新たな変異株、東京で感染疑い 「C36」国内で初確認か

新型コロナウイルスに関する東京都モニタリング会議が4日開かれ、空港検疫以外では国内で確認されていない「C36」変異株の疑いがある検体が都内で見つかったことが報告された。都によると、C36は英国や米国など世界34カ国で確認されているが、実態は分かっていないという。都は国と連携して解析を進める。
「公費治療で感染者来日」後たたぬ偏見投稿
5月中旬に北アフリカ地域から帰国した50代男性の検体を調べたところ、インドで確認された「L452R」変異株への感染が分かり、その検体にC36の特徴もあることが判明した。【斎川瞳】