【独自】不適切投稿の判事を提訴…女子高生殺害事件の遺族「侮辱的発信で名誉傷つけられた」

2015年に東京都江戸川区で女子高生が殺害された事件を巡り、岡口基一・仙台高裁判事(55)からインターネット上で侮辱されたとして、女子高生の両親が岡口氏に慰謝料など計165万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたことがわかった。
岡口氏は、この事件を含め、SNSへの不適切な投稿で懲戒処分を2回受けている。
訴状によると、岡口氏は東京高裁に在籍していた17年12月、同区で都立高校3年の岩瀬加奈さん(当時17歳)が殺害された事件について、ツイッターに判決文を閲覧できるURLを掲載し、<首を絞められて苦しむ女性に性的興奮を覚える性癖を持った男><そんな男に、無惨にも殺されてしまった17歳の女性>と投稿した。
また、岩瀬さんの両親が東京高裁に投稿を抗議すると、ブログに<申し訳ないが、単に因縁をつけているだけ>と記載。さらに、フェイスブックに<遺族の方々は、俺を非難するよう東京高裁事務局に洗脳されている>と投稿したという。
両親は訴状で、ツイッターへの投稿について「閲覧者の性的好奇心に訴えかけ、興味本位で判決を閲覧するよう誘導しようとするものだ」と批判。その上で、「一連の侮辱的な発信で、遺族の心情や名誉が傷つけられた」と主張している。
岡口氏は18年10月、別の民事裁判の判決に対するコメントに関し、最高裁の分限裁判で戒告の懲戒処分を受けた。20年8月には岩瀬さんに関するフェイスブックの投稿で同じ処分を受けている。国会の裁判官訴追委員会も、罷免(ひめん)を求めて裁判官弾劾(だんがい)裁判所に訴追するかどうか検討している。 岡口氏は、問題となったツイッターを削除するなどしたが、懲戒処分を「でたらめな決定がされた」とブログで批判するなど、ネット上で発信を続けている。今回の訴訟の第1回口頭弁論は今月25日に開かれる予定だ。
岡口氏は、問題となったツイッターを削除するなどしたが、懲戒処分を「でたらめな決定がされた」とブログで批判するなど、ネット上で発信を続けている。今回の訴訟の第1回口頭弁論は今月25日に開かれる予定だ。