マスク着用? 運動会練習で熱中症か 生徒8人搬送

多くの救急隊員や警察官が行き交い、中学校は、物々しい雰囲気に包まれています。
福岡県篠栗町にある中学校で、先月31日午前9時から校庭で運動会のリハーサルをしていたところ、正午ごろにかけて複数の生徒が体調不良を訴えました。
震えや過呼吸などの症状があり、男子生徒1人と女子生徒7人の合わせて、8人が病院に搬送されたということです。熱中症とみられています。
点滴などの治療を受けると全員快方に向かい、病院から直接帰宅したということです。
中学校の校長は「競技中のマスクは、外しても良いと言っていた。競技がない時は十分、水分補給しなさいと伝えていた」と話しました。
マスクの着用などは生徒の判断に任せていたということですが、中学校の公式フェイスブックには、多くの生徒がマスクを取らずに、競技をしている写真が、数多く掲載されていました。
今回の8人が当時、マスクを着用していたかは分かっていません。
篠栗町の最寄りの観測点では、先月31日正午ごろの気温が29.1度に達していました。