うわさの「相場」参考?役場へのコネ採用依頼、菓子箱と一緒に200万円

福岡県みやこ町の職員採用試験を巡る贈収賄事件は、県警のこれまでの調べで、息子を試験に合格させようとした両親が地元の有力者を通じ、町議の上田重光容疑者(72)(あっせん収賄容疑などで逮捕)を頼った構図が明らかになりつつある。
地域の古い体質などから、「事件は起こるべくして起きた」との見方もある。(横山潤、高松秀明)

捜査関係者によると、贈賄容疑で逮捕された事務員の原口国文(67)、妻の幸恵(61)両容疑者は、上田容疑者とは面識がなかった。夫妻が相談したのは、旧勝山町長を父に持ち、地元で「面倒見がいい」と評判だった土木工事会社役員の福森猛容疑者(73)(贈賄容疑で逮捕)だった。
両容疑者の息子は大学進学で町外に出て、そのまま働いていたが、実家の田畑などを引き継ぐため地元にUターンし、職を探していた。2019年度の採用試験は、年齢制限(30歳まで)の上限で、受験できる最後の年。両容疑者は1、2次試験を突破した息子を確実に合格させたいと望んでいたという。
夫妻から相談された福森容疑者は、自分が長年支援していた上田容疑者に頼むことに決めた。国文容疑者と一緒に上田容疑者に会って、菓子箱と200万円が一緒に入った袋を渡した。
上田容疑者は「長年の付き合いがある福森容疑者からの依頼なので応じた」と容疑を認めており、5月27日に親族を通じて町議の辞職願を提出した。漏えい持ちかけ 「最終面接の質問項目を教えてほしい」。上田容疑者は、最終面接の面接官だった副町長、三隅忠容疑者(62)(地方公務員法違反容疑で書類送検、5月11日付で辞職)に持ちかけた。 三隅容疑者は、上田容疑者が町議会議長だったときの議会事務局長。2人は親戚関係でもあるが、県警は上田容疑者が町議の立場で、副町長に対し、職務上不正な行為をさせて賄賂を受け取ったと判断。あっせん収賄容疑での逮捕に踏み切った。三隅容疑者は県警の任意の調べに、「副町長という立場上、町議の頼みを断れなかった」などと説明しているという。議長の経験も 町関係者らによると、上田容疑者は、福森容疑者が支援していたことからも見て取れるように、建設業者とつながりが深い。議会内でも国道整備事業の特別委員会で委員長を務めるなど、「建設工事に強い」と一目置かれていた。旧豊津町時代の1996年に初当選し、合併後のみやこ町で5期目。議長経験者で他の議員をまとめることができたため、町執行部に対する影響力も大きかった。 一方、三隅容疑者は役場職員時代は建設や上下水道など技術畑が長かったが、2015年4月に議会事務局長に就任。同局長で退職し、19年4月に副町長に就任していた。息子「答えられない」 最終面接の受験者は11人で、このうち原口夫妻の息子を含む6人が合格。息子は20年4月から現在も町役場で勤務している。 息子は5月17日、読売新聞の取材に対し、不正合格を認識していたかどうかについて、「公判があるので、答えられない」と明言を避けた。そのうえで、「普段の仕事で不正などはしていない。真剣にやっている。もし役場に残してもらえるなら、誠心誠意働きたい」と話した。採用巡る事件 過去にも みやこ町など1市4町でつくる京築広域圏消防本部でも2018年、職員採用を巡る不正が捜査の対象となった。特定の受験者を合格させるよう、同本部の幹部に働きかけた見返りに100万円を受け取ったとして、築上町議があっせん収賄容疑で逮捕された(町議は起訴後に病死し、公訴棄却)。 地元では縁故による就職依頼の相場が決まっているといううわさ話があり、県警は、原口夫妻はそれらを参考に今回の金額を決めたとみている。 複数回当選している町議の一人は「残念だが、起きるべくして起きた事件」と語る。また、別の議員は「カネを使って便宜を図ってもらう考え方が染みついている。これを機に住民側も意識を改めるべきだ」と指摘した。 みやこ町の職員採用試験は19年度に1次試験を筆記から面接に変更し、28歳までだった受験資格が30歳までに緩和されている。町側は優秀な人材を確保するためと説明。実際、受験者は前年度の13人から102人へと大幅に増えたが、町議からは受験資格の緩和の背景に今回の事件があったとみて、議会などで追及するべきだとの声が上がっている。

「最終面接の質問項目を教えてほしい」。上田容疑者は、最終面接の面接官だった副町長、三隅忠容疑者(62)(地方公務員法違反容疑で書類送検、5月11日付で辞職)に持ちかけた。 三隅容疑者は、上田容疑者が町議会議長だったときの議会事務局長。2人は親戚関係でもあるが、県警は上田容疑者が町議の立場で、副町長に対し、職務上不正な行為をさせて賄賂を受け取ったと判断。あっせん収賄容疑での逮捕に踏み切った。三隅容疑者は県警の任意の調べに、「副町長という立場上、町議の頼みを断れなかった」などと説明しているという。議長の経験も 町関係者らによると、上田容疑者は、福森容疑者が支援していたことからも見て取れるように、建設業者とつながりが深い。議会内でも国道整備事業の特別委員会で委員長を務めるなど、「建設工事に強い」と一目置かれていた。旧豊津町時代の1996年に初当選し、合併後のみやこ町で5期目。議長経験者で他の議員をまとめることができたため、町執行部に対する影響力も大きかった。 一方、三隅容疑者は役場職員時代は建設や上下水道など技術畑が長かったが、2015年4月に議会事務局長に就任。同局長で退職し、19年4月に副町長に就任していた。息子「答えられない」 最終面接の受験者は11人で、このうち原口夫妻の息子を含む6人が合格。息子は20年4月から現在も町役場で勤務している。 息子は5月17日、読売新聞の取材に対し、不正合格を認識していたかどうかについて、「公判があるので、答えられない」と明言を避けた。そのうえで、「普段の仕事で不正などはしていない。真剣にやっている。もし役場に残してもらえるなら、誠心誠意働きたい」と話した。採用巡る事件 過去にも みやこ町など1市4町でつくる京築広域圏消防本部でも2018年、職員採用を巡る不正が捜査の対象となった。特定の受験者を合格させるよう、同本部の幹部に働きかけた見返りに100万円を受け取ったとして、築上町議があっせん収賄容疑で逮捕された(町議は起訴後に病死し、公訴棄却)。 地元では縁故による就職依頼の相場が決まっているといううわさ話があり、県警は、原口夫妻はそれらを参考に今回の金額を決めたとみている。 複数回当選している町議の一人は「残念だが、起きるべくして起きた事件」と語る。また、別の議員は「カネを使って便宜を図ってもらう考え方が染みついている。これを機に住民側も意識を改めるべきだ」と指摘した。 みやこ町の職員採用試験は19年度に1次試験を筆記から面接に変更し、28歳までだった受験資格が30歳までに緩和されている。町側は優秀な人材を確保するためと説明。実際、受験者は前年度の13人から102人へと大幅に増えたが、町議からは受験資格の緩和の背景に今回の事件があったとみて、議会などで追及するべきだとの声が上がっている。
三隅容疑者は、上田容疑者が町議会議長だったときの議会事務局長。2人は親戚関係でもあるが、県警は上田容疑者が町議の立場で、副町長に対し、職務上不正な行為をさせて賄賂を受け取ったと判断。あっせん収賄容疑での逮捕に踏み切った。三隅容疑者は県警の任意の調べに、「副町長という立場上、町議の頼みを断れなかった」などと説明しているという。議長の経験も 町関係者らによると、上田容疑者は、福森容疑者が支援していたことからも見て取れるように、建設業者とつながりが深い。議会内でも国道整備事業の特別委員会で委員長を務めるなど、「建設工事に強い」と一目置かれていた。旧豊津町時代の1996年に初当選し、合併後のみやこ町で5期目。議長経験者で他の議員をまとめることができたため、町執行部に対する影響力も大きかった。 一方、三隅容疑者は役場職員時代は建設や上下水道など技術畑が長かったが、2015年4月に議会事務局長に就任。同局長で退職し、19年4月に副町長に就任していた。息子「答えられない」 最終面接の受験者は11人で、このうち原口夫妻の息子を含む6人が合格。息子は20年4月から現在も町役場で勤務している。 息子は5月17日、読売新聞の取材に対し、不正合格を認識していたかどうかについて、「公判があるので、答えられない」と明言を避けた。そのうえで、「普段の仕事で不正などはしていない。真剣にやっている。もし役場に残してもらえるなら、誠心誠意働きたい」と話した。採用巡る事件 過去にも みやこ町など1市4町でつくる京築広域圏消防本部でも2018年、職員採用を巡る不正が捜査の対象となった。特定の受験者を合格させるよう、同本部の幹部に働きかけた見返りに100万円を受け取ったとして、築上町議があっせん収賄容疑で逮捕された(町議は起訴後に病死し、公訴棄却)。 地元では縁故による就職依頼の相場が決まっているといううわさ話があり、県警は、原口夫妻はそれらを参考に今回の金額を決めたとみている。 複数回当選している町議の一人は「残念だが、起きるべくして起きた事件」と語る。また、別の議員は「カネを使って便宜を図ってもらう考え方が染みついている。これを機に住民側も意識を改めるべきだ」と指摘した。 みやこ町の職員採用試験は19年度に1次試験を筆記から面接に変更し、28歳までだった受験資格が30歳までに緩和されている。町側は優秀な人材を確保するためと説明。実際、受験者は前年度の13人から102人へと大幅に増えたが、町議からは受験資格の緩和の背景に今回の事件があったとみて、議会などで追及するべきだとの声が上がっている。

町関係者らによると、上田容疑者は、福森容疑者が支援していたことからも見て取れるように、建設業者とつながりが深い。議会内でも国道整備事業の特別委員会で委員長を務めるなど、「建設工事に強い」と一目置かれていた。旧豊津町時代の1996年に初当選し、合併後のみやこ町で5期目。議長経験者で他の議員をまとめることができたため、町執行部に対する影響力も大きかった。 一方、三隅容疑者は役場職員時代は建設や上下水道など技術畑が長かったが、2015年4月に議会事務局長に就任。同局長で退職し、19年4月に副町長に就任していた。息子「答えられない」 最終面接の受験者は11人で、このうち原口夫妻の息子を含む6人が合格。息子は20年4月から現在も町役場で勤務している。 息子は5月17日、読売新聞の取材に対し、不正合格を認識していたかどうかについて、「公判があるので、答えられない」と明言を避けた。そのうえで、「普段の仕事で不正などはしていない。真剣にやっている。もし役場に残してもらえるなら、誠心誠意働きたい」と話した。採用巡る事件 過去にも みやこ町など1市4町でつくる京築広域圏消防本部でも2018年、職員採用を巡る不正が捜査の対象となった。特定の受験者を合格させるよう、同本部の幹部に働きかけた見返りに100万円を受け取ったとして、築上町議があっせん収賄容疑で逮捕された(町議は起訴後に病死し、公訴棄却)。 地元では縁故による就職依頼の相場が決まっているといううわさ話があり、県警は、原口夫妻はそれらを参考に今回の金額を決めたとみている。 複数回当選している町議の一人は「残念だが、起きるべくして起きた事件」と語る。また、別の議員は「カネを使って便宜を図ってもらう考え方が染みついている。これを機に住民側も意識を改めるべきだ」と指摘した。 みやこ町の職員採用試験は19年度に1次試験を筆記から面接に変更し、28歳までだった受験資格が30歳までに緩和されている。町側は優秀な人材を確保するためと説明。実際、受験者は前年度の13人から102人へと大幅に増えたが、町議からは受験資格の緩和の背景に今回の事件があったとみて、議会などで追及するべきだとの声が上がっている。
一方、三隅容疑者は役場職員時代は建設や上下水道など技術畑が長かったが、2015年4月に議会事務局長に就任。同局長で退職し、19年4月に副町長に就任していた。息子「答えられない」 最終面接の受験者は11人で、このうち原口夫妻の息子を含む6人が合格。息子は20年4月から現在も町役場で勤務している。 息子は5月17日、読売新聞の取材に対し、不正合格を認識していたかどうかについて、「公判があるので、答えられない」と明言を避けた。そのうえで、「普段の仕事で不正などはしていない。真剣にやっている。もし役場に残してもらえるなら、誠心誠意働きたい」と話した。採用巡る事件 過去にも みやこ町など1市4町でつくる京築広域圏消防本部でも2018年、職員採用を巡る不正が捜査の対象となった。特定の受験者を合格させるよう、同本部の幹部に働きかけた見返りに100万円を受け取ったとして、築上町議があっせん収賄容疑で逮捕された(町議は起訴後に病死し、公訴棄却)。 地元では縁故による就職依頼の相場が決まっているといううわさ話があり、県警は、原口夫妻はそれらを参考に今回の金額を決めたとみている。 複数回当選している町議の一人は「残念だが、起きるべくして起きた事件」と語る。また、別の議員は「カネを使って便宜を図ってもらう考え方が染みついている。これを機に住民側も意識を改めるべきだ」と指摘した。 みやこ町の職員採用試験は19年度に1次試験を筆記から面接に変更し、28歳までだった受験資格が30歳までに緩和されている。町側は優秀な人材を確保するためと説明。実際、受験者は前年度の13人から102人へと大幅に増えたが、町議からは受験資格の緩和の背景に今回の事件があったとみて、議会などで追及するべきだとの声が上がっている。

最終面接の受験者は11人で、このうち原口夫妻の息子を含む6人が合格。息子は20年4月から現在も町役場で勤務している。 息子は5月17日、読売新聞の取材に対し、不正合格を認識していたかどうかについて、「公判があるので、答えられない」と明言を避けた。そのうえで、「普段の仕事で不正などはしていない。真剣にやっている。もし役場に残してもらえるなら、誠心誠意働きたい」と話した。採用巡る事件 過去にも みやこ町など1市4町でつくる京築広域圏消防本部でも2018年、職員採用を巡る不正が捜査の対象となった。特定の受験者を合格させるよう、同本部の幹部に働きかけた見返りに100万円を受け取ったとして、築上町議があっせん収賄容疑で逮捕された(町議は起訴後に病死し、公訴棄却)。 地元では縁故による就職依頼の相場が決まっているといううわさ話があり、県警は、原口夫妻はそれらを参考に今回の金額を決めたとみている。 複数回当選している町議の一人は「残念だが、起きるべくして起きた事件」と語る。また、別の議員は「カネを使って便宜を図ってもらう考え方が染みついている。これを機に住民側も意識を改めるべきだ」と指摘した。 みやこ町の職員採用試験は19年度に1次試験を筆記から面接に変更し、28歳までだった受験資格が30歳までに緩和されている。町側は優秀な人材を確保するためと説明。実際、受験者は前年度の13人から102人へと大幅に増えたが、町議からは受験資格の緩和の背景に今回の事件があったとみて、議会などで追及するべきだとの声が上がっている。
息子は5月17日、読売新聞の取材に対し、不正合格を認識していたかどうかについて、「公判があるので、答えられない」と明言を避けた。そのうえで、「普段の仕事で不正などはしていない。真剣にやっている。もし役場に残してもらえるなら、誠心誠意働きたい」と話した。採用巡る事件 過去にも みやこ町など1市4町でつくる京築広域圏消防本部でも2018年、職員採用を巡る不正が捜査の対象となった。特定の受験者を合格させるよう、同本部の幹部に働きかけた見返りに100万円を受け取ったとして、築上町議があっせん収賄容疑で逮捕された(町議は起訴後に病死し、公訴棄却)。 地元では縁故による就職依頼の相場が決まっているといううわさ話があり、県警は、原口夫妻はそれらを参考に今回の金額を決めたとみている。 複数回当選している町議の一人は「残念だが、起きるべくして起きた事件」と語る。また、別の議員は「カネを使って便宜を図ってもらう考え方が染みついている。これを機に住民側も意識を改めるべきだ」と指摘した。 みやこ町の職員採用試験は19年度に1次試験を筆記から面接に変更し、28歳までだった受験資格が30歳までに緩和されている。町側は優秀な人材を確保するためと説明。実際、受験者は前年度の13人から102人へと大幅に増えたが、町議からは受験資格の緩和の背景に今回の事件があったとみて、議会などで追及するべきだとの声が上がっている。

みやこ町など1市4町でつくる京築広域圏消防本部でも2018年、職員採用を巡る不正が捜査の対象となった。特定の受験者を合格させるよう、同本部の幹部に働きかけた見返りに100万円を受け取ったとして、築上町議があっせん収賄容疑で逮捕された(町議は起訴後に病死し、公訴棄却)。 地元では縁故による就職依頼の相場が決まっているといううわさ話があり、県警は、原口夫妻はそれらを参考に今回の金額を決めたとみている。 複数回当選している町議の一人は「残念だが、起きるべくして起きた事件」と語る。また、別の議員は「カネを使って便宜を図ってもらう考え方が染みついている。これを機に住民側も意識を改めるべきだ」と指摘した。 みやこ町の職員採用試験は19年度に1次試験を筆記から面接に変更し、28歳までだった受験資格が30歳までに緩和されている。町側は優秀な人材を確保するためと説明。実際、受験者は前年度の13人から102人へと大幅に増えたが、町議からは受験資格の緩和の背景に今回の事件があったとみて、議会などで追及するべきだとの声が上がっている。
地元では縁故による就職依頼の相場が決まっているといううわさ話があり、県警は、原口夫妻はそれらを参考に今回の金額を決めたとみている。 複数回当選している町議の一人は「残念だが、起きるべくして起きた事件」と語る。また、別の議員は「カネを使って便宜を図ってもらう考え方が染みついている。これを機に住民側も意識を改めるべきだ」と指摘した。 みやこ町の職員採用試験は19年度に1次試験を筆記から面接に変更し、28歳までだった受験資格が30歳までに緩和されている。町側は優秀な人材を確保するためと説明。実際、受験者は前年度の13人から102人へと大幅に増えたが、町議からは受験資格の緩和の背景に今回の事件があったとみて、議会などで追及するべきだとの声が上がっている。
複数回当選している町議の一人は「残念だが、起きるべくして起きた事件」と語る。また、別の議員は「カネを使って便宜を図ってもらう考え方が染みついている。これを機に住民側も意識を改めるべきだ」と指摘した。 みやこ町の職員採用試験は19年度に1次試験を筆記から面接に変更し、28歳までだった受験資格が30歳までに緩和されている。町側は優秀な人材を確保するためと説明。実際、受験者は前年度の13人から102人へと大幅に増えたが、町議からは受験資格の緩和の背景に今回の事件があったとみて、議会などで追及するべきだとの声が上がっている。
みやこ町の職員採用試験は19年度に1次試験を筆記から面接に変更し、28歳までだった受験資格が30歳までに緩和されている。町側は優秀な人材を確保するためと説明。実際、受験者は前年度の13人から102人へと大幅に増えたが、町議からは受験資格の緩和の背景に今回の事件があったとみて、議会などで追及するべきだとの声が上がっている。