれたツイッギーの来日で旋風が起こるので、もう少し後。1964年頃はまだ女性の既製服が少なく、地味で上品な服をスタイルブックや主婦雑誌の付録の型紙で、自前で作るのが主流でした」 戦後の洋裁ブームの流れで、ミシンのある家が多かったのも、この時代ならではだ。取材・文/北武司※女性セブン2021年6月10日号
戦後の洋裁ブームの流れで、ミシンのある家が多かったのも、この時代ならではだ。取材・文/北武司※女性セブン2021年6月10日号
取材・文/北武司※女性セブン2021年6月10日号
※女性セブン2021年6月10日号