ホテルで男女殺傷 逮捕された19歳少年の母親は…

東京・立川市のホテルで男女が殺傷された事件で、19歳の少年が逮捕されました。少年の母親が取材に応じ、少年の事件当日の様子などについて語りました。
19歳の少年が身柄を確保された現場周辺で乗っていたバイクが押収されました。
そして、少年を乗せた車は立川警察署へ。
警視庁によりますと、2日午前、現場となったホテルから約12キロ離れた羽村市内をバイクで走行中、職務質問したそうです。そして、殺人未遂容疑で逮捕に至りました。
1日、緊急事態宣言中の立川市のホテルで起こった男女2人が刃物で殺傷された事件。
部屋で派遣型風俗店に勤める31歳女性が死亡し、同じ店で働く25歳の男性従業員が意識不明の重体です。
2人を刺した際にけがをした可能性もある少年。事件後、立川駅から電車で拝島駅へ移動したことが確認されています。
さらに、駅の周辺では原付きバイクが少年の自宅がある北西へ逃走する姿も映っていました。
そして、身柄が確保された場所は拝島駅から見て北西にあたる羽村市とあきる野市の市境。 捜査員から声を掛けられた少年は素直に応じたということです。 その後の捜査関係者への取材で事件当日、被害者の女性がホテルの客室に入ってから約6分後には「盗撮です。すぐ来て下さい」と店に電話をしていたことが分かりました。 一方、19歳の少年は取り調べに対して「間違いないです」と容疑を認め、女性殺害についても関与をほのめかす供述をしているということです。 少年の事件直前の様子について逮捕後、母親が取材に応じました。 少年の母親:「きのう(事件当日)は仕事に行くと言って朝8時すぎに出掛けて行きました。夜になって帰宅しないため、心配して電話やLINEをしてもつながらないし、既読にもなりませんでした。主人の電話には出ましたが、『何もしゃべらずに切られた』と話していました。心配していた矢先に刑事さんが家に訪ねてきました。暴力的というのは全くありませんでした。事件のことは本当にショックで何とも言えません。亡くなった女性には申し訳なくて、なんとおわびをしたらいいのか分からない」
捜査員から声を掛けられた少年は素直に応じたということです。 その後の捜査関係者への取材で事件当日、被害者の女性がホテルの客室に入ってから約6分後には「盗撮です。すぐ来て下さい」と店に電話をしていたことが分かりました。 一方、19歳の少年は取り調べに対して「間違いないです」と容疑を認め、女性殺害についても関与をほのめかす供述をしているということです。 少年の事件直前の様子について逮捕後、母親が取材に応じました。 少年の母親:「きのう(事件当日)は仕事に行くと言って朝8時すぎに出掛けて行きました。夜になって帰宅しないため、心配して電話やLINEをしてもつながらないし、既読にもなりませんでした。主人の電話には出ましたが、『何もしゃべらずに切られた』と話していました。心配していた矢先に刑事さんが家に訪ねてきました。暴力的というのは全くありませんでした。事件のことは本当にショックで何とも言えません。亡くなった女性には申し訳なくて、なんとおわびをしたらいいのか分からない」
その後の捜査関係者への取材で事件当日、被害者の女性がホテルの客室に入ってから約6分後には「盗撮です。すぐ来て下さい」と店に電話をしていたことが分かりました。 一方、19歳の少年は取り調べに対して「間違いないです」と容疑を認め、女性殺害についても関与をほのめかす供述をしているということです。 少年の事件直前の様子について逮捕後、母親が取材に応じました。 少年の母親:「きのう(事件当日)は仕事に行くと言って朝8時すぎに出掛けて行きました。夜になって帰宅しないため、心配して電話やLINEをしてもつながらないし、既読にもなりませんでした。主人の電話には出ましたが、『何もしゃべらずに切られた』と話していました。心配していた矢先に刑事さんが家に訪ねてきました。暴力的というのは全くありませんでした。事件のことは本当にショックで何とも言えません。亡くなった女性には申し訳なくて、なんとおわびをしたらいいのか分からない」
一方、19歳の少年は取り調べに対して「間違いないです」と容疑を認め、女性殺害についても関与をほのめかす供述をしているということです。 少年の事件直前の様子について逮捕後、母親が取材に応じました。 少年の母親:「きのう(事件当日)は仕事に行くと言って朝8時すぎに出掛けて行きました。夜になって帰宅しないため、心配して電話やLINEをしてもつながらないし、既読にもなりませんでした。主人の電話には出ましたが、『何もしゃべらずに切られた』と話していました。心配していた矢先に刑事さんが家に訪ねてきました。暴力的というのは全くありませんでした。事件のことは本当にショックで何とも言えません。亡くなった女性には申し訳なくて、なんとおわびをしたらいいのか分からない」
少年の事件直前の様子について逮捕後、母親が取材に応じました。 少年の母親:「きのう(事件当日)は仕事に行くと言って朝8時すぎに出掛けて行きました。夜になって帰宅しないため、心配して電話やLINEをしてもつながらないし、既読にもなりませんでした。主人の電話には出ましたが、『何もしゃべらずに切られた』と話していました。心配していた矢先に刑事さんが家に訪ねてきました。暴力的というのは全くありませんでした。事件のことは本当にショックで何とも言えません。亡くなった女性には申し訳なくて、なんとおわびをしたらいいのか分からない」