人気観光スポットが閉園に 新型コロナで来園者減少

砂で作られた巨大なアートや関東最大級といわれるポピー畑などが人気の千葉・館山市の観光施設「館山ファミリーパーク」。
新型コロナウイルスの影響で来園者が減少し、31日で閉園することになった。
訪れた人「子どもの時から何回か来ている。ちょっと残念というか、寂しい気持ち」、「あしたで閉まっちゃうということで、ちょっと寂しいなと思いながら来た」
最後の日曜日となった30日は、見頃となっているナデシコなどの花を見に、多くの家族連れが訪れた。
1977年に開園し、2021年で44年となる館山ファミリーパーク。
2014年に公開された吉永小百合さん主演の映画「ふしぎな岬の物語」のロケ地にもなった。
ところが、2019年の台風15号で、施設の一部が壊れるなど大きな被害を受けたうえ、2020年からの新型コロナの感染拡大で、営業を続けるのが困難になったという。
館山ファミリーパーク・長谷川元喜支配人「緊急事態宣言等もあり、お客さんが非常に少なくなっていて、前年と比べても、45%くらいのお客さんしか来園していただけないという状況になっている」
観光バスなど、団体客の減少が大きかったという。子どものころに両親に連れられてきたことがあるという男性は、「館山という場所の常夏感とかが記憶に残っていて、最後にちょっと、娘と思い出づくりをしようかなと思って来た」と話した。新型コロナで多くの観光施設が影響を受ける中、閉園を余儀なくされた館山ファミリーパーク。31日も館山市民の入場料を無料にするほか、千葉県内の観光施設の招待券などが当たるくじ引きなども行われている。
子どものころに両親に連れられてきたことがあるという男性は、「館山という場所の常夏感とかが記憶に残っていて、最後にちょっと、娘と思い出づくりをしようかなと思って来た」と話した。新型コロナで多くの観光施設が影響を受ける中、閉園を余儀なくされた館山ファミリーパーク。31日も館山市民の入場料を無料にするほか、千葉県内の観光施設の招待券などが当たるくじ引きなども行われている。
新型コロナで多くの観光施設が影響を受ける中、閉園を余儀なくされた館山ファミリーパーク。31日も館山市民の入場料を無料にするほか、千葉県内の観光施設の招待券などが当たるくじ引きなども行われている。
31日も館山市民の入場料を無料にするほか、千葉県内の観光施設の招待券などが当たるくじ引きなども行われている。