“急展開”住宅火災…実は放火殺人?元親族の男逮捕

今年4月、男性1人が死亡した住宅火災が急展開です。警察は放火殺人の疑いが強まったとして、元親族の男を逮捕しました。男の周りでは他の親族も不審な死を遂げていました。
男性が死亡した火災は放火だったのでしょうか…。
4月25日、千葉県船橋市の住宅が全焼して65歳の会社役員・渡辺和彦さんが遺体で発見されました。
火災発生から約1カ月半、新たな事実が明らかとなりました。
逮捕されたのは都内に住む一倉大悟容疑者(30)。亡くなった渡辺さんとは、かつて伯父とおいという関係にありました。
一倉容疑者は火事の直前に千葉県市川市の住宅で母親の顔を殴って重傷を負わせ、粘着テープで両手足を縛ったとして、すでに千葉県警によって逮捕されていました。
現場近くに住む人たちに話を聞くと…。
現場付近に住む人:「(母子)仲良いなと思っていたよ。息子が来ると(家の前で)お迎えして帰る時、送ったりしていたから」
さらに、一倉容疑者の周囲では新たな疑惑が浮上しています。火災の2日前、市川市の住宅で一倉容疑者の親戚の女性が遺体で見つかっています。現場は船橋市の隣の位置する市川市。
亡くなっていたのは一倉容疑者の伯母にあたる女性で、火災で死亡した渡辺さんの元妻です。