小室圭さんと眞子さま「逆転のバースデー婚」の可能性

たとえ望まれない形であっても、二人は結婚に踏み切るつもりなのだろうか――。宮内庁OBで皇室ジャーナリストの山下晋司氏が言う。
「昨年11月13日に発表された眞子内親王殿下の『お気持ち』文書がすべてです。結婚を『生きていくために必要な選択』と表現されたことから、何があろうとも結婚するという強い意思を感じます。発表を認めた秋篠宮殿下と宮内庁も結婚は止められないと判断したのでしょう。
6月中旬頃には各儀式の日程が発表されるでしょう。オリンピック前後に『納采の儀』が、そしてパラリンピック後に『告期の儀』が行われ、結婚式となるでしょう。10月23日には眞子内親王殿下の30歳の誕生日があるので、タイミングとしてもいいのではないでしょうか」
かねてより「30歳までに結婚」と語っていた眞子さま。『バースデー婚』を目指す二人だが、世間に祝福ムードは醸成(じょうせい)されていない。原因は4月8日に発表された28枚に及ぶ「小室文書」だ。
文書内で金銭的な援助を受けた母・佳代さんの元婚約相手X氏に対して「解決金を払わない」とした小室圭さん(29)だが、4日後の4月12日には一転して支払いの意思を表明。しかしX氏が4月16日発売の『週刊現代』のインタビューで申し出を拒否し、交渉は早々に暗礁(あんしょう)に乗り上げた。また文書自体も秋篠宮さまやX氏への謝罪が一言もなく「どこまで自分勝手なんだ」と大炎上。作成に深く関わったとされる眞子さまにも非難が集中する散々な結果となってしまった。そんな中で本当に『バースデー婚』などあるのだろうか……。ある宮内庁関係者はまったく別の理由で、結婚が現実になる可能性があると語る。「10月中に式を挙げたいというのは、ほかならぬ秋篠宮さま自身のお考えでもあります。11月末には殿下の誕生日が、さらに12月1日には愛子さまの二十歳の誕生日があります。もしそれまでに決着しないようであれば、祝いの席でまた小室さんについて言及しなくてはいけなくなる。皇室の晴れ舞台に水を差さないようにするためにも、早急に決着させたいというのが秋篠宮さまの意向です」5ヵ月後の結婚となると、かなりの強行スケジュールとなるが、現実的に可能なのか。前出の山下氏が続ける。「女性皇族の場合、皇室から離れることになるので、実は宮内庁が行う手続きはあまりありません。側近の職員は大変だと思いますが、十分可能です」次なる勝負手かねてより「国民に理解され、望まれる結婚となって欲しい」と話されていた秋篠宮さま。いくらスケジュール的に可能であっても、世間は二人の結婚を祝うムードとはほど遠いように思われる。しかし――。圭さんはすでに新たな一手を用意しているという。それが7月末と噂されている『緊急帰国』だ。「圭さんは今月末で米・フォーダム大のロースクールを卒業されます。そのまま7月下旬にはニューヨーク州の司法試験を受ける予定。宮内記者会では、その受験が終わる7月末に一時帰国するのではないかと噂されています。本来であれば圭さんは文書でカタをつけようと考えていたのだと思いますが、ここまで話が大きくなってしまっては、当事者不在ではすまされない。また『説明責任を果たすべき』という秋篠宮さまの意向も無視したままです。東京オリンピックに沸く8月なら、報道が分散するという目論見(もくろみ)もあるのでしょう。秋篠宮さまへの挨拶や記者会見を行うことで、世間に納得してもらおうと考えていても不思議はありません」(宮内庁職員)はたして挨拶や記者会見で周囲の懸念を晴らすことができるのか。皇室ジャーナリストの神田秀一氏は誠意ある対応を見せてほしいと語る。「小室母子には不明確なところが多すぎる。たとえば支払うと言った解決金にしても、出所が明かされていません。眞子さまには皇族の品位保持のための『皇族費』として、公費から毎年915万円が支払われています。眞子さまが望まれれば、そこから解決金を捻出することは簡単です。ただし、我々の税金がこんな使われ方をするのではないかという疑念があるうちは、心から結婚を祝うことができるわけがない。小室さんが不信感に一つ一つ丁寧に向き合っていかない限り、国民の理解は得られないと思います」結婚までの道のりはまだまだ遠そうだ。『FRIDAY』2021年6月4日号より
また文書自体も秋篠宮さまやX氏への謝罪が一言もなく「どこまで自分勝手なんだ」と大炎上。作成に深く関わったとされる眞子さまにも非難が集中する散々な結果となってしまった。そんな中で本当に『バースデー婚』などあるのだろうか……。ある宮内庁関係者はまったく別の理由で、結婚が現実になる可能性があると語る。「10月中に式を挙げたいというのは、ほかならぬ秋篠宮さま自身のお考えでもあります。11月末には殿下の誕生日が、さらに12月1日には愛子さまの二十歳の誕生日があります。もしそれまでに決着しないようであれば、祝いの席でまた小室さんについて言及しなくてはいけなくなる。皇室の晴れ舞台に水を差さないようにするためにも、早急に決着させたいというのが秋篠宮さまの意向です」5ヵ月後の結婚となると、かなりの強行スケジュールとなるが、現実的に可能なのか。前出の山下氏が続ける。「女性皇族の場合、皇室から離れることになるので、実は宮内庁が行う手続きはあまりありません。側近の職員は大変だと思いますが、十分可能です」次なる勝負手かねてより「国民に理解され、望まれる結婚となって欲しい」と話されていた秋篠宮さま。いくらスケジュール的に可能であっても、世間は二人の結婚を祝うムードとはほど遠いように思われる。しかし――。圭さんはすでに新たな一手を用意しているという。それが7月末と噂されている『緊急帰国』だ。「圭さんは今月末で米・フォーダム大のロースクールを卒業されます。そのまま7月下旬にはニューヨーク州の司法試験を受ける予定。宮内記者会では、その受験が終わる7月末に一時帰国するのではないかと噂されています。本来であれば圭さんは文書でカタをつけようと考えていたのだと思いますが、ここまで話が大きくなってしまっては、当事者不在ではすまされない。また『説明責任を果たすべき』という秋篠宮さまの意向も無視したままです。東京オリンピックに沸く8月なら、報道が分散するという目論見(もくろみ)もあるのでしょう。秋篠宮さまへの挨拶や記者会見を行うことで、世間に納得してもらおうと考えていても不思議はありません」(宮内庁職員)はたして挨拶や記者会見で周囲の懸念を晴らすことができるのか。皇室ジャーナリストの神田秀一氏は誠意ある対応を見せてほしいと語る。「小室母子には不明確なところが多すぎる。たとえば支払うと言った解決金にしても、出所が明かされていません。眞子さまには皇族の品位保持のための『皇族費』として、公費から毎年915万円が支払われています。眞子さまが望まれれば、そこから解決金を捻出することは簡単です。ただし、我々の税金がこんな使われ方をするのではないかという疑念があるうちは、心から結婚を祝うことができるわけがない。小室さんが不信感に一つ一つ丁寧に向き合っていかない限り、国民の理解は得られないと思います」結婚までの道のりはまだまだ遠そうだ。『FRIDAY』2021年6月4日号より
そんな中で本当に『バースデー婚』などあるのだろうか……。ある宮内庁関係者はまったく別の理由で、結婚が現実になる可能性があると語る。「10月中に式を挙げたいというのは、ほかならぬ秋篠宮さま自身のお考えでもあります。11月末には殿下の誕生日が、さらに12月1日には愛子さまの二十歳の誕生日があります。もしそれまでに決着しないようであれば、祝いの席でまた小室さんについて言及しなくてはいけなくなる。皇室の晴れ舞台に水を差さないようにするためにも、早急に決着させたいというのが秋篠宮さまの意向です」5ヵ月後の結婚となると、かなりの強行スケジュールとなるが、現実的に可能なのか。前出の山下氏が続ける。「女性皇族の場合、皇室から離れることになるので、実は宮内庁が行う手続きはあまりありません。側近の職員は大変だと思いますが、十分可能です」次なる勝負手かねてより「国民に理解され、望まれる結婚となって欲しい」と話されていた秋篠宮さま。いくらスケジュール的に可能であっても、世間は二人の結婚を祝うムードとはほど遠いように思われる。しかし――。圭さんはすでに新たな一手を用意しているという。それが7月末と噂されている『緊急帰国』だ。「圭さんは今月末で米・フォーダム大のロースクールを卒業されます。そのまま7月下旬にはニューヨーク州の司法試験を受ける予定。宮内記者会では、その受験が終わる7月末に一時帰国するのではないかと噂されています。本来であれば圭さんは文書でカタをつけようと考えていたのだと思いますが、ここまで話が大きくなってしまっては、当事者不在ではすまされない。また『説明責任を果たすべき』という秋篠宮さまの意向も無視したままです。東京オリンピックに沸く8月なら、報道が分散するという目論見(もくろみ)もあるのでしょう。秋篠宮さまへの挨拶や記者会見を行うことで、世間に納得してもらおうと考えていても不思議はありません」(宮内庁職員)はたして挨拶や記者会見で周囲の懸念を晴らすことができるのか。皇室ジャーナリストの神田秀一氏は誠意ある対応を見せてほしいと語る。「小室母子には不明確なところが多すぎる。たとえば支払うと言った解決金にしても、出所が明かされていません。眞子さまには皇族の品位保持のための『皇族費』として、公費から毎年915万円が支払われています。眞子さまが望まれれば、そこから解決金を捻出することは簡単です。ただし、我々の税金がこんな使われ方をするのではないかという疑念があるうちは、心から結婚を祝うことができるわけがない。小室さんが不信感に一つ一つ丁寧に向き合っていかない限り、国民の理解は得られないと思います」結婚までの道のりはまだまだ遠そうだ。『FRIDAY』2021年6月4日号より
「10月中に式を挙げたいというのは、ほかならぬ秋篠宮さま自身のお考えでもあります。11月末には殿下の誕生日が、さらに12月1日には愛子さまの二十歳の誕生日があります。もしそれまでに決着しないようであれば、祝いの席でまた小室さんについて言及しなくてはいけなくなる。皇室の晴れ舞台に水を差さないようにするためにも、早急に決着させたいというのが秋篠宮さまの意向です」5ヵ月後の結婚となると、かなりの強行スケジュールとなるが、現実的に可能なのか。前出の山下氏が続ける。「女性皇族の場合、皇室から離れることになるので、実は宮内庁が行う手続きはあまりありません。側近の職員は大変だと思いますが、十分可能です」次なる勝負手かねてより「国民に理解され、望まれる結婚となって欲しい」と話されていた秋篠宮さま。いくらスケジュール的に可能であっても、世間は二人の結婚を祝うムードとはほど遠いように思われる。しかし――。圭さんはすでに新たな一手を用意しているという。それが7月末と噂されている『緊急帰国』だ。「圭さんは今月末で米・フォーダム大のロースクールを卒業されます。そのまま7月下旬にはニューヨーク州の司法試験を受ける予定。宮内記者会では、その受験が終わる7月末に一時帰国するのではないかと噂されています。本来であれば圭さんは文書でカタをつけようと考えていたのだと思いますが、ここまで話が大きくなってしまっては、当事者不在ではすまされない。また『説明責任を果たすべき』という秋篠宮さまの意向も無視したままです。東京オリンピックに沸く8月なら、報道が分散するという目論見(もくろみ)もあるのでしょう。秋篠宮さまへの挨拶や記者会見を行うことで、世間に納得してもらおうと考えていても不思議はありません」(宮内庁職員)はたして挨拶や記者会見で周囲の懸念を晴らすことができるのか。皇室ジャーナリストの神田秀一氏は誠意ある対応を見せてほしいと語る。「小室母子には不明確なところが多すぎる。たとえば支払うと言った解決金にしても、出所が明かされていません。眞子さまには皇族の品位保持のための『皇族費』として、公費から毎年915万円が支払われています。眞子さまが望まれれば、そこから解決金を捻出することは簡単です。ただし、我々の税金がこんな使われ方をするのではないかという疑念があるうちは、心から結婚を祝うことができるわけがない。小室さんが不信感に一つ一つ丁寧に向き合っていかない限り、国民の理解は得られないと思います」結婚までの道のりはまだまだ遠そうだ。『FRIDAY』2021年6月4日号より
5ヵ月後の結婚となると、かなりの強行スケジュールとなるが、現実的に可能なのか。前出の山下氏が続ける。「女性皇族の場合、皇室から離れることになるので、実は宮内庁が行う手続きはあまりありません。側近の職員は大変だと思いますが、十分可能です」次なる勝負手かねてより「国民に理解され、望まれる結婚となって欲しい」と話されていた秋篠宮さま。いくらスケジュール的に可能であっても、世間は二人の結婚を祝うムードとはほど遠いように思われる。しかし――。圭さんはすでに新たな一手を用意しているという。それが7月末と噂されている『緊急帰国』だ。「圭さんは今月末で米・フォーダム大のロースクールを卒業されます。そのまま7月下旬にはニューヨーク州の司法試験を受ける予定。宮内記者会では、その受験が終わる7月末に一時帰国するのではないかと噂されています。本来であれば圭さんは文書でカタをつけようと考えていたのだと思いますが、ここまで話が大きくなってしまっては、当事者不在ではすまされない。また『説明責任を果たすべき』という秋篠宮さまの意向も無視したままです。東京オリンピックに沸く8月なら、報道が分散するという目論見(もくろみ)もあるのでしょう。秋篠宮さまへの挨拶や記者会見を行うことで、世間に納得してもらおうと考えていても不思議はありません」(宮内庁職員)はたして挨拶や記者会見で周囲の懸念を晴らすことができるのか。皇室ジャーナリストの神田秀一氏は誠意ある対応を見せてほしいと語る。「小室母子には不明確なところが多すぎる。たとえば支払うと言った解決金にしても、出所が明かされていません。眞子さまには皇族の品位保持のための『皇族費』として、公費から毎年915万円が支払われています。眞子さまが望まれれば、そこから解決金を捻出することは簡単です。ただし、我々の税金がこんな使われ方をするのではないかという疑念があるうちは、心から結婚を祝うことができるわけがない。小室さんが不信感に一つ一つ丁寧に向き合っていかない限り、国民の理解は得られないと思います」結婚までの道のりはまだまだ遠そうだ。『FRIDAY』2021年6月4日号より
「女性皇族の場合、皇室から離れることになるので、実は宮内庁が行う手続きはあまりありません。側近の職員は大変だと思いますが、十分可能です」次なる勝負手かねてより「国民に理解され、望まれる結婚となって欲しい」と話されていた秋篠宮さま。いくらスケジュール的に可能であっても、世間は二人の結婚を祝うムードとはほど遠いように思われる。しかし――。圭さんはすでに新たな一手を用意しているという。それが7月末と噂されている『緊急帰国』だ。「圭さんは今月末で米・フォーダム大のロースクールを卒業されます。そのまま7月下旬にはニューヨーク州の司法試験を受ける予定。宮内記者会では、その受験が終わる7月末に一時帰国するのではないかと噂されています。本来であれば圭さんは文書でカタをつけようと考えていたのだと思いますが、ここまで話が大きくなってしまっては、当事者不在ではすまされない。また『説明責任を果たすべき』という秋篠宮さまの意向も無視したままです。東京オリンピックに沸く8月なら、報道が分散するという目論見(もくろみ)もあるのでしょう。秋篠宮さまへの挨拶や記者会見を行うことで、世間に納得してもらおうと考えていても不思議はありません」(宮内庁職員)はたして挨拶や記者会見で周囲の懸念を晴らすことができるのか。皇室ジャーナリストの神田秀一氏は誠意ある対応を見せてほしいと語る。「小室母子には不明確なところが多すぎる。たとえば支払うと言った解決金にしても、出所が明かされていません。眞子さまには皇族の品位保持のための『皇族費』として、公費から毎年915万円が支払われています。眞子さまが望まれれば、そこから解決金を捻出することは簡単です。ただし、我々の税金がこんな使われ方をするのではないかという疑念があるうちは、心から結婚を祝うことができるわけがない。小室さんが不信感に一つ一つ丁寧に向き合っていかない限り、国民の理解は得られないと思います」結婚までの道のりはまだまだ遠そうだ。『FRIDAY』2021年6月4日号より
かねてより「国民に理解され、望まれる結婚となって欲しい」と話されていた秋篠宮さま。いくらスケジュール的に可能であっても、世間は二人の結婚を祝うムードとはほど遠いように思われる。しかし――。圭さんはすでに新たな一手を用意しているという。それが7月末と噂されている『緊急帰国』だ。「圭さんは今月末で米・フォーダム大のロースクールを卒業されます。そのまま7月下旬にはニューヨーク州の司法試験を受ける予定。宮内記者会では、その受験が終わる7月末に一時帰国するのではないかと噂されています。本来であれば圭さんは文書でカタをつけようと考えていたのだと思いますが、ここまで話が大きくなってしまっては、当事者不在ではすまされない。また『説明責任を果たすべき』という秋篠宮さまの意向も無視したままです。東京オリンピックに沸く8月なら、報道が分散するという目論見(もくろみ)もあるのでしょう。秋篠宮さまへの挨拶や記者会見を行うことで、世間に納得してもらおうと考えていても不思議はありません」(宮内庁職員)はたして挨拶や記者会見で周囲の懸念を晴らすことができるのか。皇室ジャーナリストの神田秀一氏は誠意ある対応を見せてほしいと語る。「小室母子には不明確なところが多すぎる。たとえば支払うと言った解決金にしても、出所が明かされていません。眞子さまには皇族の品位保持のための『皇族費』として、公費から毎年915万円が支払われています。眞子さまが望まれれば、そこから解決金を捻出することは簡単です。ただし、我々の税金がこんな使われ方をするのではないかという疑念があるうちは、心から結婚を祝うことができるわけがない。小室さんが不信感に一つ一つ丁寧に向き合っていかない限り、国民の理解は得られないと思います」結婚までの道のりはまだまだ遠そうだ。『FRIDAY』2021年6月4日号より
「圭さんは今月末で米・フォーダム大のロースクールを卒業されます。そのまま7月下旬にはニューヨーク州の司法試験を受ける予定。宮内記者会では、その受験が終わる7月末に一時帰国するのではないかと噂されています。本来であれば圭さんは文書でカタをつけようと考えていたのだと思いますが、ここまで話が大きくなってしまっては、当事者不在ではすまされない。また『説明責任を果たすべき』という秋篠宮さまの意向も無視したままです。東京オリンピックに沸く8月なら、報道が分散するという目論見(もくろみ)もあるのでしょう。秋篠宮さまへの挨拶や記者会見を行うことで、世間に納得してもらおうと考えていても不思議はありません」(宮内庁職員)はたして挨拶や記者会見で周囲の懸念を晴らすことができるのか。皇室ジャーナリストの神田秀一氏は誠意ある対応を見せてほしいと語る。「小室母子には不明確なところが多すぎる。たとえば支払うと言った解決金にしても、出所が明かされていません。眞子さまには皇族の品位保持のための『皇族費』として、公費から毎年915万円が支払われています。眞子さまが望まれれば、そこから解決金を捻出することは簡単です。ただし、我々の税金がこんな使われ方をするのではないかという疑念があるうちは、心から結婚を祝うことができるわけがない。小室さんが不信感に一つ一つ丁寧に向き合っていかない限り、国民の理解は得られないと思います」結婚までの道のりはまだまだ遠そうだ。『FRIDAY』2021年6月4日号より
また『説明責任を果たすべき』という秋篠宮さまの意向も無視したままです。東京オリンピックに沸く8月なら、報道が分散するという目論見(もくろみ)もあるのでしょう。秋篠宮さまへの挨拶や記者会見を行うことで、世間に納得してもらおうと考えていても不思議はありません」(宮内庁職員)はたして挨拶や記者会見で周囲の懸念を晴らすことができるのか。皇室ジャーナリストの神田秀一氏は誠意ある対応を見せてほしいと語る。「小室母子には不明確なところが多すぎる。たとえば支払うと言った解決金にしても、出所が明かされていません。眞子さまには皇族の品位保持のための『皇族費』として、公費から毎年915万円が支払われています。眞子さまが望まれれば、そこから解決金を捻出することは簡単です。ただし、我々の税金がこんな使われ方をするのではないかという疑念があるうちは、心から結婚を祝うことができるわけがない。小室さんが不信感に一つ一つ丁寧に向き合っていかない限り、国民の理解は得られないと思います」結婚までの道のりはまだまだ遠そうだ。『FRIDAY』2021年6月4日号より
はたして挨拶や記者会見で周囲の懸念を晴らすことができるのか。皇室ジャーナリストの神田秀一氏は誠意ある対応を見せてほしいと語る。「小室母子には不明確なところが多すぎる。たとえば支払うと言った解決金にしても、出所が明かされていません。眞子さまには皇族の品位保持のための『皇族費』として、公費から毎年915万円が支払われています。眞子さまが望まれれば、そこから解決金を捻出することは簡単です。ただし、我々の税金がこんな使われ方をするのではないかという疑念があるうちは、心から結婚を祝うことができるわけがない。小室さんが不信感に一つ一つ丁寧に向き合っていかない限り、国民の理解は得られないと思います」結婚までの道のりはまだまだ遠そうだ。『FRIDAY』2021年6月4日号より
「小室母子には不明確なところが多すぎる。たとえば支払うと言った解決金にしても、出所が明かされていません。眞子さまには皇族の品位保持のための『皇族費』として、公費から毎年915万円が支払われています。眞子さまが望まれれば、そこから解決金を捻出することは簡単です。ただし、我々の税金がこんな使われ方をするのではないかという疑念があるうちは、心から結婚を祝うことができるわけがない。小室さんが不信感に一つ一つ丁寧に向き合っていかない限り、国民の理解は得られないと思います」結婚までの道のりはまだまだ遠そうだ。『FRIDAY』2021年6月4日号より
ただし、我々の税金がこんな使われ方をするのではないかという疑念があるうちは、心から結婚を祝うことができるわけがない。小室さんが不信感に一つ一つ丁寧に向き合っていかない限り、国民の理解は得られないと思います」結婚までの道のりはまだまだ遠そうだ。『FRIDAY』2021年6月4日号より
結婚までの道のりはまだまだ遠そうだ。『FRIDAY』2021年6月4日号より
『FRIDAY』2021年6月4日号より