代々木公園の五輪パブリックビューイングを中止 “ワクチン接種会場”にする方針 東京都

東京都は、オリンピック期間中に競技のパブリックビューイングを予定していた代々木公園の会場を新型コロナワクチンの接種会場として活用する方針を明らかにした。

【映像】小池知事 五輪に向け「3つの徹底」行う
東京都は8日から築地市場の跡地で警視庁の職員らにワクチンの集団接種を始める予定だ。しかし、東京大会の期間中は車両基地として活用されるため、7月以降は接種会場を代々木公園に移転させる。都の担当者によると、オリンピック期間中の代々木公園でのパブリックビューイングは中止するという。