倉庫から大量の大麻草も 大麻所持の疑いで社長逮捕

熊本県山鹿市で乾燥大麻を所持していた疑いで会社社長の男が逮捕されました。男が経営する会社からは栽培していた大麻草も見つかっています。
佐藤勝利容疑者(56)は先月31日、自分が経営する山鹿市の会社倉庫の中で乾燥大麻を所持していたとして現行犯逮捕されました。
去年の秋ごろ、警察に情報提供があり、捜査が進んでいました。
警察によりますと、佐藤容疑者の会社の倉庫からは大麻草約90本が見つかっていて、警察は販売目的で栽培していたとみて裏付けを進めています。