「一蘭」カップ麺が490円でも「売り切れ続出」する納得のワケ こだわりが本気すぎる…

カップラーメンの販売価格といえば、コストパフォーマンスに優れたPB(プライベートブランド)商品だと税込70~130円前後、高級志向の商品でもコンビニで税込321円前後が相場の上限となっている印象が強い。
カップラーメン「一蘭 とんこつ」
その “常識” を真っ向から否定したのが、天然とんこつラーメン専門店「一蘭(いちらん)」の “こだわりすぎた” カップラーメン「一蘭 とんこつ」。2021年2月15日に、鳴り物入りのデビューを飾りました。
カップ麺で一蘭の味を再現してほしい……と、20年以上前から商品化の要望は寄せられていたそうですが、一蘭の譲れないこだわりをカップ麺で具現化するのは難しく、大手カップめんメーカーの技術をもってしても追い付かない、そんな状況が続いていました。
その実現に尽力したのが、大盛りバケツ型のパイオニア「スーパーカップ」や健康志向のブランド「わかめラーメン」「スープはるさめ」などを展開しているエースコックで、今回のカップ麺「一蘭 とんこつ」の製造にも深く携わっているのですが、ここで重要なのは “エースコックが開発した商品ではない” ということ。
あくまでも「一蘭 とんこつ」は “一蘭の開発した商品” で、エースコックは委託製造を受けるかたちで商品に携わり、販売もエースコックではなく株式会社一蘭が行っています。昨今の即席カップめん業界では珍しいプロセスが “常識” を打ち破れた最大の理由ともいえます。「ライバルはお店の一蘭」一部の例外もありますが、いわゆる有名店が監修した「ご当店」系のカップ麺は、メーカーが有名店に声を掛ける流れが基本。けれども「一蘭 とんこつ」は “一蘭がエースコックに製造を委託し、一蘭が販売している” ため、即席カップめん業界の常識や暗黙のルール的なものは通用しません。たとえばカップラーメンのステータスといっても過言ではない具材は “あえて入れておりません” という極端な仕様を取り入れ、それは「ラーメン本来の純粋な味わいを楽しんでいただくため」と、パッケージにも理由が記載されています。また販売価格も税込490円と高額な値段に設定されているのですが、これは限られたコストの中で可能な限り近い味を再現するのではなく、味を優先して全力を尽くしたら “この値段になった” という結果の現れともいえます。いずれも既存のカップ麺を基準にすると異例の試みです。「一蘭」の特許である店舗システム「味集中カウンター」 まるで「一蘭」の特許である店舗システム「味集中カウンター」を象徴するような、ただひたすらに麺・スープ・秘伝のたれが作り出す美味しさに向き合えるカップ麺。そのこだわり具合から、「ライバルはお店の一蘭」と銘打っているほどの同商品。はたして再現度は高いのか、一杯のカップ麺に税込490円も出す価値はあるのかどうか、徹底レビューしてみました。一蘭らしく、麺とスープで勝負あらためまして「一蘭」とは、福岡県福岡市博多区中洲に本社総本店を構える天然とんこつラーメン専門店で、1960年(昭和35年)創業者の故・中原貞之氏が福岡県福岡市百道に開業した1軒の屋台「双葉ラーメン」が前身。その当時から「ラーメンの中央に唐辛子ベースの赤いタレを浮かべる」独自のスタイルを確立し、1966年(昭和41年)屋号を「双葉ラーメン」から「一蘭」に改めました。実店舗の「天然とんこつラーメン」“オーダー用紙” で好みのラーメンを注文できるのも人気の秘訣現在の株式会社一蘭が運営している「一蘭」は、同社の代表取締役・吉冨学社長が先代(中原氏)から事業を受け継ぎ、1993年(平成5年)9月にオープンした福岡県福岡市南区の1号店「那の川店」を皮切りに拡大していきました。おいしさだけを最大限に抽出した天然とんこつスープは、とんこつ特有の余分なクセを完璧に取り除き、男性のみならず多くの女性ファンを抱えることでも知られ、スープとの相性を第一に優先した生麺には特別な小麦を独自にブレンド。そして、前述の屋台時代から受け継がれている、30種類の材料を調合・熟成させた “赤い秘伝のたれ” を中央に浮かべているのがアイデンティティとなっています。カップ麺には3種類の小袋を別添 そんな一蘭のラーメンを忠実に再現したという「一蘭 とんこつ」には、粉末スープ・液体スープ・秘伝のたれと合計3種類の小袋を別添。いずれの小袋も食べる直前に加える “後入れ” で、おそらく熱湯を注いでから麺を戻している間、麺に余計な負荷を与えないための工夫。ちなみに一般的なNB(ナショナルブランド)のカップラーメンに使われる麺は、大きく分けて「油揚げ麺(フライ麺)」と「ノンフライ麺」の2種類あり、どちらも保存性を高めるため、水分の含有量が3~6%程度になるまで乾燥させているのですが、そもそもの製造方法が異なります。たとえば「油揚げ麺」は文字通り “140~160℃の油で揚げて” 水分を飛ばしているのに対し、もう一方の「ノンフライ麺」は “80℃前後の熱風を当てて” 水分を飛ばしているのが特徴。今回の「一蘭 とんこつ」に使われている麺は後者となります。一般的なカップラーメンとは一線を画す油揚げ麺は特有のコクをスープに与えてくれる反面、それがスープの繊細な部分をマスキングしてしまう要因になりがち。対してノンフライ麺は油揚げ麺よりも高い技術とコストを要するのですが、より本物に近い質感を打ち出すことに長けた製法です。ほかにも蒸した麺を有機酸で処理した後に殺菌する「生タイプめん」や、信州の “凍り蕎麦” をヒントに考案された「氷結乾燥法」(茹でた麺を凍らせて乾燥させる手法)など、いくつか別の製麺方法も存在するのですが、近年のカップ麺は基本的に「油揚げ麺」もしくは「ノンフライ麺」が一般的です。再現度を高めるためにノンフライ麺を採用油揚げ麺もノンフライ麺も湯戻し時間は熱湯3分を基準とし、早いものだと60秒、長いものだと5分なので、その基準でみると「一蘭 とんこつ」の湯戻し時間は “熱湯4分” と長めの設定。なお一蘭の実店舗には “15秒の掟” というものがあり、ラーメンが出来上がってから15秒(28.8m)以内で提供することを徹底しています。麺の茹で時間を「超かた」にした場合はだいたい注文から2分前後、麺の茹で時間を「超やわ」にした場合はだいたい注文から4分前後といったところでしょうか。調理後はいたってシンプルな見た目 それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
あくまでも「一蘭 とんこつ」は “一蘭の開発した商品” で、エースコックは委託製造を受けるかたちで商品に携わり、販売もエースコックではなく株式会社一蘭が行っています。昨今の即席カップめん業界では珍しいプロセスが “常識” を打ち破れた最大の理由ともいえます。「ライバルはお店の一蘭」一部の例外もありますが、いわゆる有名店が監修した「ご当店」系のカップ麺は、メーカーが有名店に声を掛ける流れが基本。けれども「一蘭 とんこつ」は “一蘭がエースコックに製造を委託し、一蘭が販売している” ため、即席カップめん業界の常識や暗黙のルール的なものは通用しません。たとえばカップラーメンのステータスといっても過言ではない具材は “あえて入れておりません” という極端な仕様を取り入れ、それは「ラーメン本来の純粋な味わいを楽しんでいただくため」と、パッケージにも理由が記載されています。また販売価格も税込490円と高額な値段に設定されているのですが、これは限られたコストの中で可能な限り近い味を再現するのではなく、味を優先して全力を尽くしたら “この値段になった” という結果の現れともいえます。いずれも既存のカップ麺を基準にすると異例の試みです。「一蘭」の特許である店舗システム「味集中カウンター」 まるで「一蘭」の特許である店舗システム「味集中カウンター」を象徴するような、ただひたすらに麺・スープ・秘伝のたれが作り出す美味しさに向き合えるカップ麺。そのこだわり具合から、「ライバルはお店の一蘭」と銘打っているほどの同商品。はたして再現度は高いのか、一杯のカップ麺に税込490円も出す価値はあるのかどうか、徹底レビューしてみました。一蘭らしく、麺とスープで勝負あらためまして「一蘭」とは、福岡県福岡市博多区中洲に本社総本店を構える天然とんこつラーメン専門店で、1960年(昭和35年)創業者の故・中原貞之氏が福岡県福岡市百道に開業した1軒の屋台「双葉ラーメン」が前身。その当時から「ラーメンの中央に唐辛子ベースの赤いタレを浮かべる」独自のスタイルを確立し、1966年(昭和41年)屋号を「双葉ラーメン」から「一蘭」に改めました。実店舗の「天然とんこつラーメン」“オーダー用紙” で好みのラーメンを注文できるのも人気の秘訣現在の株式会社一蘭が運営している「一蘭」は、同社の代表取締役・吉冨学社長が先代(中原氏)から事業を受け継ぎ、1993年(平成5年)9月にオープンした福岡県福岡市南区の1号店「那の川店」を皮切りに拡大していきました。おいしさだけを最大限に抽出した天然とんこつスープは、とんこつ特有の余分なクセを完璧に取り除き、男性のみならず多くの女性ファンを抱えることでも知られ、スープとの相性を第一に優先した生麺には特別な小麦を独自にブレンド。そして、前述の屋台時代から受け継がれている、30種類の材料を調合・熟成させた “赤い秘伝のたれ” を中央に浮かべているのがアイデンティティとなっています。カップ麺には3種類の小袋を別添 そんな一蘭のラーメンを忠実に再現したという「一蘭 とんこつ」には、粉末スープ・液体スープ・秘伝のたれと合計3種類の小袋を別添。いずれの小袋も食べる直前に加える “後入れ” で、おそらく熱湯を注いでから麺を戻している間、麺に余計な負荷を与えないための工夫。ちなみに一般的なNB(ナショナルブランド)のカップラーメンに使われる麺は、大きく分けて「油揚げ麺(フライ麺)」と「ノンフライ麺」の2種類あり、どちらも保存性を高めるため、水分の含有量が3~6%程度になるまで乾燥させているのですが、そもそもの製造方法が異なります。たとえば「油揚げ麺」は文字通り “140~160℃の油で揚げて” 水分を飛ばしているのに対し、もう一方の「ノンフライ麺」は “80℃前後の熱風を当てて” 水分を飛ばしているのが特徴。今回の「一蘭 とんこつ」に使われている麺は後者となります。一般的なカップラーメンとは一線を画す油揚げ麺は特有のコクをスープに与えてくれる反面、それがスープの繊細な部分をマスキングしてしまう要因になりがち。対してノンフライ麺は油揚げ麺よりも高い技術とコストを要するのですが、より本物に近い質感を打ち出すことに長けた製法です。ほかにも蒸した麺を有機酸で処理した後に殺菌する「生タイプめん」や、信州の “凍り蕎麦” をヒントに考案された「氷結乾燥法」(茹でた麺を凍らせて乾燥させる手法)など、いくつか別の製麺方法も存在するのですが、近年のカップ麺は基本的に「油揚げ麺」もしくは「ノンフライ麺」が一般的です。再現度を高めるためにノンフライ麺を採用油揚げ麺もノンフライ麺も湯戻し時間は熱湯3分を基準とし、早いものだと60秒、長いものだと5分なので、その基準でみると「一蘭 とんこつ」の湯戻し時間は “熱湯4分” と長めの設定。なお一蘭の実店舗には “15秒の掟” というものがあり、ラーメンが出来上がってから15秒(28.8m)以内で提供することを徹底しています。麺の茹で時間を「超かた」にした場合はだいたい注文から2分前後、麺の茹で時間を「超やわ」にした場合はだいたい注文から4分前後といったところでしょうか。調理後はいたってシンプルな見た目 それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
昨今の即席カップめん業界では珍しいプロセスが “常識” を打ち破れた最大の理由ともいえます。「ライバルはお店の一蘭」一部の例外もありますが、いわゆる有名店が監修した「ご当店」系のカップ麺は、メーカーが有名店に声を掛ける流れが基本。けれども「一蘭 とんこつ」は “一蘭がエースコックに製造を委託し、一蘭が販売している” ため、即席カップめん業界の常識や暗黙のルール的なものは通用しません。たとえばカップラーメンのステータスといっても過言ではない具材は “あえて入れておりません” という極端な仕様を取り入れ、それは「ラーメン本来の純粋な味わいを楽しんでいただくため」と、パッケージにも理由が記載されています。また販売価格も税込490円と高額な値段に設定されているのですが、これは限られたコストの中で可能な限り近い味を再現するのではなく、味を優先して全力を尽くしたら “この値段になった” という結果の現れともいえます。いずれも既存のカップ麺を基準にすると異例の試みです。「一蘭」の特許である店舗システム「味集中カウンター」 まるで「一蘭」の特許である店舗システム「味集中カウンター」を象徴するような、ただひたすらに麺・スープ・秘伝のたれが作り出す美味しさに向き合えるカップ麺。そのこだわり具合から、「ライバルはお店の一蘭」と銘打っているほどの同商品。はたして再現度は高いのか、一杯のカップ麺に税込490円も出す価値はあるのかどうか、徹底レビューしてみました。一蘭らしく、麺とスープで勝負あらためまして「一蘭」とは、福岡県福岡市博多区中洲に本社総本店を構える天然とんこつラーメン専門店で、1960年(昭和35年)創業者の故・中原貞之氏が福岡県福岡市百道に開業した1軒の屋台「双葉ラーメン」が前身。その当時から「ラーメンの中央に唐辛子ベースの赤いタレを浮かべる」独自のスタイルを確立し、1966年(昭和41年)屋号を「双葉ラーメン」から「一蘭」に改めました。実店舗の「天然とんこつラーメン」“オーダー用紙” で好みのラーメンを注文できるのも人気の秘訣現在の株式会社一蘭が運営している「一蘭」は、同社の代表取締役・吉冨学社長が先代(中原氏)から事業を受け継ぎ、1993年(平成5年)9月にオープンした福岡県福岡市南区の1号店「那の川店」を皮切りに拡大していきました。おいしさだけを最大限に抽出した天然とんこつスープは、とんこつ特有の余分なクセを完璧に取り除き、男性のみならず多くの女性ファンを抱えることでも知られ、スープとの相性を第一に優先した生麺には特別な小麦を独自にブレンド。そして、前述の屋台時代から受け継がれている、30種類の材料を調合・熟成させた “赤い秘伝のたれ” を中央に浮かべているのがアイデンティティとなっています。カップ麺には3種類の小袋を別添 そんな一蘭のラーメンを忠実に再現したという「一蘭 とんこつ」には、粉末スープ・液体スープ・秘伝のたれと合計3種類の小袋を別添。いずれの小袋も食べる直前に加える “後入れ” で、おそらく熱湯を注いでから麺を戻している間、麺に余計な負荷を与えないための工夫。ちなみに一般的なNB(ナショナルブランド)のカップラーメンに使われる麺は、大きく分けて「油揚げ麺(フライ麺)」と「ノンフライ麺」の2種類あり、どちらも保存性を高めるため、水分の含有量が3~6%程度になるまで乾燥させているのですが、そもそもの製造方法が異なります。たとえば「油揚げ麺」は文字通り “140~160℃の油で揚げて” 水分を飛ばしているのに対し、もう一方の「ノンフライ麺」は “80℃前後の熱風を当てて” 水分を飛ばしているのが特徴。今回の「一蘭 とんこつ」に使われている麺は後者となります。一般的なカップラーメンとは一線を画す油揚げ麺は特有のコクをスープに与えてくれる反面、それがスープの繊細な部分をマスキングしてしまう要因になりがち。対してノンフライ麺は油揚げ麺よりも高い技術とコストを要するのですが、より本物に近い質感を打ち出すことに長けた製法です。ほかにも蒸した麺を有機酸で処理した後に殺菌する「生タイプめん」や、信州の “凍り蕎麦” をヒントに考案された「氷結乾燥法」(茹でた麺を凍らせて乾燥させる手法)など、いくつか別の製麺方法も存在するのですが、近年のカップ麺は基本的に「油揚げ麺」もしくは「ノンフライ麺」が一般的です。再現度を高めるためにノンフライ麺を採用油揚げ麺もノンフライ麺も湯戻し時間は熱湯3分を基準とし、早いものだと60秒、長いものだと5分なので、その基準でみると「一蘭 とんこつ」の湯戻し時間は “熱湯4分” と長めの設定。なお一蘭の実店舗には “15秒の掟” というものがあり、ラーメンが出来上がってから15秒(28.8m)以内で提供することを徹底しています。麺の茹で時間を「超かた」にした場合はだいたい注文から2分前後、麺の茹で時間を「超やわ」にした場合はだいたい注文から4分前後といったところでしょうか。調理後はいたってシンプルな見た目 それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
一部の例外もありますが、いわゆる有名店が監修した「ご当店」系のカップ麺は、メーカーが有名店に声を掛ける流れが基本。けれども「一蘭 とんこつ」は “一蘭がエースコックに製造を委託し、一蘭が販売している” ため、即席カップめん業界の常識や暗黙のルール的なものは通用しません。たとえばカップラーメンのステータスといっても過言ではない具材は “あえて入れておりません” という極端な仕様を取り入れ、それは「ラーメン本来の純粋な味わいを楽しんでいただくため」と、パッケージにも理由が記載されています。また販売価格も税込490円と高額な値段に設定されているのですが、これは限られたコストの中で可能な限り近い味を再現するのではなく、味を優先して全力を尽くしたら “この値段になった” という結果の現れともいえます。いずれも既存のカップ麺を基準にすると異例の試みです。「一蘭」の特許である店舗システム「味集中カウンター」 まるで「一蘭」の特許である店舗システム「味集中カウンター」を象徴するような、ただひたすらに麺・スープ・秘伝のたれが作り出す美味しさに向き合えるカップ麺。そのこだわり具合から、「ライバルはお店の一蘭」と銘打っているほどの同商品。はたして再現度は高いのか、一杯のカップ麺に税込490円も出す価値はあるのかどうか、徹底レビューしてみました。一蘭らしく、麺とスープで勝負あらためまして「一蘭」とは、福岡県福岡市博多区中洲に本社総本店を構える天然とんこつラーメン専門店で、1960年(昭和35年)創業者の故・中原貞之氏が福岡県福岡市百道に開業した1軒の屋台「双葉ラーメン」が前身。その当時から「ラーメンの中央に唐辛子ベースの赤いタレを浮かべる」独自のスタイルを確立し、1966年(昭和41年)屋号を「双葉ラーメン」から「一蘭」に改めました。実店舗の「天然とんこつラーメン」“オーダー用紙” で好みのラーメンを注文できるのも人気の秘訣現在の株式会社一蘭が運営している「一蘭」は、同社の代表取締役・吉冨学社長が先代(中原氏)から事業を受け継ぎ、1993年(平成5年)9月にオープンした福岡県福岡市南区の1号店「那の川店」を皮切りに拡大していきました。おいしさだけを最大限に抽出した天然とんこつスープは、とんこつ特有の余分なクセを完璧に取り除き、男性のみならず多くの女性ファンを抱えることでも知られ、スープとの相性を第一に優先した生麺には特別な小麦を独自にブレンド。そして、前述の屋台時代から受け継がれている、30種類の材料を調合・熟成させた “赤い秘伝のたれ” を中央に浮かべているのがアイデンティティとなっています。カップ麺には3種類の小袋を別添 そんな一蘭のラーメンを忠実に再現したという「一蘭 とんこつ」には、粉末スープ・液体スープ・秘伝のたれと合計3種類の小袋を別添。いずれの小袋も食べる直前に加える “後入れ” で、おそらく熱湯を注いでから麺を戻している間、麺に余計な負荷を与えないための工夫。ちなみに一般的なNB(ナショナルブランド)のカップラーメンに使われる麺は、大きく分けて「油揚げ麺(フライ麺)」と「ノンフライ麺」の2種類あり、どちらも保存性を高めるため、水分の含有量が3~6%程度になるまで乾燥させているのですが、そもそもの製造方法が異なります。たとえば「油揚げ麺」は文字通り “140~160℃の油で揚げて” 水分を飛ばしているのに対し、もう一方の「ノンフライ麺」は “80℃前後の熱風を当てて” 水分を飛ばしているのが特徴。今回の「一蘭 とんこつ」に使われている麺は後者となります。一般的なカップラーメンとは一線を画す油揚げ麺は特有のコクをスープに与えてくれる反面、それがスープの繊細な部分をマスキングしてしまう要因になりがち。対してノンフライ麺は油揚げ麺よりも高い技術とコストを要するのですが、より本物に近い質感を打ち出すことに長けた製法です。ほかにも蒸した麺を有機酸で処理した後に殺菌する「生タイプめん」や、信州の “凍り蕎麦” をヒントに考案された「氷結乾燥法」(茹でた麺を凍らせて乾燥させる手法)など、いくつか別の製麺方法も存在するのですが、近年のカップ麺は基本的に「油揚げ麺」もしくは「ノンフライ麺」が一般的です。再現度を高めるためにノンフライ麺を採用油揚げ麺もノンフライ麺も湯戻し時間は熱湯3分を基準とし、早いものだと60秒、長いものだと5分なので、その基準でみると「一蘭 とんこつ」の湯戻し時間は “熱湯4分” と長めの設定。なお一蘭の実店舗には “15秒の掟” というものがあり、ラーメンが出来上がってから15秒(28.8m)以内で提供することを徹底しています。麺の茹で時間を「超かた」にした場合はだいたい注文から2分前後、麺の茹で時間を「超やわ」にした場合はだいたい注文から4分前後といったところでしょうか。調理後はいたってシンプルな見た目 それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
たとえばカップラーメンのステータスといっても過言ではない具材は “あえて入れておりません” という極端な仕様を取り入れ、それは「ラーメン本来の純粋な味わいを楽しんでいただくため」と、パッケージにも理由が記載されています。また販売価格も税込490円と高額な値段に設定されているのですが、これは限られたコストの中で可能な限り近い味を再現するのではなく、味を優先して全力を尽くしたら “この値段になった” という結果の現れともいえます。いずれも既存のカップ麺を基準にすると異例の試みです。「一蘭」の特許である店舗システム「味集中カウンター」 まるで「一蘭」の特許である店舗システム「味集中カウンター」を象徴するような、ただひたすらに麺・スープ・秘伝のたれが作り出す美味しさに向き合えるカップ麺。そのこだわり具合から、「ライバルはお店の一蘭」と銘打っているほどの同商品。はたして再現度は高いのか、一杯のカップ麺に税込490円も出す価値はあるのかどうか、徹底レビューしてみました。一蘭らしく、麺とスープで勝負あらためまして「一蘭」とは、福岡県福岡市博多区中洲に本社総本店を構える天然とんこつラーメン専門店で、1960年(昭和35年)創業者の故・中原貞之氏が福岡県福岡市百道に開業した1軒の屋台「双葉ラーメン」が前身。その当時から「ラーメンの中央に唐辛子ベースの赤いタレを浮かべる」独自のスタイルを確立し、1966年(昭和41年)屋号を「双葉ラーメン」から「一蘭」に改めました。実店舗の「天然とんこつラーメン」“オーダー用紙” で好みのラーメンを注文できるのも人気の秘訣現在の株式会社一蘭が運営している「一蘭」は、同社の代表取締役・吉冨学社長が先代(中原氏)から事業を受け継ぎ、1993年(平成5年)9月にオープンした福岡県福岡市南区の1号店「那の川店」を皮切りに拡大していきました。おいしさだけを最大限に抽出した天然とんこつスープは、とんこつ特有の余分なクセを完璧に取り除き、男性のみならず多くの女性ファンを抱えることでも知られ、スープとの相性を第一に優先した生麺には特別な小麦を独自にブレンド。そして、前述の屋台時代から受け継がれている、30種類の材料を調合・熟成させた “赤い秘伝のたれ” を中央に浮かべているのがアイデンティティとなっています。カップ麺には3種類の小袋を別添 そんな一蘭のラーメンを忠実に再現したという「一蘭 とんこつ」には、粉末スープ・液体スープ・秘伝のたれと合計3種類の小袋を別添。いずれの小袋も食べる直前に加える “後入れ” で、おそらく熱湯を注いでから麺を戻している間、麺に余計な負荷を与えないための工夫。ちなみに一般的なNB(ナショナルブランド)のカップラーメンに使われる麺は、大きく分けて「油揚げ麺(フライ麺)」と「ノンフライ麺」の2種類あり、どちらも保存性を高めるため、水分の含有量が3~6%程度になるまで乾燥させているのですが、そもそもの製造方法が異なります。たとえば「油揚げ麺」は文字通り “140~160℃の油で揚げて” 水分を飛ばしているのに対し、もう一方の「ノンフライ麺」は “80℃前後の熱風を当てて” 水分を飛ばしているのが特徴。今回の「一蘭 とんこつ」に使われている麺は後者となります。一般的なカップラーメンとは一線を画す油揚げ麺は特有のコクをスープに与えてくれる反面、それがスープの繊細な部分をマスキングしてしまう要因になりがち。対してノンフライ麺は油揚げ麺よりも高い技術とコストを要するのですが、より本物に近い質感を打ち出すことに長けた製法です。ほかにも蒸した麺を有機酸で処理した後に殺菌する「生タイプめん」や、信州の “凍り蕎麦” をヒントに考案された「氷結乾燥法」(茹でた麺を凍らせて乾燥させる手法)など、いくつか別の製麺方法も存在するのですが、近年のカップ麺は基本的に「油揚げ麺」もしくは「ノンフライ麺」が一般的です。再現度を高めるためにノンフライ麺を採用油揚げ麺もノンフライ麺も湯戻し時間は熱湯3分を基準とし、早いものだと60秒、長いものだと5分なので、その基準でみると「一蘭 とんこつ」の湯戻し時間は “熱湯4分” と長めの設定。なお一蘭の実店舗には “15秒の掟” というものがあり、ラーメンが出来上がってから15秒(28.8m)以内で提供することを徹底しています。麺の茹で時間を「超かた」にした場合はだいたい注文から2分前後、麺の茹で時間を「超やわ」にした場合はだいたい注文から4分前後といったところでしょうか。調理後はいたってシンプルな見た目 それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
また販売価格も税込490円と高額な値段に設定されているのですが、これは限られたコストの中で可能な限り近い味を再現するのではなく、味を優先して全力を尽くしたら “この値段になった” という結果の現れともいえます。いずれも既存のカップ麺を基準にすると異例の試みです。「一蘭」の特許である店舗システム「味集中カウンター」 まるで「一蘭」の特許である店舗システム「味集中カウンター」を象徴するような、ただひたすらに麺・スープ・秘伝のたれが作り出す美味しさに向き合えるカップ麺。そのこだわり具合から、「ライバルはお店の一蘭」と銘打っているほどの同商品。はたして再現度は高いのか、一杯のカップ麺に税込490円も出す価値はあるのかどうか、徹底レビューしてみました。一蘭らしく、麺とスープで勝負あらためまして「一蘭」とは、福岡県福岡市博多区中洲に本社総本店を構える天然とんこつラーメン専門店で、1960年(昭和35年)創業者の故・中原貞之氏が福岡県福岡市百道に開業した1軒の屋台「双葉ラーメン」が前身。その当時から「ラーメンの中央に唐辛子ベースの赤いタレを浮かべる」独自のスタイルを確立し、1966年(昭和41年)屋号を「双葉ラーメン」から「一蘭」に改めました。実店舗の「天然とんこつラーメン」“オーダー用紙” で好みのラーメンを注文できるのも人気の秘訣現在の株式会社一蘭が運営している「一蘭」は、同社の代表取締役・吉冨学社長が先代(中原氏)から事業を受け継ぎ、1993年(平成5年)9月にオープンした福岡県福岡市南区の1号店「那の川店」を皮切りに拡大していきました。おいしさだけを最大限に抽出した天然とんこつスープは、とんこつ特有の余分なクセを完璧に取り除き、男性のみならず多くの女性ファンを抱えることでも知られ、スープとの相性を第一に優先した生麺には特別な小麦を独自にブレンド。そして、前述の屋台時代から受け継がれている、30種類の材料を調合・熟成させた “赤い秘伝のたれ” を中央に浮かべているのがアイデンティティとなっています。カップ麺には3種類の小袋を別添 そんな一蘭のラーメンを忠実に再現したという「一蘭 とんこつ」には、粉末スープ・液体スープ・秘伝のたれと合計3種類の小袋を別添。いずれの小袋も食べる直前に加える “後入れ” で、おそらく熱湯を注いでから麺を戻している間、麺に余計な負荷を与えないための工夫。ちなみに一般的なNB(ナショナルブランド)のカップラーメンに使われる麺は、大きく分けて「油揚げ麺(フライ麺)」と「ノンフライ麺」の2種類あり、どちらも保存性を高めるため、水分の含有量が3~6%程度になるまで乾燥させているのですが、そもそもの製造方法が異なります。たとえば「油揚げ麺」は文字通り “140~160℃の油で揚げて” 水分を飛ばしているのに対し、もう一方の「ノンフライ麺」は “80℃前後の熱風を当てて” 水分を飛ばしているのが特徴。今回の「一蘭 とんこつ」に使われている麺は後者となります。一般的なカップラーメンとは一線を画す油揚げ麺は特有のコクをスープに与えてくれる反面、それがスープの繊細な部分をマスキングしてしまう要因になりがち。対してノンフライ麺は油揚げ麺よりも高い技術とコストを要するのですが、より本物に近い質感を打ち出すことに長けた製法です。ほかにも蒸した麺を有機酸で処理した後に殺菌する「生タイプめん」や、信州の “凍り蕎麦” をヒントに考案された「氷結乾燥法」(茹でた麺を凍らせて乾燥させる手法)など、いくつか別の製麺方法も存在するのですが、近年のカップ麺は基本的に「油揚げ麺」もしくは「ノンフライ麺」が一般的です。再現度を高めるためにノンフライ麺を採用油揚げ麺もノンフライ麺も湯戻し時間は熱湯3分を基準とし、早いものだと60秒、長いものだと5分なので、その基準でみると「一蘭 とんこつ」の湯戻し時間は “熱湯4分” と長めの設定。なお一蘭の実店舗には “15秒の掟” というものがあり、ラーメンが出来上がってから15秒(28.8m)以内で提供することを徹底しています。麺の茹で時間を「超かた」にした場合はだいたい注文から2分前後、麺の茹で時間を「超やわ」にした場合はだいたい注文から4分前後といったところでしょうか。調理後はいたってシンプルな見た目 それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
「一蘭」の特許である店舗システム「味集中カウンター」 まるで「一蘭」の特許である店舗システム「味集中カウンター」を象徴するような、ただひたすらに麺・スープ・秘伝のたれが作り出す美味しさに向き合えるカップ麺。そのこだわり具合から、「ライバルはお店の一蘭」と銘打っているほどの同商品。はたして再現度は高いのか、一杯のカップ麺に税込490円も出す価値はあるのかどうか、徹底レビューしてみました。一蘭らしく、麺とスープで勝負あらためまして「一蘭」とは、福岡県福岡市博多区中洲に本社総本店を構える天然とんこつラーメン専門店で、1960年(昭和35年)創業者の故・中原貞之氏が福岡県福岡市百道に開業した1軒の屋台「双葉ラーメン」が前身。その当時から「ラーメンの中央に唐辛子ベースの赤いタレを浮かべる」独自のスタイルを確立し、1966年(昭和41年)屋号を「双葉ラーメン」から「一蘭」に改めました。実店舗の「天然とんこつラーメン」“オーダー用紙” で好みのラーメンを注文できるのも人気の秘訣現在の株式会社一蘭が運営している「一蘭」は、同社の代表取締役・吉冨学社長が先代(中原氏)から事業を受け継ぎ、1993年(平成5年)9月にオープンした福岡県福岡市南区の1号店「那の川店」を皮切りに拡大していきました。おいしさだけを最大限に抽出した天然とんこつスープは、とんこつ特有の余分なクセを完璧に取り除き、男性のみならず多くの女性ファンを抱えることでも知られ、スープとの相性を第一に優先した生麺には特別な小麦を独自にブレンド。そして、前述の屋台時代から受け継がれている、30種類の材料を調合・熟成させた “赤い秘伝のたれ” を中央に浮かべているのがアイデンティティとなっています。カップ麺には3種類の小袋を別添 そんな一蘭のラーメンを忠実に再現したという「一蘭 とんこつ」には、粉末スープ・液体スープ・秘伝のたれと合計3種類の小袋を別添。いずれの小袋も食べる直前に加える “後入れ” で、おそらく熱湯を注いでから麺を戻している間、麺に余計な負荷を与えないための工夫。ちなみに一般的なNB(ナショナルブランド)のカップラーメンに使われる麺は、大きく分けて「油揚げ麺(フライ麺)」と「ノンフライ麺」の2種類あり、どちらも保存性を高めるため、水分の含有量が3~6%程度になるまで乾燥させているのですが、そもそもの製造方法が異なります。たとえば「油揚げ麺」は文字通り “140~160℃の油で揚げて” 水分を飛ばしているのに対し、もう一方の「ノンフライ麺」は “80℃前後の熱風を当てて” 水分を飛ばしているのが特徴。今回の「一蘭 とんこつ」に使われている麺は後者となります。一般的なカップラーメンとは一線を画す油揚げ麺は特有のコクをスープに与えてくれる反面、それがスープの繊細な部分をマスキングしてしまう要因になりがち。対してノンフライ麺は油揚げ麺よりも高い技術とコストを要するのですが、より本物に近い質感を打ち出すことに長けた製法です。ほかにも蒸した麺を有機酸で処理した後に殺菌する「生タイプめん」や、信州の “凍り蕎麦” をヒントに考案された「氷結乾燥法」(茹でた麺を凍らせて乾燥させる手法)など、いくつか別の製麺方法も存在するのですが、近年のカップ麺は基本的に「油揚げ麺」もしくは「ノンフライ麺」が一般的です。再現度を高めるためにノンフライ麺を採用油揚げ麺もノンフライ麺も湯戻し時間は熱湯3分を基準とし、早いものだと60秒、長いものだと5分なので、その基準でみると「一蘭 とんこつ」の湯戻し時間は “熱湯4分” と長めの設定。なお一蘭の実店舗には “15秒の掟” というものがあり、ラーメンが出来上がってから15秒(28.8m)以内で提供することを徹底しています。麺の茹で時間を「超かた」にした場合はだいたい注文から2分前後、麺の茹で時間を「超やわ」にした場合はだいたい注文から4分前後といったところでしょうか。調理後はいたってシンプルな見た目 それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
まるで「一蘭」の特許である店舗システム「味集中カウンター」を象徴するような、ただひたすらに麺・スープ・秘伝のたれが作り出す美味しさに向き合えるカップ麺。そのこだわり具合から、「ライバルはお店の一蘭」と銘打っているほどの同商品。はたして再現度は高いのか、一杯のカップ麺に税込490円も出す価値はあるのかどうか、徹底レビューしてみました。一蘭らしく、麺とスープで勝負あらためまして「一蘭」とは、福岡県福岡市博多区中洲に本社総本店を構える天然とんこつラーメン専門店で、1960年(昭和35年)創業者の故・中原貞之氏が福岡県福岡市百道に開業した1軒の屋台「双葉ラーメン」が前身。その当時から「ラーメンの中央に唐辛子ベースの赤いタレを浮かべる」独自のスタイルを確立し、1966年(昭和41年)屋号を「双葉ラーメン」から「一蘭」に改めました。実店舗の「天然とんこつラーメン」“オーダー用紙” で好みのラーメンを注文できるのも人気の秘訣現在の株式会社一蘭が運営している「一蘭」は、同社の代表取締役・吉冨学社長が先代(中原氏)から事業を受け継ぎ、1993年(平成5年)9月にオープンした福岡県福岡市南区の1号店「那の川店」を皮切りに拡大していきました。おいしさだけを最大限に抽出した天然とんこつスープは、とんこつ特有の余分なクセを完璧に取り除き、男性のみならず多くの女性ファンを抱えることでも知られ、スープとの相性を第一に優先した生麺には特別な小麦を独自にブレンド。そして、前述の屋台時代から受け継がれている、30種類の材料を調合・熟成させた “赤い秘伝のたれ” を中央に浮かべているのがアイデンティティとなっています。カップ麺には3種類の小袋を別添 そんな一蘭のラーメンを忠実に再現したという「一蘭 とんこつ」には、粉末スープ・液体スープ・秘伝のたれと合計3種類の小袋を別添。いずれの小袋も食べる直前に加える “後入れ” で、おそらく熱湯を注いでから麺を戻している間、麺に余計な負荷を与えないための工夫。ちなみに一般的なNB(ナショナルブランド)のカップラーメンに使われる麺は、大きく分けて「油揚げ麺(フライ麺)」と「ノンフライ麺」の2種類あり、どちらも保存性を高めるため、水分の含有量が3~6%程度になるまで乾燥させているのですが、そもそもの製造方法が異なります。たとえば「油揚げ麺」は文字通り “140~160℃の油で揚げて” 水分を飛ばしているのに対し、もう一方の「ノンフライ麺」は “80℃前後の熱風を当てて” 水分を飛ばしているのが特徴。今回の「一蘭 とんこつ」に使われている麺は後者となります。一般的なカップラーメンとは一線を画す油揚げ麺は特有のコクをスープに与えてくれる反面、それがスープの繊細な部分をマスキングしてしまう要因になりがち。対してノンフライ麺は油揚げ麺よりも高い技術とコストを要するのですが、より本物に近い質感を打ち出すことに長けた製法です。ほかにも蒸した麺を有機酸で処理した後に殺菌する「生タイプめん」や、信州の “凍り蕎麦” をヒントに考案された「氷結乾燥法」(茹でた麺を凍らせて乾燥させる手法)など、いくつか別の製麺方法も存在するのですが、近年のカップ麺は基本的に「油揚げ麺」もしくは「ノンフライ麺」が一般的です。再現度を高めるためにノンフライ麺を採用油揚げ麺もノンフライ麺も湯戻し時間は熱湯3分を基準とし、早いものだと60秒、長いものだと5分なので、その基準でみると「一蘭 とんこつ」の湯戻し時間は “熱湯4分” と長めの設定。なお一蘭の実店舗には “15秒の掟” というものがあり、ラーメンが出来上がってから15秒(28.8m)以内で提供することを徹底しています。麺の茹で時間を「超かた」にした場合はだいたい注文から2分前後、麺の茹で時間を「超やわ」にした場合はだいたい注文から4分前後といったところでしょうか。調理後はいたってシンプルな見た目 それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
まるで「一蘭」の特許である店舗システム「味集中カウンター」を象徴するような、ただひたすらに麺・スープ・秘伝のたれが作り出す美味しさに向き合えるカップ麺。そのこだわり具合から、「ライバルはお店の一蘭」と銘打っているほどの同商品。はたして再現度は高いのか、一杯のカップ麺に税込490円も出す価値はあるのかどうか、徹底レビューしてみました。一蘭らしく、麺とスープで勝負あらためまして「一蘭」とは、福岡県福岡市博多区中洲に本社総本店を構える天然とんこつラーメン専門店で、1960年(昭和35年)創業者の故・中原貞之氏が福岡県福岡市百道に開業した1軒の屋台「双葉ラーメン」が前身。その当時から「ラーメンの中央に唐辛子ベースの赤いタレを浮かべる」独自のスタイルを確立し、1966年(昭和41年)屋号を「双葉ラーメン」から「一蘭」に改めました。実店舗の「天然とんこつラーメン」“オーダー用紙” で好みのラーメンを注文できるのも人気の秘訣現在の株式会社一蘭が運営している「一蘭」は、同社の代表取締役・吉冨学社長が先代(中原氏)から事業を受け継ぎ、1993年(平成5年)9月にオープンした福岡県福岡市南区の1号店「那の川店」を皮切りに拡大していきました。おいしさだけを最大限に抽出した天然とんこつスープは、とんこつ特有の余分なクセを完璧に取り除き、男性のみならず多くの女性ファンを抱えることでも知られ、スープとの相性を第一に優先した生麺には特別な小麦を独自にブレンド。そして、前述の屋台時代から受け継がれている、30種類の材料を調合・熟成させた “赤い秘伝のたれ” を中央に浮かべているのがアイデンティティとなっています。カップ麺には3種類の小袋を別添 そんな一蘭のラーメンを忠実に再現したという「一蘭 とんこつ」には、粉末スープ・液体スープ・秘伝のたれと合計3種類の小袋を別添。いずれの小袋も食べる直前に加える “後入れ” で、おそらく熱湯を注いでから麺を戻している間、麺に余計な負荷を与えないための工夫。ちなみに一般的なNB(ナショナルブランド)のカップラーメンに使われる麺は、大きく分けて「油揚げ麺(フライ麺)」と「ノンフライ麺」の2種類あり、どちらも保存性を高めるため、水分の含有量が3~6%程度になるまで乾燥させているのですが、そもそもの製造方法が異なります。たとえば「油揚げ麺」は文字通り “140~160℃の油で揚げて” 水分を飛ばしているのに対し、もう一方の「ノンフライ麺」は “80℃前後の熱風を当てて” 水分を飛ばしているのが特徴。今回の「一蘭 とんこつ」に使われている麺は後者となります。一般的なカップラーメンとは一線を画す油揚げ麺は特有のコクをスープに与えてくれる反面、それがスープの繊細な部分をマスキングしてしまう要因になりがち。対してノンフライ麺は油揚げ麺よりも高い技術とコストを要するのですが、より本物に近い質感を打ち出すことに長けた製法です。ほかにも蒸した麺を有機酸で処理した後に殺菌する「生タイプめん」や、信州の “凍り蕎麦” をヒントに考案された「氷結乾燥法」(茹でた麺を凍らせて乾燥させる手法)など、いくつか別の製麺方法も存在するのですが、近年のカップ麺は基本的に「油揚げ麺」もしくは「ノンフライ麺」が一般的です。再現度を高めるためにノンフライ麺を採用油揚げ麺もノンフライ麺も湯戻し時間は熱湯3分を基準とし、早いものだと60秒、長いものだと5分なので、その基準でみると「一蘭 とんこつ」の湯戻し時間は “熱湯4分” と長めの設定。なお一蘭の実店舗には “15秒の掟” というものがあり、ラーメンが出来上がってから15秒(28.8m)以内で提供することを徹底しています。麺の茹で時間を「超かた」にした場合はだいたい注文から2分前後、麺の茹で時間を「超やわ」にした場合はだいたい注文から4分前後といったところでしょうか。調理後はいたってシンプルな見た目 それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
はたして再現度は高いのか、一杯のカップ麺に税込490円も出す価値はあるのかどうか、徹底レビューしてみました。一蘭らしく、麺とスープで勝負あらためまして「一蘭」とは、福岡県福岡市博多区中洲に本社総本店を構える天然とんこつラーメン専門店で、1960年(昭和35年)創業者の故・中原貞之氏が福岡県福岡市百道に開業した1軒の屋台「双葉ラーメン」が前身。その当時から「ラーメンの中央に唐辛子ベースの赤いタレを浮かべる」独自のスタイルを確立し、1966年(昭和41年)屋号を「双葉ラーメン」から「一蘭」に改めました。実店舗の「天然とんこつラーメン」“オーダー用紙” で好みのラーメンを注文できるのも人気の秘訣現在の株式会社一蘭が運営している「一蘭」は、同社の代表取締役・吉冨学社長が先代(中原氏)から事業を受け継ぎ、1993年(平成5年)9月にオープンした福岡県福岡市南区の1号店「那の川店」を皮切りに拡大していきました。おいしさだけを最大限に抽出した天然とんこつスープは、とんこつ特有の余分なクセを完璧に取り除き、男性のみならず多くの女性ファンを抱えることでも知られ、スープとの相性を第一に優先した生麺には特別な小麦を独自にブレンド。そして、前述の屋台時代から受け継がれている、30種類の材料を調合・熟成させた “赤い秘伝のたれ” を中央に浮かべているのがアイデンティティとなっています。カップ麺には3種類の小袋を別添 そんな一蘭のラーメンを忠実に再現したという「一蘭 とんこつ」には、粉末スープ・液体スープ・秘伝のたれと合計3種類の小袋を別添。いずれの小袋も食べる直前に加える “後入れ” で、おそらく熱湯を注いでから麺を戻している間、麺に余計な負荷を与えないための工夫。ちなみに一般的なNB(ナショナルブランド)のカップラーメンに使われる麺は、大きく分けて「油揚げ麺(フライ麺)」と「ノンフライ麺」の2種類あり、どちらも保存性を高めるため、水分の含有量が3~6%程度になるまで乾燥させているのですが、そもそもの製造方法が異なります。たとえば「油揚げ麺」は文字通り “140~160℃の油で揚げて” 水分を飛ばしているのに対し、もう一方の「ノンフライ麺」は “80℃前後の熱風を当てて” 水分を飛ばしているのが特徴。今回の「一蘭 とんこつ」に使われている麺は後者となります。一般的なカップラーメンとは一線を画す油揚げ麺は特有のコクをスープに与えてくれる反面、それがスープの繊細な部分をマスキングしてしまう要因になりがち。対してノンフライ麺は油揚げ麺よりも高い技術とコストを要するのですが、より本物に近い質感を打ち出すことに長けた製法です。ほかにも蒸した麺を有機酸で処理した後に殺菌する「生タイプめん」や、信州の “凍り蕎麦” をヒントに考案された「氷結乾燥法」(茹でた麺を凍らせて乾燥させる手法)など、いくつか別の製麺方法も存在するのですが、近年のカップ麺は基本的に「油揚げ麺」もしくは「ノンフライ麺」が一般的です。再現度を高めるためにノンフライ麺を採用油揚げ麺もノンフライ麺も湯戻し時間は熱湯3分を基準とし、早いものだと60秒、長いものだと5分なので、その基準でみると「一蘭 とんこつ」の湯戻し時間は “熱湯4分” と長めの設定。なお一蘭の実店舗には “15秒の掟” というものがあり、ラーメンが出来上がってから15秒(28.8m)以内で提供することを徹底しています。麺の茹で時間を「超かた」にした場合はだいたい注文から2分前後、麺の茹で時間を「超やわ」にした場合はだいたい注文から4分前後といったところでしょうか。調理後はいたってシンプルな見た目 それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
あらためまして「一蘭」とは、福岡県福岡市博多区中洲に本社総本店を構える天然とんこつラーメン専門店で、1960年(昭和35年)創業者の故・中原貞之氏が福岡県福岡市百道に開業した1軒の屋台「双葉ラーメン」が前身。その当時から「ラーメンの中央に唐辛子ベースの赤いタレを浮かべる」独自のスタイルを確立し、1966年(昭和41年)屋号を「双葉ラーメン」から「一蘭」に改めました。実店舗の「天然とんこつラーメン」“オーダー用紙” で好みのラーメンを注文できるのも人気の秘訣現在の株式会社一蘭が運営している「一蘭」は、同社の代表取締役・吉冨学社長が先代(中原氏)から事業を受け継ぎ、1993年(平成5年)9月にオープンした福岡県福岡市南区の1号店「那の川店」を皮切りに拡大していきました。おいしさだけを最大限に抽出した天然とんこつスープは、とんこつ特有の余分なクセを完璧に取り除き、男性のみならず多くの女性ファンを抱えることでも知られ、スープとの相性を第一に優先した生麺には特別な小麦を独自にブレンド。そして、前述の屋台時代から受け継がれている、30種類の材料を調合・熟成させた “赤い秘伝のたれ” を中央に浮かべているのがアイデンティティとなっています。カップ麺には3種類の小袋を別添 そんな一蘭のラーメンを忠実に再現したという「一蘭 とんこつ」には、粉末スープ・液体スープ・秘伝のたれと合計3種類の小袋を別添。いずれの小袋も食べる直前に加える “後入れ” で、おそらく熱湯を注いでから麺を戻している間、麺に余計な負荷を与えないための工夫。ちなみに一般的なNB(ナショナルブランド)のカップラーメンに使われる麺は、大きく分けて「油揚げ麺(フライ麺)」と「ノンフライ麺」の2種類あり、どちらも保存性を高めるため、水分の含有量が3~6%程度になるまで乾燥させているのですが、そもそもの製造方法が異なります。たとえば「油揚げ麺」は文字通り “140~160℃の油で揚げて” 水分を飛ばしているのに対し、もう一方の「ノンフライ麺」は “80℃前後の熱風を当てて” 水分を飛ばしているのが特徴。今回の「一蘭 とんこつ」に使われている麺は後者となります。一般的なカップラーメンとは一線を画す油揚げ麺は特有のコクをスープに与えてくれる反面、それがスープの繊細な部分をマスキングしてしまう要因になりがち。対してノンフライ麺は油揚げ麺よりも高い技術とコストを要するのですが、より本物に近い質感を打ち出すことに長けた製法です。ほかにも蒸した麺を有機酸で処理した後に殺菌する「生タイプめん」や、信州の “凍り蕎麦” をヒントに考案された「氷結乾燥法」(茹でた麺を凍らせて乾燥させる手法)など、いくつか別の製麺方法も存在するのですが、近年のカップ麺は基本的に「油揚げ麺」もしくは「ノンフライ麺」が一般的です。再現度を高めるためにノンフライ麺を採用油揚げ麺もノンフライ麺も湯戻し時間は熱湯3分を基準とし、早いものだと60秒、長いものだと5分なので、その基準でみると「一蘭 とんこつ」の湯戻し時間は “熱湯4分” と長めの設定。なお一蘭の実店舗には “15秒の掟” というものがあり、ラーメンが出来上がってから15秒(28.8m)以内で提供することを徹底しています。麺の茹で時間を「超かた」にした場合はだいたい注文から2分前後、麺の茹で時間を「超やわ」にした場合はだいたい注文から4分前後といったところでしょうか。調理後はいたってシンプルな見た目 それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
実店舗の「天然とんこつラーメン」“オーダー用紙” で好みのラーメンを注文できるのも人気の秘訣現在の株式会社一蘭が運営している「一蘭」は、同社の代表取締役・吉冨学社長が先代(中原氏)から事業を受け継ぎ、1993年(平成5年)9月にオープンした福岡県福岡市南区の1号店「那の川店」を皮切りに拡大していきました。おいしさだけを最大限に抽出した天然とんこつスープは、とんこつ特有の余分なクセを完璧に取り除き、男性のみならず多くの女性ファンを抱えることでも知られ、スープとの相性を第一に優先した生麺には特別な小麦を独自にブレンド。そして、前述の屋台時代から受け継がれている、30種類の材料を調合・熟成させた “赤い秘伝のたれ” を中央に浮かべているのがアイデンティティとなっています。カップ麺には3種類の小袋を別添 そんな一蘭のラーメンを忠実に再現したという「一蘭 とんこつ」には、粉末スープ・液体スープ・秘伝のたれと合計3種類の小袋を別添。いずれの小袋も食べる直前に加える “後入れ” で、おそらく熱湯を注いでから麺を戻している間、麺に余計な負荷を与えないための工夫。ちなみに一般的なNB(ナショナルブランド)のカップラーメンに使われる麺は、大きく分けて「油揚げ麺(フライ麺)」と「ノンフライ麺」の2種類あり、どちらも保存性を高めるため、水分の含有量が3~6%程度になるまで乾燥させているのですが、そもそもの製造方法が異なります。たとえば「油揚げ麺」は文字通り “140~160℃の油で揚げて” 水分を飛ばしているのに対し、もう一方の「ノンフライ麺」は “80℃前後の熱風を当てて” 水分を飛ばしているのが特徴。今回の「一蘭 とんこつ」に使われている麺は後者となります。一般的なカップラーメンとは一線を画す油揚げ麺は特有のコクをスープに与えてくれる反面、それがスープの繊細な部分をマスキングしてしまう要因になりがち。対してノンフライ麺は油揚げ麺よりも高い技術とコストを要するのですが、より本物に近い質感を打ち出すことに長けた製法です。ほかにも蒸した麺を有機酸で処理した後に殺菌する「生タイプめん」や、信州の “凍り蕎麦” をヒントに考案された「氷結乾燥法」(茹でた麺を凍らせて乾燥させる手法)など、いくつか別の製麺方法も存在するのですが、近年のカップ麺は基本的に「油揚げ麺」もしくは「ノンフライ麺」が一般的です。再現度を高めるためにノンフライ麺を採用油揚げ麺もノンフライ麺も湯戻し時間は熱湯3分を基準とし、早いものだと60秒、長いものだと5分なので、その基準でみると「一蘭 とんこつ」の湯戻し時間は “熱湯4分” と長めの設定。なお一蘭の実店舗には “15秒の掟” というものがあり、ラーメンが出来上がってから15秒(28.8m)以内で提供することを徹底しています。麺の茹で時間を「超かた」にした場合はだいたい注文から2分前後、麺の茹で時間を「超やわ」にした場合はだいたい注文から4分前後といったところでしょうか。調理後はいたってシンプルな見た目 それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
“オーダー用紙” で好みのラーメンを注文できるのも人気の秘訣現在の株式会社一蘭が運営している「一蘭」は、同社の代表取締役・吉冨学社長が先代(中原氏)から事業を受け継ぎ、1993年(平成5年)9月にオープンした福岡県福岡市南区の1号店「那の川店」を皮切りに拡大していきました。おいしさだけを最大限に抽出した天然とんこつスープは、とんこつ特有の余分なクセを完璧に取り除き、男性のみならず多くの女性ファンを抱えることでも知られ、スープとの相性を第一に優先した生麺には特別な小麦を独自にブレンド。そして、前述の屋台時代から受け継がれている、30種類の材料を調合・熟成させた “赤い秘伝のたれ” を中央に浮かべているのがアイデンティティとなっています。カップ麺には3種類の小袋を別添 そんな一蘭のラーメンを忠実に再現したという「一蘭 とんこつ」には、粉末スープ・液体スープ・秘伝のたれと合計3種類の小袋を別添。いずれの小袋も食べる直前に加える “後入れ” で、おそらく熱湯を注いでから麺を戻している間、麺に余計な負荷を与えないための工夫。ちなみに一般的なNB(ナショナルブランド)のカップラーメンに使われる麺は、大きく分けて「油揚げ麺(フライ麺)」と「ノンフライ麺」の2種類あり、どちらも保存性を高めるため、水分の含有量が3~6%程度になるまで乾燥させているのですが、そもそもの製造方法が異なります。たとえば「油揚げ麺」は文字通り “140~160℃の油で揚げて” 水分を飛ばしているのに対し、もう一方の「ノンフライ麺」は “80℃前後の熱風を当てて” 水分を飛ばしているのが特徴。今回の「一蘭 とんこつ」に使われている麺は後者となります。一般的なカップラーメンとは一線を画す油揚げ麺は特有のコクをスープに与えてくれる反面、それがスープの繊細な部分をマスキングしてしまう要因になりがち。対してノンフライ麺は油揚げ麺よりも高い技術とコストを要するのですが、より本物に近い質感を打ち出すことに長けた製法です。ほかにも蒸した麺を有機酸で処理した後に殺菌する「生タイプめん」や、信州の “凍り蕎麦” をヒントに考案された「氷結乾燥法」(茹でた麺を凍らせて乾燥させる手法)など、いくつか別の製麺方法も存在するのですが、近年のカップ麺は基本的に「油揚げ麺」もしくは「ノンフライ麺」が一般的です。再現度を高めるためにノンフライ麺を採用油揚げ麺もノンフライ麺も湯戻し時間は熱湯3分を基準とし、早いものだと60秒、長いものだと5分なので、その基準でみると「一蘭 とんこつ」の湯戻し時間は “熱湯4分” と長めの設定。なお一蘭の実店舗には “15秒の掟” というものがあり、ラーメンが出来上がってから15秒(28.8m)以内で提供することを徹底しています。麺の茹で時間を「超かた」にした場合はだいたい注文から2分前後、麺の茹で時間を「超やわ」にした場合はだいたい注文から4分前後といったところでしょうか。調理後はいたってシンプルな見た目 それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
現在の株式会社一蘭が運営している「一蘭」は、同社の代表取締役・吉冨学社長が先代(中原氏)から事業を受け継ぎ、1993年(平成5年)9月にオープンした福岡県福岡市南区の1号店「那の川店」を皮切りに拡大していきました。おいしさだけを最大限に抽出した天然とんこつスープは、とんこつ特有の余分なクセを完璧に取り除き、男性のみならず多くの女性ファンを抱えることでも知られ、スープとの相性を第一に優先した生麺には特別な小麦を独自にブレンド。そして、前述の屋台時代から受け継がれている、30種類の材料を調合・熟成させた “赤い秘伝のたれ” を中央に浮かべているのがアイデンティティとなっています。カップ麺には3種類の小袋を別添 そんな一蘭のラーメンを忠実に再現したという「一蘭 とんこつ」には、粉末スープ・液体スープ・秘伝のたれと合計3種類の小袋を別添。いずれの小袋も食べる直前に加える “後入れ” で、おそらく熱湯を注いでから麺を戻している間、麺に余計な負荷を与えないための工夫。ちなみに一般的なNB(ナショナルブランド)のカップラーメンに使われる麺は、大きく分けて「油揚げ麺(フライ麺)」と「ノンフライ麺」の2種類あり、どちらも保存性を高めるため、水分の含有量が3~6%程度になるまで乾燥させているのですが、そもそもの製造方法が異なります。たとえば「油揚げ麺」は文字通り “140~160℃の油で揚げて” 水分を飛ばしているのに対し、もう一方の「ノンフライ麺」は “80℃前後の熱風を当てて” 水分を飛ばしているのが特徴。今回の「一蘭 とんこつ」に使われている麺は後者となります。一般的なカップラーメンとは一線を画す油揚げ麺は特有のコクをスープに与えてくれる反面、それがスープの繊細な部分をマスキングしてしまう要因になりがち。対してノンフライ麺は油揚げ麺よりも高い技術とコストを要するのですが、より本物に近い質感を打ち出すことに長けた製法です。ほかにも蒸した麺を有機酸で処理した後に殺菌する「生タイプめん」や、信州の “凍り蕎麦” をヒントに考案された「氷結乾燥法」(茹でた麺を凍らせて乾燥させる手法)など、いくつか別の製麺方法も存在するのですが、近年のカップ麺は基本的に「油揚げ麺」もしくは「ノンフライ麺」が一般的です。再現度を高めるためにノンフライ麺を採用油揚げ麺もノンフライ麺も湯戻し時間は熱湯3分を基準とし、早いものだと60秒、長いものだと5分なので、その基準でみると「一蘭 とんこつ」の湯戻し時間は “熱湯4分” と長めの設定。なお一蘭の実店舗には “15秒の掟” というものがあり、ラーメンが出来上がってから15秒(28.8m)以内で提供することを徹底しています。麺の茹で時間を「超かた」にした場合はだいたい注文から2分前後、麺の茹で時間を「超やわ」にした場合はだいたい注文から4分前後といったところでしょうか。調理後はいたってシンプルな見た目 それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
おいしさだけを最大限に抽出した天然とんこつスープは、とんこつ特有の余分なクセを完璧に取り除き、男性のみならず多くの女性ファンを抱えることでも知られ、スープとの相性を第一に優先した生麺には特別な小麦を独自にブレンド。そして、前述の屋台時代から受け継がれている、30種類の材料を調合・熟成させた “赤い秘伝のたれ” を中央に浮かべているのがアイデンティティとなっています。カップ麺には3種類の小袋を別添 そんな一蘭のラーメンを忠実に再現したという「一蘭 とんこつ」には、粉末スープ・液体スープ・秘伝のたれと合計3種類の小袋を別添。いずれの小袋も食べる直前に加える “後入れ” で、おそらく熱湯を注いでから麺を戻している間、麺に余計な負荷を与えないための工夫。ちなみに一般的なNB(ナショナルブランド)のカップラーメンに使われる麺は、大きく分けて「油揚げ麺(フライ麺)」と「ノンフライ麺」の2種類あり、どちらも保存性を高めるため、水分の含有量が3~6%程度になるまで乾燥させているのですが、そもそもの製造方法が異なります。たとえば「油揚げ麺」は文字通り “140~160℃の油で揚げて” 水分を飛ばしているのに対し、もう一方の「ノンフライ麺」は “80℃前後の熱風を当てて” 水分を飛ばしているのが特徴。今回の「一蘭 とんこつ」に使われている麺は後者となります。一般的なカップラーメンとは一線を画す油揚げ麺は特有のコクをスープに与えてくれる反面、それがスープの繊細な部分をマスキングしてしまう要因になりがち。対してノンフライ麺は油揚げ麺よりも高い技術とコストを要するのですが、より本物に近い質感を打ち出すことに長けた製法です。ほかにも蒸した麺を有機酸で処理した後に殺菌する「生タイプめん」や、信州の “凍り蕎麦” をヒントに考案された「氷結乾燥法」(茹でた麺を凍らせて乾燥させる手法)など、いくつか別の製麺方法も存在するのですが、近年のカップ麺は基本的に「油揚げ麺」もしくは「ノンフライ麺」が一般的です。再現度を高めるためにノンフライ麺を採用油揚げ麺もノンフライ麺も湯戻し時間は熱湯3分を基準とし、早いものだと60秒、長いものだと5分なので、その基準でみると「一蘭 とんこつ」の湯戻し時間は “熱湯4分” と長めの設定。なお一蘭の実店舗には “15秒の掟” というものがあり、ラーメンが出来上がってから15秒(28.8m)以内で提供することを徹底しています。麺の茹で時間を「超かた」にした場合はだいたい注文から2分前後、麺の茹で時間を「超やわ」にした場合はだいたい注文から4分前後といったところでしょうか。調理後はいたってシンプルな見た目 それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
そして、前述の屋台時代から受け継がれている、30種類の材料を調合・熟成させた “赤い秘伝のたれ” を中央に浮かべているのがアイデンティティとなっています。カップ麺には3種類の小袋を別添 そんな一蘭のラーメンを忠実に再現したという「一蘭 とんこつ」には、粉末スープ・液体スープ・秘伝のたれと合計3種類の小袋を別添。いずれの小袋も食べる直前に加える “後入れ” で、おそらく熱湯を注いでから麺を戻している間、麺に余計な負荷を与えないための工夫。ちなみに一般的なNB(ナショナルブランド)のカップラーメンに使われる麺は、大きく分けて「油揚げ麺(フライ麺)」と「ノンフライ麺」の2種類あり、どちらも保存性を高めるため、水分の含有量が3~6%程度になるまで乾燥させているのですが、そもそもの製造方法が異なります。たとえば「油揚げ麺」は文字通り “140~160℃の油で揚げて” 水分を飛ばしているのに対し、もう一方の「ノンフライ麺」は “80℃前後の熱風を当てて” 水分を飛ばしているのが特徴。今回の「一蘭 とんこつ」に使われている麺は後者となります。一般的なカップラーメンとは一線を画す油揚げ麺は特有のコクをスープに与えてくれる反面、それがスープの繊細な部分をマスキングしてしまう要因になりがち。対してノンフライ麺は油揚げ麺よりも高い技術とコストを要するのですが、より本物に近い質感を打ち出すことに長けた製法です。ほかにも蒸した麺を有機酸で処理した後に殺菌する「生タイプめん」や、信州の “凍り蕎麦” をヒントに考案された「氷結乾燥法」(茹でた麺を凍らせて乾燥させる手法)など、いくつか別の製麺方法も存在するのですが、近年のカップ麺は基本的に「油揚げ麺」もしくは「ノンフライ麺」が一般的です。再現度を高めるためにノンフライ麺を採用油揚げ麺もノンフライ麺も湯戻し時間は熱湯3分を基準とし、早いものだと60秒、長いものだと5分なので、その基準でみると「一蘭 とんこつ」の湯戻し時間は “熱湯4分” と長めの設定。なお一蘭の実店舗には “15秒の掟” というものがあり、ラーメンが出来上がってから15秒(28.8m)以内で提供することを徹底しています。麺の茹で時間を「超かた」にした場合はだいたい注文から2分前後、麺の茹で時間を「超やわ」にした場合はだいたい注文から4分前後といったところでしょうか。調理後はいたってシンプルな見た目 それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
カップ麺には3種類の小袋を別添 そんな一蘭のラーメンを忠実に再現したという「一蘭 とんこつ」には、粉末スープ・液体スープ・秘伝のたれと合計3種類の小袋を別添。いずれの小袋も食べる直前に加える “後入れ” で、おそらく熱湯を注いでから麺を戻している間、麺に余計な負荷を与えないための工夫。ちなみに一般的なNB(ナショナルブランド)のカップラーメンに使われる麺は、大きく分けて「油揚げ麺(フライ麺)」と「ノンフライ麺」の2種類あり、どちらも保存性を高めるため、水分の含有量が3~6%程度になるまで乾燥させているのですが、そもそもの製造方法が異なります。たとえば「油揚げ麺」は文字通り “140~160℃の油で揚げて” 水分を飛ばしているのに対し、もう一方の「ノンフライ麺」は “80℃前後の熱風を当てて” 水分を飛ばしているのが特徴。今回の「一蘭 とんこつ」に使われている麺は後者となります。一般的なカップラーメンとは一線を画す油揚げ麺は特有のコクをスープに与えてくれる反面、それがスープの繊細な部分をマスキングしてしまう要因になりがち。対してノンフライ麺は油揚げ麺よりも高い技術とコストを要するのですが、より本物に近い質感を打ち出すことに長けた製法です。ほかにも蒸した麺を有機酸で処理した後に殺菌する「生タイプめん」や、信州の “凍り蕎麦” をヒントに考案された「氷結乾燥法」(茹でた麺を凍らせて乾燥させる手法)など、いくつか別の製麺方法も存在するのですが、近年のカップ麺は基本的に「油揚げ麺」もしくは「ノンフライ麺」が一般的です。再現度を高めるためにノンフライ麺を採用油揚げ麺もノンフライ麺も湯戻し時間は熱湯3分を基準とし、早いものだと60秒、長いものだと5分なので、その基準でみると「一蘭 とんこつ」の湯戻し時間は “熱湯4分” と長めの設定。なお一蘭の実店舗には “15秒の掟” というものがあり、ラーメンが出来上がってから15秒(28.8m)以内で提供することを徹底しています。麺の茹で時間を「超かた」にした場合はだいたい注文から2分前後、麺の茹で時間を「超やわ」にした場合はだいたい注文から4分前後といったところでしょうか。調理後はいたってシンプルな見た目 それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
そんな一蘭のラーメンを忠実に再現したという「一蘭 とんこつ」には、粉末スープ・液体スープ・秘伝のたれと合計3種類の小袋を別添。いずれの小袋も食べる直前に加える “後入れ” で、おそらく熱湯を注いでから麺を戻している間、麺に余計な負荷を与えないための工夫。ちなみに一般的なNB(ナショナルブランド)のカップラーメンに使われる麺は、大きく分けて「油揚げ麺(フライ麺)」と「ノンフライ麺」の2種類あり、どちらも保存性を高めるため、水分の含有量が3~6%程度になるまで乾燥させているのですが、そもそもの製造方法が異なります。たとえば「油揚げ麺」は文字通り “140~160℃の油で揚げて” 水分を飛ばしているのに対し、もう一方の「ノンフライ麺」は “80℃前後の熱風を当てて” 水分を飛ばしているのが特徴。今回の「一蘭 とんこつ」に使われている麺は後者となります。一般的なカップラーメンとは一線を画す油揚げ麺は特有のコクをスープに与えてくれる反面、それがスープの繊細な部分をマスキングしてしまう要因になりがち。対してノンフライ麺は油揚げ麺よりも高い技術とコストを要するのですが、より本物に近い質感を打ち出すことに長けた製法です。ほかにも蒸した麺を有機酸で処理した後に殺菌する「生タイプめん」や、信州の “凍り蕎麦” をヒントに考案された「氷結乾燥法」(茹でた麺を凍らせて乾燥させる手法)など、いくつか別の製麺方法も存在するのですが、近年のカップ麺は基本的に「油揚げ麺」もしくは「ノンフライ麺」が一般的です。再現度を高めるためにノンフライ麺を採用油揚げ麺もノンフライ麺も湯戻し時間は熱湯3分を基準とし、早いものだと60秒、長いものだと5分なので、その基準でみると「一蘭 とんこつ」の湯戻し時間は “熱湯4分” と長めの設定。なお一蘭の実店舗には “15秒の掟” というものがあり、ラーメンが出来上がってから15秒(28.8m)以内で提供することを徹底しています。麺の茹で時間を「超かた」にした場合はだいたい注文から2分前後、麺の茹で時間を「超やわ」にした場合はだいたい注文から4分前後といったところでしょうか。調理後はいたってシンプルな見た目 それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
そんな一蘭のラーメンを忠実に再現したという「一蘭 とんこつ」には、粉末スープ・液体スープ・秘伝のたれと合計3種類の小袋を別添。いずれの小袋も食べる直前に加える “後入れ” で、おそらく熱湯を注いでから麺を戻している間、麺に余計な負荷を与えないための工夫。ちなみに一般的なNB(ナショナルブランド)のカップラーメンに使われる麺は、大きく分けて「油揚げ麺(フライ麺)」と「ノンフライ麺」の2種類あり、どちらも保存性を高めるため、水分の含有量が3~6%程度になるまで乾燥させているのですが、そもそもの製造方法が異なります。たとえば「油揚げ麺」は文字通り “140~160℃の油で揚げて” 水分を飛ばしているのに対し、もう一方の「ノンフライ麺」は “80℃前後の熱風を当てて” 水分を飛ばしているのが特徴。今回の「一蘭 とんこつ」に使われている麺は後者となります。一般的なカップラーメンとは一線を画す油揚げ麺は特有のコクをスープに与えてくれる反面、それがスープの繊細な部分をマスキングしてしまう要因になりがち。対してノンフライ麺は油揚げ麺よりも高い技術とコストを要するのですが、より本物に近い質感を打ち出すことに長けた製法です。ほかにも蒸した麺を有機酸で処理した後に殺菌する「生タイプめん」や、信州の “凍り蕎麦” をヒントに考案された「氷結乾燥法」(茹でた麺を凍らせて乾燥させる手法)など、いくつか別の製麺方法も存在するのですが、近年のカップ麺は基本的に「油揚げ麺」もしくは「ノンフライ麺」が一般的です。再現度を高めるためにノンフライ麺を採用油揚げ麺もノンフライ麺も湯戻し時間は熱湯3分を基準とし、早いものだと60秒、長いものだと5分なので、その基準でみると「一蘭 とんこつ」の湯戻し時間は “熱湯4分” と長めの設定。なお一蘭の実店舗には “15秒の掟” というものがあり、ラーメンが出来上がってから15秒(28.8m)以内で提供することを徹底しています。麺の茹で時間を「超かた」にした場合はだいたい注文から2分前後、麺の茹で時間を「超やわ」にした場合はだいたい注文から4分前後といったところでしょうか。調理後はいたってシンプルな見た目 それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
ちなみに一般的なNB(ナショナルブランド)のカップラーメンに使われる麺は、大きく分けて「油揚げ麺(フライ麺)」と「ノンフライ麺」の2種類あり、どちらも保存性を高めるため、水分の含有量が3~6%程度になるまで乾燥させているのですが、そもそもの製造方法が異なります。たとえば「油揚げ麺」は文字通り “140~160℃の油で揚げて” 水分を飛ばしているのに対し、もう一方の「ノンフライ麺」は “80℃前後の熱風を当てて” 水分を飛ばしているのが特徴。今回の「一蘭 とんこつ」に使われている麺は後者となります。一般的なカップラーメンとは一線を画す油揚げ麺は特有のコクをスープに与えてくれる反面、それがスープの繊細な部分をマスキングしてしまう要因になりがち。対してノンフライ麺は油揚げ麺よりも高い技術とコストを要するのですが、より本物に近い質感を打ち出すことに長けた製法です。ほかにも蒸した麺を有機酸で処理した後に殺菌する「生タイプめん」や、信州の “凍り蕎麦” をヒントに考案された「氷結乾燥法」(茹でた麺を凍らせて乾燥させる手法)など、いくつか別の製麺方法も存在するのですが、近年のカップ麺は基本的に「油揚げ麺」もしくは「ノンフライ麺」が一般的です。再現度を高めるためにノンフライ麺を採用油揚げ麺もノンフライ麺も湯戻し時間は熱湯3分を基準とし、早いものだと60秒、長いものだと5分なので、その基準でみると「一蘭 とんこつ」の湯戻し時間は “熱湯4分” と長めの設定。なお一蘭の実店舗には “15秒の掟” というものがあり、ラーメンが出来上がってから15秒(28.8m)以内で提供することを徹底しています。麺の茹で時間を「超かた」にした場合はだいたい注文から2分前後、麺の茹で時間を「超やわ」にした場合はだいたい注文から4分前後といったところでしょうか。調理後はいたってシンプルな見た目 それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
たとえば「油揚げ麺」は文字通り “140~160℃の油で揚げて” 水分を飛ばしているのに対し、もう一方の「ノンフライ麺」は “80℃前後の熱風を当てて” 水分を飛ばしているのが特徴。今回の「一蘭 とんこつ」に使われている麺は後者となります。一般的なカップラーメンとは一線を画す油揚げ麺は特有のコクをスープに与えてくれる反面、それがスープの繊細な部分をマスキングしてしまう要因になりがち。対してノンフライ麺は油揚げ麺よりも高い技術とコストを要するのですが、より本物に近い質感を打ち出すことに長けた製法です。ほかにも蒸した麺を有機酸で処理した後に殺菌する「生タイプめん」や、信州の “凍り蕎麦” をヒントに考案された「氷結乾燥法」(茹でた麺を凍らせて乾燥させる手法)など、いくつか別の製麺方法も存在するのですが、近年のカップ麺は基本的に「油揚げ麺」もしくは「ノンフライ麺」が一般的です。再現度を高めるためにノンフライ麺を採用油揚げ麺もノンフライ麺も湯戻し時間は熱湯3分を基準とし、早いものだと60秒、長いものだと5分なので、その基準でみると「一蘭 とんこつ」の湯戻し時間は “熱湯4分” と長めの設定。なお一蘭の実店舗には “15秒の掟” というものがあり、ラーメンが出来上がってから15秒(28.8m)以内で提供することを徹底しています。麺の茹で時間を「超かた」にした場合はだいたい注文から2分前後、麺の茹で時間を「超やわ」にした場合はだいたい注文から4分前後といったところでしょうか。調理後はいたってシンプルな見た目 それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
油揚げ麺は特有のコクをスープに与えてくれる反面、それがスープの繊細な部分をマスキングしてしまう要因になりがち。対してノンフライ麺は油揚げ麺よりも高い技術とコストを要するのですが、より本物に近い質感を打ち出すことに長けた製法です。ほかにも蒸した麺を有機酸で処理した後に殺菌する「生タイプめん」や、信州の “凍り蕎麦” をヒントに考案された「氷結乾燥法」(茹でた麺を凍らせて乾燥させる手法)など、いくつか別の製麺方法も存在するのですが、近年のカップ麺は基本的に「油揚げ麺」もしくは「ノンフライ麺」が一般的です。再現度を高めるためにノンフライ麺を採用油揚げ麺もノンフライ麺も湯戻し時間は熱湯3分を基準とし、早いものだと60秒、長いものだと5分なので、その基準でみると「一蘭 とんこつ」の湯戻し時間は “熱湯4分” と長めの設定。なお一蘭の実店舗には “15秒の掟” というものがあり、ラーメンが出来上がってから15秒(28.8m)以内で提供することを徹底しています。麺の茹で時間を「超かた」にした場合はだいたい注文から2分前後、麺の茹で時間を「超やわ」にした場合はだいたい注文から4分前後といったところでしょうか。調理後はいたってシンプルな見た目 それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
ほかにも蒸した麺を有機酸で処理した後に殺菌する「生タイプめん」や、信州の “凍り蕎麦” をヒントに考案された「氷結乾燥法」(茹でた麺を凍らせて乾燥させる手法)など、いくつか別の製麺方法も存在するのですが、近年のカップ麺は基本的に「油揚げ麺」もしくは「ノンフライ麺」が一般的です。再現度を高めるためにノンフライ麺を採用油揚げ麺もノンフライ麺も湯戻し時間は熱湯3分を基準とし、早いものだと60秒、長いものだと5分なので、その基準でみると「一蘭 とんこつ」の湯戻し時間は “熱湯4分” と長めの設定。なお一蘭の実店舗には “15秒の掟” というものがあり、ラーメンが出来上がってから15秒(28.8m)以内で提供することを徹底しています。麺の茹で時間を「超かた」にした場合はだいたい注文から2分前後、麺の茹で時間を「超やわ」にした場合はだいたい注文から4分前後といったところでしょうか。調理後はいたってシンプルな見た目 それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
再現度を高めるためにノンフライ麺を採用油揚げ麺もノンフライ麺も湯戻し時間は熱湯3分を基準とし、早いものだと60秒、長いものだと5分なので、その基準でみると「一蘭 とんこつ」の湯戻し時間は “熱湯4分” と長めの設定。なお一蘭の実店舗には “15秒の掟” というものがあり、ラーメンが出来上がってから15秒(28.8m)以内で提供することを徹底しています。麺の茹で時間を「超かた」にした場合はだいたい注文から2分前後、麺の茹で時間を「超やわ」にした場合はだいたい注文から4分前後といったところでしょうか。調理後はいたってシンプルな見た目 それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
油揚げ麺もノンフライ麺も湯戻し時間は熱湯3分を基準とし、早いものだと60秒、長いものだと5分なので、その基準でみると「一蘭 とんこつ」の湯戻し時間は “熱湯4分” と長めの設定。なお一蘭の実店舗には “15秒の掟” というものがあり、ラーメンが出来上がってから15秒(28.8m)以内で提供することを徹底しています。麺の茹で時間を「超かた」にした場合はだいたい注文から2分前後、麺の茹で時間を「超やわ」にした場合はだいたい注文から4分前後といったところでしょうか。調理後はいたってシンプルな見た目 それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
なお一蘭の実店舗には “15秒の掟” というものがあり、ラーメンが出来上がってから15秒(28.8m)以内で提供することを徹底しています。麺の茹で時間を「超かた」にした場合はだいたい注文から2分前後、麺の茹で時間を「超やわ」にした場合はだいたい注文から4分前後といったところでしょうか。調理後はいたってシンプルな見た目 それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
調理後はいたってシンプルな見た目 それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
それはさておきカップ麺の話ですが、後入れの小袋も入れる順番が決まっていて、時間になったら「粉末スープ」から溶かし、フタの上で温めておいた「液体スープ」を馴染ませた後、仕上げに「秘伝のたれ」をトッピングしたら出来上がり。カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
カップ麺としては実に簡素な見た目に仕上がりますが、けっこう香りの再現度は高く、一般的なカップラーメンとは一線を画しています。注目すべき “麺の溶け方” 驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
驚くほど高クオリティな麺ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
ノンフライ麺は乾燥させた後、熱湯で戻す工程を必須とするため、本物の生麺を茹で上げた直後の質感とは異なりますが、なんのこれしき非常識なほど高品質。本物の生麺と同じように加水率(小麦粉に対する水の比率)は低めの設定で、やや平打ちのストレート。小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
小麦の風味が強い低加水麺を彷彿とさせる、適度にザラついた舌触りもさることながら、ふわっと鼻に抜けるナチュラルな小麦感も見どころ。なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
なかでも注目したいのが “麺の溶け方” です。加水率の低さ(多加水麺と比較して低加水麺は伸びやすい特性)に反し、なかなか伸びにくいように工夫されているのですが、それは早くも遅くもなく、実に自然な速度でスープに馴染み、何度も試行錯誤したことが伝わってきます。「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けている小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
小袋に「A」と書かれていた「粉末スープ」は、とんこつの骨っぽい風味を打ち出すことに長けており、原材料は「ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料」とシンプルで、そのうちポークエキスパウダーが骨っぽさを打ち出す要素になっています。また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
また “とろみが控えめ” なのもポイントで、濃厚さを打ち出すためにスープの粘度を高める常套手段は採用しておらず、きちんと骨の旨みで勝負しているところが本格的。「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
「液体スープ」を加えると「本物ぽさ」に磨きがかかる そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
そして「B」と書かれた「液体スープ」を加えると、さらに骨っぽい風味が強化されるだけでなく、じっくりと炊き出したような乳化感がプラスされ、本物さながらの雰囲気をブースト。余分な癖を抑えながら、小手先の技術では表現できない “とんこつ” の旨みを打ち出し、こってりとしたオイルのコクも適切で、余韻として残る骨っぽさには思わず笑みがこぼれるほど。お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
お店の天然とんこつスープと比較して、100%まったく同じ味ではないけれど、お店の味を知らない方でも雰囲気が掴める臨場感を打ち出し、なおかつ本物のラーメンを食べたいと思わせる絶妙な駆け引きを実現。これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
これこそが “ご当店カップ麺の鑑” といっても過言ではなく、ある種の感動を覚えたのですが、さらに雰囲気を高めてくれるのが「秘伝のたれ」の存在です。これぞ「ご当店カップ麺の鑑」「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
「秘伝のタレ」は麺に絡めて食べるもよし、スープに溶かすもよしこれまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
これまでに一蘭が培ってきた “赤い秘伝のたれ” の調合技術を最大限に活かし、この「一蘭 とんこつ」のために開発されたのが「C」と書かれた「秘伝のたれ」。やや粘度の高さが人工的ではあるものの、本格的な雰囲気を邪魔することはありません。唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
唐辛子の辛さは硬派にピリ辛で、そこに生姜やニンニクなどの香味野菜に、乾物系の素材を彷彿とさせる旨みを重ねているのも印象深く、複雑な味わい。存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
存在感の強いアイテムなので、すこしずつ溶かしながら変化を味わうのがオススメの食べ方になりますが、最初から溶かしてもスープの骨っぽさが消えることはなく、むしろ “ニュアンスが鮮明に感じられた” ことに驚きました。 *店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
*店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
*店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
店のラーメンがライバルと豪語しているだけのことはあり、なかでもスープの再現度は高く、総じて値段に恥ないクオリティの高さ。一部では「これなら実際に店まで行く」という感想も耳にしましたが、一蘭の実店舗がない方でも “一蘭の雰囲気が楽しめる” ことに値段相応の……いや、それ以上の価値があるのではないかと筆者は感じています。発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。
発売当初は売り切れ続出、公式通販(おみやげ一蘭)でも再入荷未定が続くなど、入手困難な状況が続いていましたが、ようやく在庫が安定してきたようなので、一蘭が好きな方も実店舗に行ったことがない方も、一度は試してみてください。