【速報】尾身会長「パブリックビューは矛盾」 実施に慎重な判断求める

政府の分科会の尾身会長は、パブリックビューイングの開催に慎重な判断を求めた。
分科会・尾身茂会長「パブリックビューイングをやるのなら、おそらくダブルメッセージになって、一般の人の協力が得られないということもある、慎重に考えて判断してもらえれば」
尾身会長は、東京オリンピック・パラリンピックの開催中は、県を越えての移動を控えるなどの要請をする必要があるとした。
その一方で、パブリックビューイングを行うと、矛盾したメッセージを伝えることになり、人々の協力を得にくくなるとの懸念を示した。
仮に行う場合には、かなり簡素にするなど、感染しない努力をすべきだとして、関係者に対し、慎重な判断を求めた。