「重ねておわび」 議員辞職願の菅原前経産相 今後は「一切白紙」

自民党の菅原一秀・前経済産業相(59)=衆院東京9区=は1日夜、選挙区内で現金を配ったとされる問題で、「本当に申し訳なく慚愧(ざんき)に堪えない。重ねておわび申し上げる」と陳謝するコメントを発表した。
【事務所が発表したコメント】
菅原氏は1日、自民党に離党届、大島理森衆院議長宛てに議員辞職願をそれぞれ提出した。各報道機関向けのコメントで、「私の政治活動において一部、公職選挙法に触れる部分があり、当局の事情聴取に丁寧に説明してきた」と経緯を説明。「けじめとして衆議院議員を辞職する決意をした」とも述べた。
菅原氏は今後の対応については「一切白紙」と説明している。【野間口陽】