日清カップヌードル発表 新しいフタ止めは地球に優しい ″Wタブ″  ネットは騒然「この形はニャンコだ」

日清食品カップヌードルの公式ツイッターアカウント(@cupnoodle_jp)は4日午前11時、ツイッターを更新。「発売50年を機に、カップヌードルの底に付けていた『フタ止めシール』を廃止することにしました」と投稿し、新たな仕組みとして6月から順次、新形状のフタ “Wタブ” を採用することを発表しました。
【写真】新しいフタ「Wタブ」と、これまでのフタの比較…確かにネコ感はアップしてるかも
同社によると、フタ止めシールの廃止はプラスチック原料の使用量削減のため。新形状のフタ “Wタブ” はシールがなくてもしっかり止められるよう開け口を2つにした形。Wタブを採用することで年間33トンのプラスチックが削減できるといいます。
同時に公開された動画には新しいフタの使い方を詳しく解説。最後には「小さな変化だけど 大きな進歩なのにゃ にゃっしん」のナレーションもあり、ユーザーからは「突然のニャンコ」「フタがニャンコだ」「ニャンコの耳みたいでかわいい」「ニャー」などの声が続々と寄せられています。
同公式アカウントは発表前日の3日午前11時30分に「さようなら、全てのフタ止めシール。#西暦2021年6月4日11時発表」と予告ツイートを行い、「フタ止めシール」という言葉が長時間トレンドワードにランクイン。発表の中身に注目が集まっていました。
フタ止めシール「タックシール」は1984年9月に登場。37年に渡り外装フィルムの開封時や熱湯を注いだ後の上ぶたの固定に重宝された、縁の下の力持ち的な存在でした。