菅原一秀前経産相、議員辞職へ 離党届も提出 現金配布疑い受け

自民党の菅原一秀・前経済産業相(59)が、議員辞職する方針を固めた。菅原氏は1日、関係者を通じて自民党に離党届を提出。近く衆院に議員辞職願を提出する見通しだ。菅原氏が選挙区内の祭りなどで住民らに現金を配った疑いが浮上しており、東京地検特捜部から任意で事情聴取されたことを受けた措置とみられる。衆院は3日の本会議で菅原氏の辞職を許可する方針。
自民幹部「ダメージだよ」 菅原氏の起訴相当に
菅原氏は菅義偉首相の側近の一人とされ、2019年9月に経産相として初入閣したが、金品配布疑惑が報じられたため同年10月に辞任した。【東久保逸夫】