政府「五輪選手村での酒禁止なし」 野党は「特別扱いだ」と批判

政府は31日の野党との会合で、東京オリンピック・パラリンピックの選手村での飲酒やアルコールの持ち込みが禁止されていないと明らかにした。選手の部屋などに食事を提供する「ケータリングサービス」にも酒が含まれるという。政府は10都道府県に発令している緊急事態宣言で、飲食店に酒の提供禁止を求めており、野党から「特別扱いだ」と批判が相次いだ。
「参加は自己責任」IOCが選手に同意書求める
内閣官房の東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局が、国会内で開かれた立憲民主、共産、国民民主、社民の野党4党の合同会合で明らかにした。同局幹部は選手への酒の提供について、「選手村の飲食は栄養管理などニーズに応じた食事提供が基本だ。その一環で競技終了後を想定して、選手の部屋などにケータリングサービスをする体制を整えており、酒も入っている」と説明した。
これに対し、立憲民主党の柚木道義衆院議員は会合で「店に酒を出すなと言いながら選手の特別扱いは理解を得られず、1人で飲まないかもしれないので感染リスクがある」と反発。共産党の小池晃書記局長も記者会見で「五輪と名前がつけば酒を出して飲んでいいとなると、日本中の居酒屋が『選手村』と名前を変えるんじゃないかと言いたくなるやり方だ。こういう筋の通らないことをやってはいけない」と批判した。【古川宗】