小室圭さん 英王室批判のメーガンさんがお手本に?宮内庁は告発を危惧

母国イギリスでは顰蹙を買ったが、新天地アメリカでは「勇気ある告発者」として喝采されたヘンリー王子夫妻。「結婚後はアメリカで暮らす」ともいわれる秋篠宮家の長女・眞子さまと婚約内定者・小室圭さんにとって、彼らはまたとない“成功モデル”だ。しかし、そのような状況に、皇室関係者らは深い憂いを持っている──。
【写真11枚】チェキで自撮りされる眞子さまと佳子さま。他、金髪になった佳代さん。小室さんと生前の父親、佳代さんのスキー旅行での姿。フォーダム大学での小室さんも
「誰も知らないと思いますが、妻は私に“自殺を考えた”と打ち明けたのです」
そう赤裸々に語ったのは英王室を離脱したヘンリー王子。5月21日に配信が開始されたアメリカのネット番組での“元王族”の告白は、日本でも大きな反響を呼んでいる。
ヘンリー王子が明かしたのは、妻・メーガンさんの苦悩だった。英王室時代のメーガンさんが世間の批判にさらされ苦しんだこと、妊娠中には自殺まで考えたこと、そして、英王室からのサポートがなく「無力感を抱いた」こと。淀みなく語られるヘンリー王子の“古巣批判”は、次第に熱を帯びていく──その「熱」の影響を危惧するのは日本の宮内庁関係者だ。
「“ヘンリー王子の告白に、小室さんが触発されるのではないか”と恐れる声が、宮内庁の周囲で少なからず上がっています。もし、小室さんが『眞子さまとの恋』について暴露したら……。さらに困ったことに、『皇室批判』へとつながりかねないその告発を止める術を、宮内庁は持ち合わせていないのです」 眞子さまの婚約内定者・小室圭さんは、5月23日に留学先の米フォーダム大学ロースクールを卒業した。7月に控えるニューヨーク州の司法試験までは勉学に勤しむ期間となるが、「帰国の予定もなければ、記者会見を開く予定もない」(皇室記者)という。 沈黙を貫く小室さんに対して、「いまは『告発』の機会を虎視眈々とうかがっているのでは」と訝るのは、前出の宮内庁関係者だ。根拠は、ヘンリー夫妻のアメリカでの“成功”だ。 もともと、メーガンさんはヘンリー王子と結婚した2018年5月当初、王室に新風を吹き込む存在として英国民から期待を集めていた。しかし、度重なる“伝統軽視”の言動は、期待を失望へと変えていった。 やがて、メーガンさんはメディアに向けてさまざまな過去を告発するようになるが、本国イギリスでの受け止められ方は冷ややかなものだった。その背景には、階級社会が色濃く残るイギリスの国民性もあるだろう。しかし、“自由の国”の受け止め方は違った。「アメリカには“伝統だけに縛られるのはおかしい”という考え方が広く根付いています。そのためメーガンさんを“勇気ある告発者”だと称えるムードが強い。いまやヘンリー夫妻はアメリカ世論を完全に味方につけたと言ってもいいでしょう」(在米ジャーナリスト) 小室さんもメーガンさんと同様、婚約内定当初は国民から祝福される存在だった。しかし、いまは厳しい向かい風の中にある。そんな小室さんに、アメリカで支持を集める「元王族夫妻」の姿はどう映っただろうか。「いまや小室さんにとってメーガンさんは“お手本”のような存在でしょう。さらに、5月にはヘンリー王子の告発インタビューが肯定的に受け入れられた。いつか“元皇族の夫”となる自分なら、同じように告発をすれば支持を得られると考えている可能性は充分にあるでしょう」(皇室ジャーナリスト)※女性セブン2021年6月17日号
眞子さまの婚約内定者・小室圭さんは、5月23日に留学先の米フォーダム大学ロースクールを卒業した。7月に控えるニューヨーク州の司法試験までは勉学に勤しむ期間となるが、「帰国の予定もなければ、記者会見を開く予定もない」(皇室記者)という。 沈黙を貫く小室さんに対して、「いまは『告発』の機会を虎視眈々とうかがっているのでは」と訝るのは、前出の宮内庁関係者だ。根拠は、ヘンリー夫妻のアメリカでの“成功”だ。 もともと、メーガンさんはヘンリー王子と結婚した2018年5月当初、王室に新風を吹き込む存在として英国民から期待を集めていた。しかし、度重なる“伝統軽視”の言動は、期待を失望へと変えていった。 やがて、メーガンさんはメディアに向けてさまざまな過去を告発するようになるが、本国イギリスでの受け止められ方は冷ややかなものだった。その背景には、階級社会が色濃く残るイギリスの国民性もあるだろう。しかし、“自由の国”の受け止め方は違った。「アメリカには“伝統だけに縛られるのはおかしい”という考え方が広く根付いています。そのためメーガンさんを“勇気ある告発者”だと称えるムードが強い。いまやヘンリー夫妻はアメリカ世論を完全に味方につけたと言ってもいいでしょう」(在米ジャーナリスト) 小室さんもメーガンさんと同様、婚約内定当初は国民から祝福される存在だった。しかし、いまは厳しい向かい風の中にある。そんな小室さんに、アメリカで支持を集める「元王族夫妻」の姿はどう映っただろうか。「いまや小室さんにとってメーガンさんは“お手本”のような存在でしょう。さらに、5月にはヘンリー王子の告発インタビューが肯定的に受け入れられた。いつか“元皇族の夫”となる自分なら、同じように告発をすれば支持を得られると考えている可能性は充分にあるでしょう」(皇室ジャーナリスト)※女性セブン2021年6月17日号
沈黙を貫く小室さんに対して、「いまは『告発』の機会を虎視眈々とうかがっているのでは」と訝るのは、前出の宮内庁関係者だ。根拠は、ヘンリー夫妻のアメリカでの“成功”だ。 もともと、メーガンさんはヘンリー王子と結婚した2018年5月当初、王室に新風を吹き込む存在として英国民から期待を集めていた。しかし、度重なる“伝統軽視”の言動は、期待を失望へと変えていった。 やがて、メーガンさんはメディアに向けてさまざまな過去を告発するようになるが、本国イギリスでの受け止められ方は冷ややかなものだった。その背景には、階級社会が色濃く残るイギリスの国民性もあるだろう。しかし、“自由の国”の受け止め方は違った。「アメリカには“伝統だけに縛られるのはおかしい”という考え方が広く根付いています。そのためメーガンさんを“勇気ある告発者”だと称えるムードが強い。いまやヘンリー夫妻はアメリカ世論を完全に味方につけたと言ってもいいでしょう」(在米ジャーナリスト) 小室さんもメーガンさんと同様、婚約内定当初は国民から祝福される存在だった。しかし、いまは厳しい向かい風の中にある。そんな小室さんに、アメリカで支持を集める「元王族夫妻」の姿はどう映っただろうか。「いまや小室さんにとってメーガンさんは“お手本”のような存在でしょう。さらに、5月にはヘンリー王子の告発インタビューが肯定的に受け入れられた。いつか“元皇族の夫”となる自分なら、同じように告発をすれば支持を得られると考えている可能性は充分にあるでしょう」(皇室ジャーナリスト)※女性セブン2021年6月17日号
もともと、メーガンさんはヘンリー王子と結婚した2018年5月当初、王室に新風を吹き込む存在として英国民から期待を集めていた。しかし、度重なる“伝統軽視”の言動は、期待を失望へと変えていった。 やがて、メーガンさんはメディアに向けてさまざまな過去を告発するようになるが、本国イギリスでの受け止められ方は冷ややかなものだった。その背景には、階級社会が色濃く残るイギリスの国民性もあるだろう。しかし、“自由の国”の受け止め方は違った。「アメリカには“伝統だけに縛られるのはおかしい”という考え方が広く根付いています。そのためメーガンさんを“勇気ある告発者”だと称えるムードが強い。いまやヘンリー夫妻はアメリカ世論を完全に味方につけたと言ってもいいでしょう」(在米ジャーナリスト) 小室さんもメーガンさんと同様、婚約内定当初は国民から祝福される存在だった。しかし、いまは厳しい向かい風の中にある。そんな小室さんに、アメリカで支持を集める「元王族夫妻」の姿はどう映っただろうか。「いまや小室さんにとってメーガンさんは“お手本”のような存在でしょう。さらに、5月にはヘンリー王子の告発インタビューが肯定的に受け入れられた。いつか“元皇族の夫”となる自分なら、同じように告発をすれば支持を得られると考えている可能性は充分にあるでしょう」(皇室ジャーナリスト)※女性セブン2021年6月17日号
やがて、メーガンさんはメディアに向けてさまざまな過去を告発するようになるが、本国イギリスでの受け止められ方は冷ややかなものだった。その背景には、階級社会が色濃く残るイギリスの国民性もあるだろう。しかし、“自由の国”の受け止め方は違った。「アメリカには“伝統だけに縛られるのはおかしい”という考え方が広く根付いています。そのためメーガンさんを“勇気ある告発者”だと称えるムードが強い。いまやヘンリー夫妻はアメリカ世論を完全に味方につけたと言ってもいいでしょう」(在米ジャーナリスト) 小室さんもメーガンさんと同様、婚約内定当初は国民から祝福される存在だった。しかし、いまは厳しい向かい風の中にある。そんな小室さんに、アメリカで支持を集める「元王族夫妻」の姿はどう映っただろうか。「いまや小室さんにとってメーガンさんは“お手本”のような存在でしょう。さらに、5月にはヘンリー王子の告発インタビューが肯定的に受け入れられた。いつか“元皇族の夫”となる自分なら、同じように告発をすれば支持を得られると考えている可能性は充分にあるでしょう」(皇室ジャーナリスト)※女性セブン2021年6月17日号
「アメリカには“伝統だけに縛られるのはおかしい”という考え方が広く根付いています。そのためメーガンさんを“勇気ある告発者”だと称えるムードが強い。いまやヘンリー夫妻はアメリカ世論を完全に味方につけたと言ってもいいでしょう」(在米ジャーナリスト) 小室さんもメーガンさんと同様、婚約内定当初は国民から祝福される存在だった。しかし、いまは厳しい向かい風の中にある。そんな小室さんに、アメリカで支持を集める「元王族夫妻」の姿はどう映っただろうか。「いまや小室さんにとってメーガンさんは“お手本”のような存在でしょう。さらに、5月にはヘンリー王子の告発インタビューが肯定的に受け入れられた。いつか“元皇族の夫”となる自分なら、同じように告発をすれば支持を得られると考えている可能性は充分にあるでしょう」(皇室ジャーナリスト)※女性セブン2021年6月17日号
小室さんもメーガンさんと同様、婚約内定当初は国民から祝福される存在だった。しかし、いまは厳しい向かい風の中にある。そんな小室さんに、アメリカで支持を集める「元王族夫妻」の姿はどう映っただろうか。「いまや小室さんにとってメーガンさんは“お手本”のような存在でしょう。さらに、5月にはヘンリー王子の告発インタビューが肯定的に受け入れられた。いつか“元皇族の夫”となる自分なら、同じように告発をすれば支持を得られると考えている可能性は充分にあるでしょう」(皇室ジャーナリスト)※女性セブン2021年6月17日号
「いまや小室さんにとってメーガンさんは“お手本”のような存在でしょう。さらに、5月にはヘンリー王子の告発インタビューが肯定的に受け入れられた。いつか“元皇族の夫”となる自分なら、同じように告発をすれば支持を得られると考えている可能性は充分にあるでしょう」(皇室ジャーナリスト)※女性セブン2021年6月17日号
※女性セブン2021年6月17日号