手足3本事故で失ったサラリーマンの朝 風呂、弁当作り、着替え…「もう朝飯前」に1人で済ませる

右手と両足を事故で失ったサラリーマンの山田千紘さん(29)が2021年5月29日、自身の公式YouTubeチャンネルに、モーニングルーティーン動画を公開して反響を呼んでいる。
山田さんは事故からちょうど8年後の20年7月24日にYouTubeチャンネルを開設し、前向きに歩む姿を配信し続けている。メディアでも過去ハーバー・ビジネス・オンラインや朝日新聞などの取材を受け、自身の人生について赤裸々に語ってきた。
山田さんは20歳の時に駅のホームから転落して電車に轢かれ、右手と両足を失った。当初は自殺を考えるほどふさぎ込んでいたものの、周囲の支えもあって人生を前向きにとらえるようになり、その後、懸命な努力の末に義足の使い方をマスター。現在は親元を離れて一人暮らしをしながら、会社勤めをしている。こうしたこれまでの人生もYouTubeチャンネルの動画の中で明かしてきた。
このほど公開された「【GRWM】片腕一本しかないサラリーマンのモーニングルーティーン」と題した動画で、山田さんは「今日はモーニングルーティーンですね。29歳、独身、手足なしのモーニングルーティーンということでね」と趣旨説明。5時50分に起床すると、ベッドに横づけされた車いすに飛び乗りバスルームへ。車いすの上で服を脱ぎ、浴室へジャンプして入っていった。
シャワーを浴び終えると、洗面台の前に座る山田さん。「もう片方の手があったらね~。髪乾かすの楽なんだけどね」と言いつつも、左手に持ったドライヤーで器用に髪を乾かしていく。そこから、キッチンへ移動してお弁当づくりを開始。「これは卵焼きですね。いつも通り順調に作ってる感じですね」と説明し、卵を割り、かき混ぜ、焼き上げるという卵焼きの調理を、片手でスムーズにこなして見せた。そして、山田さんは義足・義手を装着し、スーツに着替えた。ベルトを巻く時には「片手でこれやるの結構大変なんだよ」とぼやきながらも、「ただまぁ、毎日やってることなので、こんなのがもう朝飯前でございます」とスルスルとベルトループに通し、サクッとバックルをはめて出勤前の準備を終えていた。コメント欄には「ここに至る迄の努力と根性、色々な事を考えながら見入ってしまいました」「ここまでのルーティンを達成するまでにはとてつもない努力と苦労があったと思います。感動しました」など、称賛の声が寄せられている。
そこから、キッチンへ移動してお弁当づくりを開始。「これは卵焼きですね。いつも通り順調に作ってる感じですね」と説明し、卵を割り、かき混ぜ、焼き上げるという卵焼きの調理を、片手でスムーズにこなして見せた。そして、山田さんは義足・義手を装着し、スーツに着替えた。ベルトを巻く時には「片手でこれやるの結構大変なんだよ」とぼやきながらも、「ただまぁ、毎日やってることなので、こんなのがもう朝飯前でございます」とスルスルとベルトループに通し、サクッとバックルをはめて出勤前の準備を終えていた。コメント欄には「ここに至る迄の努力と根性、色々な事を考えながら見入ってしまいました」「ここまでのルーティンを達成するまでにはとてつもない努力と苦労があったと思います。感動しました」など、称賛の声が寄せられている。
そして、山田さんは義足・義手を装着し、スーツに着替えた。ベルトを巻く時には「片手でこれやるの結構大変なんだよ」とぼやきながらも、「ただまぁ、毎日やってることなので、こんなのがもう朝飯前でございます」とスルスルとベルトループに通し、サクッとバックルをはめて出勤前の準備を終えていた。コメント欄には「ここに至る迄の努力と根性、色々な事を考えながら見入ってしまいました」「ここまでのルーティンを達成するまでにはとてつもない努力と苦労があったと思います。感動しました」など、称賛の声が寄せられている。
コメント欄には「ここに至る迄の努力と根性、色々な事を考えながら見入ってしまいました」「ここまでのルーティンを達成するまでにはとてつもない努力と苦労があったと思います。感動しました」など、称賛の声が寄せられている。