二階氏「政治とカネ、ずいぶんきれいになっている」会見で強調

自民党の二階俊博幹事長は1日の記者会見で、「政治とカネ」をめぐる事件や問題が相次いでいることについて「問題が言われて久しい。ずいぶん政治とカネの問題はきれいになってきているじゃないですか。このことは、マスコミも一般国民の皆さんも評価していただいてしかるべきだと思う」と述べた。
首相の「やぎさん答弁」 上西充子氏と読む
また二階氏は「カネのかからない選挙を誰が一番望んでいるかというと、候補者だ。カネのかかる選挙なんか希望している人はいない」と強調。「真面目に政治を志す者にとって、カネが必要だなんて言われること自体が屈辱だ。我々は内心けしからん話だと思っていますよ。そういうことが国民に理解されるように我々も努力したい」と語った。