紀州のドン・ファンと田辺市長の不思議な密接関係 高級ホテルで接待の過去

(ジャーナリスト・吉田隆)
“紀州のドン・ファン”元妻がAVに?本紙が掴んだビデオの中身
「紀州のドン・ファン」こと和歌山県田辺市の資産家・野幸助氏(享年77)の3回目の命日となった5月24日、その墓所には、遺産の受け取りをめぐり遺族と係争中である市の職員の姿はなかった。
これに対してドン・ファンの義姉は「幸助さんの遺産を貰うと主張するのであれば、人としての道があるでしょう」と憤る。「しかも市長の真砂(充敏)さんと幸助さんはズブズブの関係だったと指摘もされているんですから」と続けた。
市長とドン・ファンの密接関係は昨年10月、写真週刊誌「フライデー」(講談社)で報じられている。「ホテル西洋銀座」(2013年に閉鎖)での接待写真だ。
同ホテルは客室が77室と小さめのシティーホテルだったが、世界中のセレブたちが宿泊するために集まってきたという日本を代表する「伝説のホテル」である。
日本で初めてコンシェルジュを置いたところでもあり、痒いところまで手が届くサービスが売りであった。あのエリザベス・テラーがそのサービスに感激して、知人たちに紹介したというのも逸話になっている。ドン・ファンはこのホテルを事務所代わりに使って、東京での貸金業務に励んでいた。
写真が撮られたのは2009年のことだ。最低でも一泊10万円の同ホテルで、ドン・ファンは市長夫妻を招待した。 宿泊の面倒もみて、地下にあった東京吉兆西洋店で接待をしたのである。夫妻には高級エステ店も予約し、土産も持たせたという。ドン・ファンのことだから、何か見返りを期待していたことは容易に想像できる。その後は白浜の高級ホテルを使っての接待も、しばしば行われていた。 田中角栄元総理は、国際興業社主で政商と呼ばれた小佐野賢治氏のことを「刎頚の友」と呼んだ。お互いのためなら首をはねられても悔いのない堅い友情で結ばれた仲という意味で使われる言葉であるが、紀州のドン・ファンと真砂充敏・田辺市長の関係も似ているのかもしれない。■本人の死後、姿を見せない市長 ところが、ドン・ファンの死後、市長の態度は一変したのだ。ある市議が言う。「市長の前で亡くなったドン・ファンの話題が出ると露骨に嫌な表情になるので、よほどの何かがあるのかなと思いました」 なぜ、市長はドン・ファンの話題に触れられることをそんなに嫌がるのだろうか。「真砂さんは合併前の中辺路町の町議時代にドン・ファンから選挙費用を借りて親しくなったんです。市長となった後も頻繁に会っていて、パーティーにも呼んでいました。ただ、貸金業をしていてアクが強いドン・ファンには敵が多かったから、市長は彼と付き合いがあることを公にしたくなかったんじゃないですか」 ドン・ファンの知人はこのように言い、さらに吐き捨てるように続けた。「ドン・ファンが猫可愛がりしていたミニュチュアダックスフントの愛犬イブが亡くなった時(2018年5月6日)、市長は夫人を伴って自宅までお悔やみに来ました。しかし、その少しあとの5月24日にドン・ファンが亡くなったら手のひら返しで、通夜も葬儀にも顔を出さなかった。それから今に至るまで、自宅にも弔問に来ていないんです。ドン・ファンから、相当、接待してもらっていたはずなのに……」 今年4月、真砂市長は5回目の当選を果たしたが、ドン・ファンの墓前に立つことを恐れるような理由でもあるのだろうか。
宿泊の面倒もみて、地下にあった東京吉兆西洋店で接待をしたのである。夫妻には高級エステ店も予約し、土産も持たせたという。ドン・ファンのことだから、何か見返りを期待していたことは容易に想像できる。その後は白浜の高級ホテルを使っての接待も、しばしば行われていた。 田中角栄元総理は、国際興業社主で政商と呼ばれた小佐野賢治氏のことを「刎頚の友」と呼んだ。お互いのためなら首をはねられても悔いのない堅い友情で結ばれた仲という意味で使われる言葉であるが、紀州のドン・ファンと真砂充敏・田辺市長の関係も似ているのかもしれない。■本人の死後、姿を見せない市長 ところが、ドン・ファンの死後、市長の態度は一変したのだ。ある市議が言う。「市長の前で亡くなったドン・ファンの話題が出ると露骨に嫌な表情になるので、よほどの何かがあるのかなと思いました」 なぜ、市長はドン・ファンの話題に触れられることをそんなに嫌がるのだろうか。「真砂さんは合併前の中辺路町の町議時代にドン・ファンから選挙費用を借りて親しくなったんです。市長となった後も頻繁に会っていて、パーティーにも呼んでいました。ただ、貸金業をしていてアクが強いドン・ファンには敵が多かったから、市長は彼と付き合いがあることを公にしたくなかったんじゃないですか」 ドン・ファンの知人はこのように言い、さらに吐き捨てるように続けた。「ドン・ファンが猫可愛がりしていたミニュチュアダックスフントの愛犬イブが亡くなった時(2018年5月6日)、市長は夫人を伴って自宅までお悔やみに来ました。しかし、その少しあとの5月24日にドン・ファンが亡くなったら手のひら返しで、通夜も葬儀にも顔を出さなかった。それから今に至るまで、自宅にも弔問に来ていないんです。ドン・ファンから、相当、接待してもらっていたはずなのに……」 今年4月、真砂市長は5回目の当選を果たしたが、ドン・ファンの墓前に立つことを恐れるような理由でもあるのだろうか。
田中角栄元総理は、国際興業社主で政商と呼ばれた小佐野賢治氏のことを「刎頚の友」と呼んだ。お互いのためなら首をはねられても悔いのない堅い友情で結ばれた仲という意味で使われる言葉であるが、紀州のドン・ファンと真砂充敏・田辺市長の関係も似ているのかもしれない。■本人の死後、姿を見せない市長 ところが、ドン・ファンの死後、市長の態度は一変したのだ。ある市議が言う。「市長の前で亡くなったドン・ファンの話題が出ると露骨に嫌な表情になるので、よほどの何かがあるのかなと思いました」 なぜ、市長はドン・ファンの話題に触れられることをそんなに嫌がるのだろうか。「真砂さんは合併前の中辺路町の町議時代にドン・ファンから選挙費用を借りて親しくなったんです。市長となった後も頻繁に会っていて、パーティーにも呼んでいました。ただ、貸金業をしていてアクが強いドン・ファンには敵が多かったから、市長は彼と付き合いがあることを公にしたくなかったんじゃないですか」 ドン・ファンの知人はこのように言い、さらに吐き捨てるように続けた。「ドン・ファンが猫可愛がりしていたミニュチュアダックスフントの愛犬イブが亡くなった時(2018年5月6日)、市長は夫人を伴って自宅までお悔やみに来ました。しかし、その少しあとの5月24日にドン・ファンが亡くなったら手のひら返しで、通夜も葬儀にも顔を出さなかった。それから今に至るまで、自宅にも弔問に来ていないんです。ドン・ファンから、相当、接待してもらっていたはずなのに……」 今年4月、真砂市長は5回目の当選を果たしたが、ドン・ファンの墓前に立つことを恐れるような理由でもあるのだろうか。
■本人の死後、姿を見せない市長 ところが、ドン・ファンの死後、市長の態度は一変したのだ。ある市議が言う。「市長の前で亡くなったドン・ファンの話題が出ると露骨に嫌な表情になるので、よほどの何かがあるのかなと思いました」 なぜ、市長はドン・ファンの話題に触れられることをそんなに嫌がるのだろうか。「真砂さんは合併前の中辺路町の町議時代にドン・ファンから選挙費用を借りて親しくなったんです。市長となった後も頻繁に会っていて、パーティーにも呼んでいました。ただ、貸金業をしていてアクが強いドン・ファンには敵が多かったから、市長は彼と付き合いがあることを公にしたくなかったんじゃないですか」 ドン・ファンの知人はこのように言い、さらに吐き捨てるように続けた。「ドン・ファンが猫可愛がりしていたミニュチュアダックスフントの愛犬イブが亡くなった時(2018年5月6日)、市長は夫人を伴って自宅までお悔やみに来ました。しかし、その少しあとの5月24日にドン・ファンが亡くなったら手のひら返しで、通夜も葬儀にも顔を出さなかった。それから今に至るまで、自宅にも弔問に来ていないんです。ドン・ファンから、相当、接待してもらっていたはずなのに……」 今年4月、真砂市長は5回目の当選を果たしたが、ドン・ファンの墓前に立つことを恐れるような理由でもあるのだろうか。
ところが、ドン・ファンの死後、市長の態度は一変したのだ。ある市議が言う。「市長の前で亡くなったドン・ファンの話題が出ると露骨に嫌な表情になるので、よほどの何かがあるのかなと思いました」 なぜ、市長はドン・ファンの話題に触れられることをそんなに嫌がるのだろうか。「真砂さんは合併前の中辺路町の町議時代にドン・ファンから選挙費用を借りて親しくなったんです。市長となった後も頻繁に会っていて、パーティーにも呼んでいました。ただ、貸金業をしていてアクが強いドン・ファンには敵が多かったから、市長は彼と付き合いがあることを公にしたくなかったんじゃないですか」 ドン・ファンの知人はこのように言い、さらに吐き捨てるように続けた。「ドン・ファンが猫可愛がりしていたミニュチュアダックスフントの愛犬イブが亡くなった時(2018年5月6日)、市長は夫人を伴って自宅までお悔やみに来ました。しかし、その少しあとの5月24日にドン・ファンが亡くなったら手のひら返しで、通夜も葬儀にも顔を出さなかった。それから今に至るまで、自宅にも弔問に来ていないんです。ドン・ファンから、相当、接待してもらっていたはずなのに……」 今年4月、真砂市長は5回目の当選を果たしたが、ドン・ファンの墓前に立つことを恐れるような理由でもあるのだろうか。
「市長の前で亡くなったドン・ファンの話題が出ると露骨に嫌な表情になるので、よほどの何かがあるのかなと思いました」 なぜ、市長はドン・ファンの話題に触れられることをそんなに嫌がるのだろうか。「真砂さんは合併前の中辺路町の町議時代にドン・ファンから選挙費用を借りて親しくなったんです。市長となった後も頻繁に会っていて、パーティーにも呼んでいました。ただ、貸金業をしていてアクが強いドン・ファンには敵が多かったから、市長は彼と付き合いがあることを公にしたくなかったんじゃないですか」 ドン・ファンの知人はこのように言い、さらに吐き捨てるように続けた。「ドン・ファンが猫可愛がりしていたミニュチュアダックスフントの愛犬イブが亡くなった時(2018年5月6日)、市長は夫人を伴って自宅までお悔やみに来ました。しかし、その少しあとの5月24日にドン・ファンが亡くなったら手のひら返しで、通夜も葬儀にも顔を出さなかった。それから今に至るまで、自宅にも弔問に来ていないんです。ドン・ファンから、相当、接待してもらっていたはずなのに……」 今年4月、真砂市長は5回目の当選を果たしたが、ドン・ファンの墓前に立つことを恐れるような理由でもあるのだろうか。
なぜ、市長はドン・ファンの話題に触れられることをそんなに嫌がるのだろうか。「真砂さんは合併前の中辺路町の町議時代にドン・ファンから選挙費用を借りて親しくなったんです。市長となった後も頻繁に会っていて、パーティーにも呼んでいました。ただ、貸金業をしていてアクが強いドン・ファンには敵が多かったから、市長は彼と付き合いがあることを公にしたくなかったんじゃないですか」 ドン・ファンの知人はこのように言い、さらに吐き捨てるように続けた。「ドン・ファンが猫可愛がりしていたミニュチュアダックスフントの愛犬イブが亡くなった時(2018年5月6日)、市長は夫人を伴って自宅までお悔やみに来ました。しかし、その少しあとの5月24日にドン・ファンが亡くなったら手のひら返しで、通夜も葬儀にも顔を出さなかった。それから今に至るまで、自宅にも弔問に来ていないんです。ドン・ファンから、相当、接待してもらっていたはずなのに……」 今年4月、真砂市長は5回目の当選を果たしたが、ドン・ファンの墓前に立つことを恐れるような理由でもあるのだろうか。
「真砂さんは合併前の中辺路町の町議時代にドン・ファンから選挙費用を借りて親しくなったんです。市長となった後も頻繁に会っていて、パーティーにも呼んでいました。ただ、貸金業をしていてアクが強いドン・ファンには敵が多かったから、市長は彼と付き合いがあることを公にしたくなかったんじゃないですか」 ドン・ファンの知人はこのように言い、さらに吐き捨てるように続けた。「ドン・ファンが猫可愛がりしていたミニュチュアダックスフントの愛犬イブが亡くなった時(2018年5月6日)、市長は夫人を伴って自宅までお悔やみに来ました。しかし、その少しあとの5月24日にドン・ファンが亡くなったら手のひら返しで、通夜も葬儀にも顔を出さなかった。それから今に至るまで、自宅にも弔問に来ていないんです。ドン・ファンから、相当、接待してもらっていたはずなのに……」 今年4月、真砂市長は5回目の当選を果たしたが、ドン・ファンの墓前に立つことを恐れるような理由でもあるのだろうか。
ドン・ファンの知人はこのように言い、さらに吐き捨てるように続けた。「ドン・ファンが猫可愛がりしていたミニュチュアダックスフントの愛犬イブが亡くなった時(2018年5月6日)、市長は夫人を伴って自宅までお悔やみに来ました。しかし、その少しあとの5月24日にドン・ファンが亡くなったら手のひら返しで、通夜も葬儀にも顔を出さなかった。それから今に至るまで、自宅にも弔問に来ていないんです。ドン・ファンから、相当、接待してもらっていたはずなのに……」 今年4月、真砂市長は5回目の当選を果たしたが、ドン・ファンの墓前に立つことを恐れるような理由でもあるのだろうか。
「ドン・ファンが猫可愛がりしていたミニュチュアダックスフントの愛犬イブが亡くなった時(2018年5月6日)、市長は夫人を伴って自宅までお悔やみに来ました。しかし、その少しあとの5月24日にドン・ファンが亡くなったら手のひら返しで、通夜も葬儀にも顔を出さなかった。それから今に至るまで、自宅にも弔問に来ていないんです。ドン・ファンから、相当、接待してもらっていたはずなのに……」 今年4月、真砂市長は5回目の当選を果たしたが、ドン・ファンの墓前に立つことを恐れるような理由でもあるのだろうか。