コロナワクチンで生理食塩水を誤接種 千葉県南房総市

千葉県南房総市は4日、市内の高齢者施設で3日に行われた新型コロナウイルスの1回目のワクチン接種で6人に、誤ってワクチンを希釈する生理食塩水のみを接種したと発表した。
市によると、ワクチンを準備する看護師が誤って空の瓶に再び生理食塩水を入れたものを接種したという。
健康被害は確認されていないが、市は、生理食塩水のみを接種した可能性のある30人への抗体検査や再接種を検討する。石井裕市長は「あってはならない誤接種が発生しおわび申し上げます。再発防止を徹底します」とコメントした。