神戸市で“新たな変異ウイルス”を確認 従来のイギリス型にない変異

神戸市で新たな変異ウイルスが確認された。

【映像】ビニールシートの空気滞留が感染一因に 再現実験
神戸市によると、新たな変異ウイルスへの感染が確認されたのは神戸市内に住む海外渡航歴のない50代の男性。男性は先月17日に腹痛などの症状があり、PCR検査をしたところ陽性が判明し、イギリス型の変異ウイルスへの感染が確認された。その後、遺伝子の情報を調べるゲノム解析を行ったところ、きのうになり従来のイギリス型にはない変異を持つウイルスであることがわかった。
国立感染症研究所によると、この変異ウイルスが確認されたのは国内で初めてだということだ。この変異ウイルスは、感染力や重症化リスクが高いとされるイギリス型の特徴を持ち、さらにワクチンの効果を弱める可能性があるという。