安倍前首相と二階幹事長の国会招致要求 買収事件の1.5億円巡り

立憲民主党の安住淳国対委員長は2日、2019年参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件に関し、自民党本部から政党支部に支出された1億5000万円について、当時自民党総裁だった安倍晋三前首相と二階俊博幹事長の国会招致を求める考えを示した。国会内で記者団に語った。
自民・甘利氏、買収事件の1.5億円に「1ミクロンも関わりない」
安住氏は「国会で説明する機会を今国会中に設けるべきだと申し上げたい。1億5000万円がどう使われたか分かるのは当時の総裁と幹事長なのだから2人に来てもらうのが一番早い」と語った。