ホテル入室後、数分で刺されたか 立川の2人死傷

1日午後3時45分ごろ、東京都立川市曙町のホテルで、男性から「刺された、死にたくない。助けてくれ」と東京消防庁を通じて警視庁に通報があった。
駆け付けた警察官が、刃物で刺されて血を流して倒れている男女2人を発見。女性は30代とみられ、搬送先の病院で死亡が確認された。20代の男性は腹部を刺され重体。刺したとみられる男が現場から逃走しており、警視庁捜査1課は立川署に捜査本部を設置し、殺人事件として捜査を始めた。
捜査関係者によると、刺された2人は風俗店従業員とみられる。逃げた男は1人で先にホテルに入り、女性が遅れて入室。女性から「助けて」と連絡を受けた男性がホテルに向かったところ、部屋から出てきた男に腹を刺されたという。
女性は全身を数十回以上刺され、客室内で倒れていた。入室後、数分以内に刺されたとみられる。男性は5階の廊下近くに倒れ、廊下の壁には凶器とみられる刃渡り約20センチの包丁が刺さっていた。
ホテルの防犯カメラの映像から、男は20代くらいとみられ、上下黒っぽい服装にリュックサックを所持。現場からJR立川駅方面に逃走した。